全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!!
さーて、今回ほど不謹慎な記事もないでしょう!!
第一弾「犬と両爬」、第二弾「猫と両爬」と続いた「○○と両爬」シリーズですが、ついに完結です。
第三弾は...「赤ちゃんと両爬」です!!
写真:東京都 後藤さん

▼なんて不謹慎な!!!
「イヌやネコと赤ちゃんを一緒に考えるなんて...」と思わないで下さい。
実は、8月にとうとう我が家にも、待望の長男が誕生したんですよ。で、ふと思ったのが「こんな両生類やら爬虫類やら餌昆虫やらだらけの我が家で赤ちゃんが暮らせるのだろうか...」と。
よく考えてみたら、この世界って、まだまだ若い人がいっぱいにいて、これから両爬の趣味を続けながら結婚して家庭を持ったり、赤ちゃんができたり、って経験をしていく人は多いと思うんです。
そこで私の子育てにも生かせるだろうし、これまたネット上で唯一の情報になるかもしれないと思って、非難を浴びるのを承知で、今回はこのテーマで記事を書こうと思ったわけです。もちろん、多くの諸先輩方の貴重な意見やアドバイスで書きましたので、絶対に参考になるはずです。アンケートで多くの貴重なご意見をいただいた方々へ、この場を借りて深く感謝申し上げます。

▼トラブル数々
さてイヌやネコたちとは違って「赤ちゃん」が相手だと、トラブルもいろいろあるようです。
◇ホットスポットは要注意!!
とにかく多かったのが「飼育器具に対するいたずら」です。
ケージのガラスを叩く」とか「コンセントを抜く」あるいは「小さいプラケを見たらとりあえず振ってみる」あたりは飼育中の生体に対するトラブルですが、怖いのは「ホットスポットへのいたずら」です。笑い事ではなく、大変な事故につながってしまいます。
◇何でも口に入れちゃえ
次に多かったのが「何でも口にしようとする」です。
フィールドでアオダイショウやアカジムグリの幼蛇を見せたら手にとって大きな口を開けた」とか「脱走中のモリアオガエルを口に入れていた」さらには「アクアリウムの水をストローでズビズビ飲んでいた」とか...
サプリメントや薬品類、小さな器具の部品などにも注意が必要でしょう。

◇その他のトラブル
他にもいろいろなトラブル(予備軍も含めて)をご紹介しましょう。
歩いているリクガメの甲に手をかけて立ち上がった
つぶれなくて良かったですね~。
リクガメの糞を手でこね回していた
このまま手を口に持っていってしまうと思うと...
霧吹きをいたずらされホットスポットが破裂した
これは恐ろしいトラブルです。ご存じとは思いますが、ホットスポットは水がかかると割れる恐れがあります。というか割れます。もしも破片が子供さんの方に飛んできたりしたら...

そして聞いているだけでもおぞましいのが
小さいゴキブリやコオロギが脱走して耳などにはいると、他の羽虫などと異なり、懐中電灯などで照らしてしまうと『余計、奥へ奥へと入ってしまって』かなり痛い
脱走コオロギや脱走デュビアには要注意ですね。
▼でもやはり怖いのはズーノーシス
しかし、どんなトラブルよりも恐ろしいのは「ズーノーシス(動物由来感染症)」でしょう。つまり、動物からヒトへ感染する病気です。
以前も記事にしましたが、特に「サルモネラ感染症」は爬虫類からヒトへの感染が示唆されています。
我々のような健康な大人は抵抗力があるのですが、新生児などのように抵抗力が弱い場合は、ちょっと菌が体に入ってしまったら、恐ろしいことになるかもしれません。

▼トラブル回避のための工夫
さて、みなさんはどのようにこれらのトラブルを回避しようとしているのでしょう。
大きく分けて3つの方法で対応されているようです。
1.生活空間を分ける
もっとも確実な方法でしょう。
飼育部屋と育児の部屋を分ける」「ケージなどを手の届かない場所に設置する」などですが、さらに具体的な工夫として
・不必要に高出力のホットスポットを使わない
・ホットスポットはなるべくケージの奥の方へ設置
・ケージ群の前は、子供が近づけないようにあまりすっきりと整理しない
・壁の一部と思わせるように、壁一面にフラットに並べる
・布などで覆って目隠ししてしまう

本当に大変参考になります。

2.子供に言い聞かせる
赤ちゃんは4ヶ月くらいからケージに触れる程度から危険が生じ始めます。で、イタズラが猛烈になるのが1才を越えるあたりからとか。で、この頃からは「イタズラに対して注意をする」ことが効果が出てくるようです。無論、頭ごなしなどではなく。
具体的には
怖がらせるとゴハンを食べなくなるよ」とか「強くつかむと尻尾が切れちゃうよ」などと説明すると「両爬は儚く弱いモノ」と思い込んでくれるようです。
ただし、逆に手の届かないケージに入っている個体などは、毎日とりだして子供の前で愛情を込めてハンドリングしてみせることによって親近感を持たせたり、興味を満足させてあげるのも効果的なようです。スバラシイ!!

3.とにかく衛生的に
先ほども書いたように、恐ろしいのはズーノーシスです。両爬は汚いのが当たり前。衛生には十分注意します。
・生体を扱った後は殺菌効果のある石けんで手を洗う
・清掃は頻繁に。特にWC個体のケージは汚れたらすぐ
・ケージの外に落ちた糞は危険。ケージ周りはいつも掃除機を
・水入れはレジオネラ菌の温床になりうる。塩素消毒を徹底的に
・空気清浄機の設置は有効
・変な高熱が出て病院に連れて行くときは迷わず医師に飼育している生き物のことを言う

とにかく新生児のためにも衛生面の対策は徹底的にです。
写真:東京都 後藤さん

▼やっぱりどっちも大好き
育児と両爬の飼育の両立って難しいです。本当に。実は私も今回、このバタバタで若干、飼育している生き物たちに被害を出してしまいました。でも、やっぱり両立すると素晴らしい経験もできます。
生き物を怖がらない子供になった
素晴らしいですね。私たちがこんな風に育ってしまった(?)ように、私たちの子供も生き物が好きになってくれたらうれしいですよね。
でも、そのおかげで「ヘビを怖がらないので野外で毒ヘビをうかつに触らないか心配」という声も聞かれました。なるほど。私も子供には徹底的にマムシとヤマカガシを教え込まなくては。
小学校に上がったら友達から『○○ちゃんのうちヘビがいるから怖い』と言われて、世の中では気持ち悪いモノ扱いされていることに気づかれてしまった」というのはちょっと悲しいです...
放し飼いにしているリクガメと追いかけっこしている」と言うのもうれしいですね。
でも、何と言っても今回のNo1は
子供がオリジナルのヤモリの歌とか作って聞かせてくれる」です!!こんなお子さんになったらいいですね!!うちの子も作ってくれないかな、オリジナルのタシロヤモリの歌とか。

何にしても、もちろん両爬の飼育も大切ですが「子供が最優先。育児も飼育も楽しみながら。」です。
きっと育児って大変なんだろうけど、その分、素晴らしい思い出を作ってくれるんでしょう。

全国の両爬ファンの新米パパ、新米ママ、頑張りましょう!!
写真:東京都 後藤さん
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。