その植物、猫にとって毒になる危険性があるかも?

有毒かどうか、確かめて

 

猫にとって危険な植物は700種類以上あると言われています。猫にとって危険な植物を食べたり接触したりすることで中毒症状を起こしますが、どれだけの量を食べたり触ったりしたら中毒を起こすかなどは、猫の個体差やその時の体調によって大きく変わるようです。

中には「特に危険」とされている植物を摂取しても平気な猫がいるかも知れません。しかし、百合をいけてあった花瓶の水をひと舐めしただけで重篤な症状になり、死亡した例もあります。詳しくは『ペットに有害と言われる植物で実際に猫を亡くした方』をご覧ください。

一般的に、猫にとって危険とされている植物は部屋に置かない方が良いでしょう。万が一、猫が危険とされている植物を口にしたり、植物がある部屋で中毒症状を起こした場合、一刻も早く獣医師に相談してください。その場合、猫が口にした植物の葉や花、もし吐いたり下痢をしたものがあれば、それも持参し、口にしたかも知れないという可能性を伝えてください。

ここに記載した以外でも、危険な植物はたくさんあります。猫がいる場所に置く植物の取り扱いには十分注意してください。


猫にとって危険な植物一覧表

遊んでいるうちに、口に入ることも……

遊んでいるうちに、口に入ることも……



植物は、科・属と分類され、『科』には同じ成分が含まれた植物が多くあります。その成分が猫にとって毒となることが多いので、猫にとって危険な植物を『科』で分けて記載しました。ここに名前がない植物でも、科によって危険なものが多いので、同じ科に属するものは置かない方が無難だと思います。『★』の植物は命に関わる危険度が高い植物です。


■アジサイ科

    植物名 部位 症状
    アジサイ★ 大量摂取の場合:
    けいれん、昏睡、
    呼吸麻痺、死亡
    少量摂取の場合:
    嘔吐、沈鬱、元気消失

    ■アヤメ科
      植物名 部位 症状
      アヤメ 根茎 嘔気、嘔吐、下痢、
      腹痛、胃腸炎
      アイリス 根茎 嘔吐、腹痛、下痢
      サフラン 根茎 嘔吐、腹痛、下痢

    ■イチイ科
      植物名 部位 症状
      イチイ★ 種子

      樹体
      筋力低下、虚脱、悪心、
      嘔吐、腹痛、散大
      多量摂取の場合:
      呼吸困難、振戦、不整脈、
      拡張期の心臓ブロック、
      突然死

    ■イチヤクソウ科
      植物名 部位 症状
      イチヤクソウ 全草 血管拡張による血圧低下

    ■イチョウ科
      植物名 部位 症状
      イチョウ 種子
      (ぎんなん)
      皮膚炎
      多食の場合:呼吸困難

      ■イラクサ科
        植物名 部位 症状
        イラクサ
        茎の刺
        皮膚接触の場合:
        痛み・かぶれ・炎症
        経口摂取の場合:
        口腔の灼熱感、
        流涎、嘔吐、
        筋力低下、振戦、
        呼吸困難、徐脈

      ■ウコギ科
        植物名 部位 症状
        セイヨウキヅタ
        (アイビー)

        果実
        嘔吐、下痢、
        腹痛、口渇、
        流涎、
        皮膚への刺激

      ■ウルシ科
        植物名 部位 症状
        ウルシ 乳液 皮膚のかぶれ、炎症
        ツタウルシ 特に樹液 重度の皮膚のかぶれ
        ハゼノキ 全体 皮膚のかぶれ

      ■エゴノキ科
        植物名 部位 症状
        エゴノキ 果皮 苦味、口腔と喉の刺激、
        胃のただれ、溶血

      ■オシロイバナ科
        植物名 部位 症状
        オシロイバナ 根茎
        種子
        皮膚や粘膜への刺激
        種子:幻覚、嘔吐、下痢、腹痛

