全国の両爬ファンの皆さん、こんにちは!
私って、今でこそ、こんな場をいただき偉そうに、なにやら苦言めいたことを言ったりしていますが、実はまだ両爬の世界に本格的に入ってから日が浅いんです。ですから今までに恥ずかしい失敗も数々しでかしています。
今回は、そんな私が過去に犯してしまった大失態に関係する「白ヘビ」のお話です。

▼「白い」ヘビ、って?
私の失敗談はあとでお話しすることとして、「白いヘビ」っていったい何なんでしょう?

ヘビに限らず、また爬虫類に限らず多くのペットでは「野性での本来の体色」とは異なる体色の個体が遺伝的に固定されて品種化されて楽しまれています。

そもそも生き物の体色というのは、長い進化の中で獲得された形質ですから、自然の中で生きていくのに大きな意味を持っているわけです。保護色であるとか、警戒色であるとかあるいは繁殖行動のためとか。と言うことは突然変異なりで生まれてしまった「色彩変異(色違い)」と言うのは少なからず自然の中で生きていくのに不利になります。
ですから我々愛好家が「色彩変異」をペットとして飼育して生きながらえさせるのは理にかなっているとも言えますよね。

▼体の色を決める色素
色彩変異に関して考える前に「動物の体色」の基本を学びましょう。
動物の体色は皮膚に存在する以下の「4色の色素胞」によって決まります。

・黄色素胞・・・黄色の色素
・赤色素胞・・・赤色の色素
・虹色素胞・・・色素ではないが光の反射によって青色を発色
・黒色素胞・・・黒色の色素

例えば「黄色」と「虹色」が強いと「黄色+青色=緑色」になったりするわけですね。

▼体色の変異の数々
MLや掲示板などでは、色彩変異に関する言葉が飛び交ってたりする事が多いですよね。
「~のルーシーが...」とか「ハイポとアネリを交配させて...」とか。でも、わかりにくかったりして、何となく人に今さら聞けない分野でもあります。
ここでは色彩変異の名称をまとめてみましょう。ただし、結構定義付けがまちまちだったりしますので、よく使われる基本的な考え方で解説します。

◇アルビノ(ALBINO)
基本的には「黒色色素」が抜けている個体を指す場合が多いのですが、すべての色素がない個体を指す場合もあります。あるいは、何らかの色素が抜けている場合全体をまとめて指す場合もあります。
目の「虹彩」の色素もないので、血管の色が透けて目が赤くなるのが特徴です。
ミドリガメのアルビノ 写真:アルビノの館


ルーシスティック(LEUCISTIC)

模様が全くない個体です。基本的には、全身白色になります。色素はありますので、目は黒いです。つまり「白い色をした個体」です。
パイボール(PIEBALD)」は体の一部分だけが不規則に白くなることを言います。

シロマダラのルーシパイボールのボールパイソン 写真:Dragon Herptile Japan


◇アメラニスティック(AMERANISTIC)
「黒色色素」がない個体を指します。本来は狭義のアルビノです。目は赤くなります。

◇ハイポメラニスティック(HYPOMELANISTIC)
「黒色色素」が少ない個体を指します。やや、ソフトな感じの色になります。

◇メラニスティック(MELANISTIC)
「黒色色素」が多くなるパターンです。全身が黒色になります。

コーンスネークのハイポ 写真:リミックス ペポニシマヘビのメラニスティック

◇アネリスリスティック(ANERYTHRISTIC)
「赤色色素」が少ないパターンです。鮮やかな色素がないので、モノトーンの地味(?)な感じになります。

◇アザンティック(AXANTHIC)
「黄色色素」が抜けたパターンです。本来、緑色の種類は黄色が抜けると「緑ー黄=青」になります。ときどき話題に上がる「ブルーのニホンアマガエル」などはこの例です。

◇ザンティック(XANTHIC)
青を示す「虹色素」が少ない変異です。緑色の個体は黄色になります。レモン色のアマガエルなどがこの例です。


アマガエルのアザンティック 写真:カエル館モリアオガエルのザンティック 写真:入江 圭



◇透明鱗
実は私は見たことがなかったのですが、観賞魚ではお馴染みの「鱗が透明になっていて皮膚が透けている」個体もいるそうです。ちょっとビックリ。

これらとは別に色彩や斑紋のパターンもいろいろありますがそれは別の機会に。ただし、よく使われる言葉に「スノー」と「ブリザード」と言うのがあり、それの区別が付きにくいこともあるようなので以下に。

コーンスネークのスノー 写真:リミックス ペポニ

スノー・・・アルビノやルーシスティックで模様が残っているモノ
・ブリザード・・・アルビノやルーシスティックで模様がないモノ

▼白ヘビ様
さて、それではおまちどおさま。白ヘビにまつわる私の失敗談を。

まだ、私がネットを始める前で、両爬の知識は基本的に本からしかなくて頭でっかちになっていた頃の話です。

ある日、地元の地方新聞にこんな記事が出ていました。
「どこどこの某さんのお宅で『白ヘビ』発見」
記事を読んでみると、なんとそのお宅の庭に、この数ヶ月で全身が真っ白のヘビが3匹も姿を現した、とありました。記事には「たぶんアオダイショウの突然変異であろう」とも書かれていました。
ご存じかもしれませんがアオダイショウの「白ヘビ」は岩国市では天然記念物に指定されているほどの貴重さです。

早速私も見に行ったのですが、そこはすでに「白ヘビ神社」と銘打ったちょっとした観光スポットになっていたのです。もちろん入場料もとられます。
とにかく、私も中に入って見せてもらったのですが、確かに「目の黒い」白いヘビが3頭いました。つまりルーシスティックだったわけです。

で、私はよせばいいのに、この話をとある所で報告してしまったのです。「宮崎県で『アオダイショウ』の『白ヘビ』が3頭も見つかりました」と。この報告は物議を醸しました。
そりゃ、当然です。だって「アオダイショウのルーシスティック」なんて見つかったことがないんですから。岩国の白ヘビも「アオダイショウのアメラニスティック」です。つまり目が赤い。

後日、私はその3頭の白ヘビたちは地元のペットショップから売られた「ルーシスティックのテキサスラットスネーク」であることを知ったのです...いや、もう本当に穴があったら入りたい気分でした。だって、テキサスラットの白ヘビこそ、最もポピュラーな白ヘビなんですから。

自分の無知さ故の愚かさを呪いはしましたが、こんな事も考えました。
「ま、顛末は、こうだったけどキレイなヘビだったな...」
そうです。珍しいアオダイショウだろうが珍しくないヘビであろうが、そのヘビの美しさに何の変わりもないのです。そして、もちろん、そのヘビは「ありがたい白蛇様」として、今も地元のお年寄りや困っている人たちから大切にされているのですから。

色彩変異個体に限らず、大切なのはその個体を「お気に入りのかけがえのない大切な存在」として大切にしていく気持ちで飼育をしていくことなんでしょうね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。