      カ行の科

      ■キキョウ科
        植物名 部位 症状
        キキョウ★ 嘔吐、下痢、胃腸炎、溶血
        セイヨウキョウチクトウ★ 全草 嘔吐、腹痛、頭痛、
        血圧低下、呼吸困難、
        けいれん、意識不明、
        心臓麻痺
        ロベリア★ 全草 嘔吐、腹痛、頭痛、
        血圧低下、呼吸困難、
        けいれん、意識不明、
        心臓麻痺

      ■キク科
        植物名 部位 症状
        キクの仲間
        (クリサンセマムなど)
        全草 皮膚接触の場合:皮膚炎
        経口摂取の場合:嘔吐
        ダンゴギク 全草 皮膚接触の場合:皮膚
        経口摂取の場合:嘔吐
        デージー 全草 皮膚接触の場合:皮膚炎
        経口摂取の場合:嘔吐
        マーガレット 葉の汁 皮膚接触の場合:皮膚炎
        経口摂取の場合:嘔吐
        フジバカマ 全草 クマリン中毒
        (血液凝固不全、出血)

      ■キョウチクトウ科
        植物名 部位 症状
        キョウチクトウ★ 樹皮


        皮膚接触の場合:
        皮膚のかぶれ
        経口摂取の場合:
        口腔の疼痛、嘔吐、下痢、
        腹痛、徐脈、不整脈
        時に高カリウム血症、心臓麻痺
        ニチニチソウ★ 全草 全身麻痺

      ■キンポウゲ科
        植物名 部位 症状
        ウマノアシガタ★ 全草
        樹液
        皮膚への刺激、
        口腔の灼熱感、
        流涎、下痢、
        胃腸炎、幻覚、
        中枢神経麻痺
        多量摂取の場合:心停止
        オダマキ★ 全草
        特に種子
        皮膚接触の場合:
        皮膚のかぶれ
        経口摂取の場合:
        口腔内潰瘍、胃腸炎
        多食の場合:
        心臓麻痺
        キツネノボタン★ 全草 皮膚接触の場合:
        皮膚の炎症、水ぶくれ
        経口摂取の場合:
        口腔や喉の灼熱感、胃腸炎、血便
        キンポウゲ★ 全草 嘔吐、下痢、
        血便、皮膚炎、幻覚
        多食の場合:
        心臓麻痺
        クリスマスローズ★ 全草
        特に根
        口腔の灼熱感、腹痛、
        胃炎、嘔吐、下痢、不整脈、
        血圧低下、心臓麻痺、死亡
        トリカブト★ 全草
        特に根
        流涎
        初期症状:
        口腔、咽頭の灼熱感、
        ふらつき、心悸亢進
        中期症状:
        嘔吐、流涎、嚥下困難、
        脱力感、規律不能
        末期の場合:
        血圧低下、呼吸麻痺、けいれん
        ヒエンソウ★ 全草 流涎、振戦、運動失調、
        けいれん、呼吸困難、
        心臓麻痺
        フクジュソウ★ 全草
        特に根
        嘔気、嘔吐、血圧上昇、
        呼吸困難、心臓麻痺、死亡
        アネモネ 乳液 皮膚接触の場合:
        水ぶくれ
        経口摂取の場合:
        口腔及び胃腸の炎症
        クレマチス
        (テッセン)
        全草 胃腸炎
        デルフィニューム
        けいれん、心臓麻痺、呼吸困難
        ハンチョウヅル 全草 流涎、運動失調、
        振戦、けいれん、
        呼吸困難、心臓麻痺

      ■クスノキ科
        植物 部位 症状
        アボガド★ 未熟果実
        種子の中身
        元気消失、チアノーゼ、
        死亡

      ■クマツヅラ科
        植物 部位 症状
        ランタナ 未熟種子
        嘔吐、下痢、腹痛、虚脱、
        嗜眠、瞳孔散大
        胆汁うっ滞、ビリルビン血症、
        光過敏症

      ■クワ科
        植物 部位 症状
        アサ
        葉を含めた全株
        下痢、錯乱、興奮、
        幻覚、抑鬱、瞳孔散大、
        神経障害、
        痛覚および知覚の麻痺、
        呼吸数減少、体温低下
        イチジク 葉、枝 皮膚のシミ、
        粘膜のビ爛(ただれ)

      ■ケシ科
        植物 部位 症状
        クサノオウ★ 全草
        特に乳液
        皮膚接触の場合:
        皮膚のかぶれ
        経口摂取の場合:
        胃腸炎、脱力感、嗜眠、
        知覚末梢神経麻痺
        ケシ★ 未熟果乳液
        種子
        中枢神経の麻痺、幻覚、
        興奮あるいは抑鬱、
        便秘、肝障害、催奇形性
        ケンマソウ★ 根茎
        嘔吐、下痢、体温や脈拍低下、
        けいれん、呼吸困難、心臓麻痺
        タケニグサ★ 全草 嘔吐、幻覚、縮瞳、血圧低下、
        呼吸麻痺、死亡

      ■コバノイシカグマ科
        植物 部位 症状
        ワラビ★ 地上部
        根茎
        貧血、慢性衰弱、運動失調、心拍不整、
        死亡、発ガン性

      ■ゴマノハグサ科
        植物 部位 症状
        キツネノテブクロ
        (ジギダリス)★


        嘔気、嘔吐、口渇、
        下痢、腹痛、頭痛、
        耳鳴り、眩暈、
        けいれん、不整脈、
        徐脈、高カリウム血症
        ※重症例では心停止

      サ行の科

      ■サクラソウ科
        植物 部位 症状
        シクラメン 全草 胃腸炎
        サクラソウ
        (プリムラ)

        皮膚炎、口内炎、嘔吐、下痢

      ■ザクロ科
        植物 部位 症状
        ザクロ 樹皮
        根皮
        嘔吐、下痢、胃炎、眩暈、
        運動失調、精神混乱、
        失神、中枢神経麻痺

      ■サトイモ科
        植物 部位 症状
        フィロデンドロン★ 根茎
        皮膚接触の場合:
        皮膚のかぶれ
        経口摂取の場合:
        口腔の灼熱感
        ※猫には有毒性あり
        ポトス 全草 口内炎、皮膚炎
        エレファントイアー
        (カラー、
        アンセリウム、
        カラジウム)
        草液 嘔吐、口腔と喉の炎症
        ディフェンバキア 皮膚接触の場合:
        皮膚のかぶれ、結膜炎、
        口腔内の灼熱感
        クワズイモ
        口内炎、皮膚炎
        カラスビシャク 球茎 皮膚接触の場合:皮膚炎
        経口摂取の場合:
        口腔や喉の灼熱感と炎症、
        浮腫、流涎
        ショウブ 口内炎、舌炎、皮膚炎
        スパシフィラム 口内炎、流涎、皮膚炎
        マムシグサ 根茎
        果実
        肉穂果
        口内炎、流涎、皮膚炎
        モンテスラ
        (ホウライショウ)
        口内炎、流涎、皮膚炎

      ■シキミ科
        植物 部位 症状
        シキミ★ 果実
        樹皮

        種子
        嘔吐、下痢、眩暈、
        血圧上昇、呼吸困難、
        全身けいれん、流涎

      ■ジンチョウゲ科
        植物 部位 症状
        ジンチョウゲ
        口腔内の水疱と浮腫、
        流涎、嘔吐、
        腹痛、血便

      ■スミレ科
        植物 部位 症状
        パンジー
        (ビオラ)★
        種子
        根茎
        嘔吐、神経麻痺

      ■セリ科
        植物 部位 症状
        ドクゼリ★ 全草 流涎、嘔吐、口腔の灼熱感、
        胃腸炎、横紋筋麻痺、
        頻脈、呼吸困難、死亡

      ■センダン科
        植物 部位 症状
        センダン★ 樹皮
        果実
        嘔吐、流涎、下痢、
        胃炎、けいれん、
        運動失調、呼吸停止、
        心停止

      ■ソテツ科
        植物 部位 症状
        ソテツ★ 種子
        茎幹
        ホルムアルデヒド中毒
        (口腔内・食道・胃腸の炎症、
        肝不全、腎不全)、
        嘔吐、腹痛、喀血、
        昏睡、けいれん
        ※発ガン性、催奇形性を持つ

      タ行の科

      ■タデ科
        植物 部位 症状
        ショクヨウダイオウ
        根茎
        嘔吐、下痢、黄疸、
        肝不全、腎不全、
        不整脈、低カルシウム血症
        ヤナギタデ 全草
        特に種子
        血圧低下

      ■ツツジ科
        植物 部位 症状
        アザレア
        (シャクナゲ)★

        根皮
        蜂蜜
        口腔の灼熱感、流涎、
        嘔吐、下痢、筋力低下、
        視力障害、徐脈、
        不整脈、血圧低下
        カルミア
        (アメリカンシャクナゲ)★

        蜂蜜
        流涎、嘔吐、下痢、
        視力障害、筋力低下、
        徐脈、麻痺、昏睡
        サツキ★
        蜂蜜
        流涎、嘔吐、下痢、
        視力障害、筋力低下、
        徐脈、麻痺、昏睡
        多量摂取の場合:死亡
        ツツジ
        (レンゲツツジ)★

        蜂蜜
        流涎、嘔吐、下痢、
        視力障害、筋力低下、
        徐脈、麻痺、昏睡
        ハナヒリノキ★ 運動神経麻痺、
        呼吸困難、心臓麻痺

      ■ツヅラフジ科
        植物 部位 症状
        コウモリカズラ 種子 頻脈、神経障害、けいれん

      ■ツリフネソウ科
        植物 部位 症状
        ツリフネソウ 全草 嘔吐、胃腸のただれ
        ホウセンカ 種子 子宮の収縮

      ■トウダイグサ科
        植物 部位 症状
        トウゴマ★

        種子
        嘔吐、下痢、興奮、
        口渇、散瞳、痛覚麻痺、
        体温低下、皮膚炎
        ポインセチア 茎からの樹液
        嘔吐、下痢、
        口腔の灼熱感、皮膚炎
        トウダイグサ 全草 皮膚接触の場合:
        皮膚炎、鼻炎、粘膜の炎症
        経口摂取の場合:
        嘔吐、蹴り、胃腸炎、
        腹痛、頭痛、血圧上昇、
        眩暈、けいれん
        ノウルシ
        皮膚炎、鼻炎、結膜炎

      ■ドクウツギ科
        植物 部位 症状
        ドクウツギ★ 種子
        樹皮
        嘔吐、流涎、縮瞳、
        血圧上昇、全身硬直、
        けいれん、呼吸困難、死亡

      ■トチノキ科
        植物 部位 症状
        トチノキ★ 全草 下痢、胃腸炎、
        脱水、電解質の不均等

      ナ行の科

      ■ナス科
        植物 部位 症状
        ジャガイモ★
        緑色のイモ
        口腔や喉の灼熱感、
        嘔吐、ヘリ、流涎、
        腹痛、発熱、瞳孔散大、
        運動失調、筋力低下、
        徐脈、血圧低下
        タバコ★ 催吐、嘔気、嘔吐、
        発汗、眩暈、
        気管収縮、血圧上昇、
        呼吸困難、知覚障害、
        死亡
        チョウセンアサガオ★
        全草
        特に種子
        流涎、嘔吐、下痢、
        口渇、視覚障害、
        瞳孔散大、幻覚、
        頻脈、死亡
        トマト★
        結膜炎、皮膚炎
        未成熟果実の摂取:
        嘔吐、下痢
        ハシリドコロ★ 全草
        特に根茎
        口渇、嘔吐、眩暈、
        幻覚、興奮、昏睡、
        呼吸困難、散瞳、頻脈
        ヒヨドリジョウゴ★ 全草
        特に果実
        発熱、嘔吐、下痢、
        腹痛、呼吸困難、死亡
        ベラドンナ★ 全草
        特に根茎
        喉の渇き、粘膜の乾燥、
        瞳孔散大、心拍異常、
        けいれん、胃腸障害
        ホオズキ
        (イヌホオズキ)★
        種子 嘔吐、腹痛、血便、
        下痢、眩暈、
        口腔の乾燥、呼吸困難
        ナス★
        嘔吐、腹痛、血便、
        下痢、眩暈、
        口腔の乾燥、呼吸困難

      ■ニシキギ科
        植物 部位 症状
        マサキ
        樹皮
        果実
        嘔吐、下痢、
        手足の腫れ、麻痺


      次ページは、猫にとって危険な植物(ハ行~ラ行)>>
      写真を撮ったら、すぐに花を片付けましょう
      写真を撮ったら、すぐに花を片付けましょう

      ハ行の科

      ■バショウ科
        植物 部位 症状
        ゴクラクチョウカ
        (ストレリチア)
        全草 嘔吐、下痢、腹痛

      ■バラ科
        植物 部位 症状
        アンズ★ 未成熟の果実
        種子の中身
        呼吸困難、虚脱、けいれん
        ウメ★ 未成熟の果実
        種子の中身
        呼吸困難、虚脱、けいれん
        スモモ★ 未成熟の果実
        種子の中身
        呼吸困難、虚脱、けいれん
        モモ★ 未成熟の果実
        種子の中身
        呼吸困難、虚脱、けいれん
        リンゴ★ 未成熟の果実
        種子の中身
        呼吸困難、虚脱、けいれん

      ■ヒガンバナ科
        植物 部位 症状
        アマリリス★ 鱗茎 悪心、嘔吐、下痢、
        流涎、肝障害、脱力感
        キツネノカミソリ★ 鱗茎 嘔吐、下痢、腹痛、
        流涎、血圧低下、
        心不全、昏睡、麻痺
        スイセン★ 鱗茎 嘔気、嘔吐、血圧低下、
        時に下痢、胃腸炎、心不全
        ヒガンバナ★ 全草
        時に鱗茎
        皮膚接触の場合:
        皮膚のかぶれ
        経口摂取の場合:
        嘔吐、腹痛、下痢、流涎、
        中枢神経麻痺、死亡

      ■ヒルガオ科
        植物 部位 症状
        アサガオ 種子
        ツル
        嘔気、嘔吐、下痢、
        反射低下、瞳孔散大、
        幻覚、血圧低下
        アセビ 種子
        ツル
        嘔気、嘔吐、下痢、
        反射低下、瞳孔散大、
        幻覚、血圧低下

      ■ブドウ科
        植物 部位 症状
        ツタ 皮膚接触の場合:
        皮膚炎、結膜炎
        経口摂取の場合:
        嘔吐、下痢、胃腸炎

      ■ボタン科
        植物 部位 症状
        シャクヤク 乳液 皮膚接触の場合:
        かぶれ
        経口摂取の場合:
        嘔吐、胃腸障害、血圧低下
        ボタン 乳液 皮膚接触の場合:
        かぶれ
        経口摂取の場合:
        嘔吐、胃腸障害、血圧低下
        ヤマシャクヤク 血圧低下

      マ行の科

      ■マチン科
        植物 部位 症状
        イエロージャスミン
        (カロライナジャスミン)★
        全草 運動失調、嚥下困難、
        麻痺、呼吸筋麻痺

      ■マメ科
        植物 部位 症状
        キバナハウチワマメ
        (ルピナス)★
        全草
        特に種子
        流涎、嘔吐、
        運動失調、呼吸困難、
        麻痺、催奇形性
        キバナフジ★ 樹皮
        根皮

        種子
        流涎、嘔吐、発汗、
        血管収縮、血圧上昇、
        知覚障害、呼吸不全、死亡
        ※ニコチンと類似症状
        ニセアカシア★ 樹皮
        種子
        遅発性嘔吐、下痢、
        流涎、発汗、腹痛、
        心悸亢進、苦悶、
        呼吸困難、腎機能不全
        フジ★ 全草 嘔気、腹痛、頻回の嘔吐
        プレカトリービーン
        (トウアズキ)★
        種子 麻痺、呼吸困難

      ■ミカン科
        植物 部位 症状
        コクサギ 皮膚のかぶれ
        ミヤマシキミ 全草 嘔吐、手足のけいれん、
        麻痺

      ■メギ科
        植物 部位 症状
        イカリソウ 全草 知覚神経の興奮

      ■モクセイ科
        植物 部位 症状
        ジャスミン★ 全草 運動失調、嚥下困難、
        けいれん発作、呼吸筋麻痺、
        死亡

      ■モクレン科
        植物 部位 症状
        モクレン 樹皮 筋肉の弛緩

      ヤ行、ラ行の科

      ■ヤマゴボウ科
        植物 部位 症状
        ヨウシャヤマゴボウ★ 全草
        特に根
        口腔刺激、嘔吐、下痢
        重症の場合:
        頻脈、呼吸困難、
        血圧低下、けいれん

      ■ヤマノイモ科
        植物 部位 症状
        オニドコロ 胃腸炎、血球破壊、嘔吐

      ■ユズリハ科
        植物 部位 症状
        ユズリハ★
        樹皮
        肝障害、麻痺

      ■ユリ科
        イヌサフラン
        (コルチカム)★
        塊茎
        根茎
        種子
        口腔と喉の灼熱感、嘔気、
        下痢、皮膚の知覚減退、
        中枢神経麻痺、呼吸困難
        時に死亡、催奇形性
        ※目に入ると失明の恐れあり
        オニユリ★ 全草 嘔吐、下痢、脱水、
        胃腸障害、腎臓障害、
        視力障害、呼吸困難、
        手足のしびれ、循環器不全、
        全身麻痺、死亡
        スズラン★ 全草 嘔吐、下痢、腹痛、
        徐脈、不整脈、心不全
        ユリ
        (テッポウユリ、
        スカシユリ、
        オニユリ、
        カノコユリ)★
        全草 脱力感、脱水、
        腎臓障害、視力障害、
        全身麻痺
        エンレイソウ
        (タチアオイ)★
        全草 嘔吐、下痢、脱水、
        胃腸障害、腎臓障害、
        視力障害、呼吸困難、
        手足のしびれ、循環器不全、
        全身麻痺、死亡
        オモト★ 全草 嘔吐、下痢、脱水、
        胃腸障害、腎臓障害、
        視力障害、呼吸困難、
        手足のしびれ、循環器不全、
        全身麻痺、死亡
        コバイケソウ★ 全草 嘔吐、手足のしびれ、
        脱力感、意識不明、
        けいれん
        チューリップ★ 鱗球 皮膚炎
        多食の場合:
        心臓麻痺
        シュロソウ★ 根茎 嘔吐、手足のしびれ、
        脱力感、意識不明、
        けいれん
        ツクバネソウ★ 全草
        特に果実地下部位
        嘔吐、下痢、頭痛
        ※重症例では縮瞳、呼吸困難
        バイケイソウ★ 全草
        特に根
        嘔吐、下痢、眩暈、
        脱力感、血圧低下、けいれん
        ヒヤシンス★ 鱗茎 皮膚炎
        多食の場合:
        心臓麻痺
        タマネギ★ 鱗茎 皮膚接触の場合:
        皮膚のかぶれ
        経口摂取の場合:
        溶血
        アロエ 樹液 下痢

      ■リュウゼンカツラ科
        植物 部位 症状
        ドラセナ(幸福の木)★ 全草 嘔吐、下痢、
        手足の腫れ、麻痺、死亡

      猫はとても好奇心が旺盛です。一度興味を持つと、少々のことではめげず、何度も同じことに挑戦します。猫が植物に興味を示し始めたら、リストにない植物でも目を離さないようご注意ください。

      植物だけでなく、猫が口にすると危険な食物も多数あります。『猫が食べてはいけないもの』をご覧ください。


      【参考文献】
      ・『もっともくわしいネコの病気百科ーネコの病気・ケガの知識と治療』矢沢サイエンスオフィス編 学習研究社刊 2002年

      ・『動物が出合う中毒ー意外にたくさんある有毒植物』(財)鳥取県動物臨床学研究所 緑書房刊 1999年

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。