「猫写・前編」に続き「だから東京が好き!街のねこたち」“キヨちゃん”による、「街猫を上手に撮るコツ」をお届けします。

写真をクリックすると、次の写真に進みます。


背景をボカすには次のようにします。
絞り→開ける(数字のより小さい方にセットする。)
焦点距離→長く(望遠レンズほど背景がボケます。)
被写体との距離→短く(接近するほど背景がボケます。)
焦点距離:135mm、絞り:F2.2

詳しいことは専門誌に譲りますが、一眼レフユーザーであれば、少なくとも次のようなことについて、知っておかれるとよいと思います。

<一眼レフ>

◆絞りとシャッターについて

これらは撮影のために、フィルムや撮像素子に取り込む光の量を調節する機能がありますが、それだけではなく、撮影した画像に対して、次のような影響があります。

絞りは、ピントの合う範囲に影響します。
絞りを絞る(数字が大きくなる方に調節する)とピントの合う範囲が前後方向に広く(深く)なります。

シャッターはブレと関係します。
シャッタースピードが遅くなると手ブレを起こします。
また、写っているものもブレます。

◆レンズの焦点距離について

焦点距離が長いレンズ(望遠レンズ)は、写せる範囲が狭くなります。つまり、遠くのものが大きく写ります。

焦点距離の短いレンズ(広角レンズ)は、写せる範囲が広いくなります。遠くのものはより遠く小さく写ります。

単純には以上の通りですが、写る範囲が違うことによって遠近感の表現が異なってきます。
もう少し具体的に言いますと、望遠レンズでは、手前に写ったものと背景に写ったものの距離が短く見えます。
これに対して、広角レンズでは、背景が遙か遠くにあるように見えます。

また、ピントの合う範囲が望遠になるほど前後に狭く(浅く)、広角になるほど前後に広く(深く)なります。

これらの特性は背景の処理に利用することができます。

◆露出補正について

カメラが自動的に決めたシャッタースピード、絞り値に対して、人間が修正を加える機能です。
最近のカメラは評価測光といって、順光、逆光などもカメラが自動的に判断して明るさを調節する機能を持っていますが、それにも限界があります。
また、撮影意図としてわざと明るく写したい場合、暗く写したい場合などにも活用します。

以上のようなこと知るだけで、表現の幅がぐんと広がります。

<コンパクトカメラ編>

コンパクトカメラの場合、シャッタースピードと絞りはカメラ任せにして、シャッターチャンスに専念した方が、いい結果を得られるようです。

レンズの焦点距離による特性と露出補正は一眼レフ編をご参考になさって下さい。

コンパクトカメラを使っていて、一番イライラするのはシャッターを押してから撮影されるまでの時間が長いことではないでしょうか。
これはピント合わせに時間がかかっているためです。
実は、シャッターボタンは2段のスイッチになっいてまず半分だけ押し込むと、カメラはピント合わせを行います。残りの半分を押すとシャッターが切れます。

この機能を活用して、まずシャッターを半分押してピントを合わせ、その状態でシャッターチャンスを待ちます。
そして、ここぞという所で残りの分を押し込むと、思いのほか早いタイミングでシャッターが切れますよ。
お試し下さい。

理屈ばかりでは何なので、次は実践編です。
思いつくままに並べて見ましたが、少しでもヒントになれば幸いです。


広角レンズになると写り込む範囲が広くなります。
主題を明確にするには、被写体に接近します。
それでも背景は極端にボケず、状況がよく分かります。
焦点距離:28mm


写真をクリックすると、次の写真に進みます。


望遠レンズ独特の遠近感が圧縮された例
焦点距離:300mm

ねこ写・実践編

◆とにかくたくさん撮ってみる。

猫の表情はコロコロ変わります。
いろいろな表情を捉えるためにもたくさん撮ります。
ポーズについても同様です。
ただし、カメラの連写機能に頼るのではなく、一枚一枚 きちんと狙ってシャッターを切ることが重要です。

◆常に変化を付けて撮ってみる。

たくさん撮るだけでなく、角度、距離、レンズ(焦点距離) をいろいろと変えて撮ってみましょう。
自分の写真を見て、いつも同じ構図だなと思うことはありませんか?
猫目線の高さで撮ってみるだけで、猫の世界を覗いたような気になれます。

◆時には自分が好きな写真を真似してみる。

どうすればこんな写真が撮れるのか研究してみましょう。
レンズは? 絞りは? シャッタースピードは?
あれこれ工夫することがノウハウの蓄積になります。

◆猫の気持ちを考えながら撮ってみる。

むやみに接近したり、急に動いて驚かせたりしない。
逃げるようなそぶりをしたら、それ以上近づかない。
時には引いて様子を見る。
猫の方から寄ってきたら、まず構ってあげる。

◆薄暗いときは表情を狙ってみる。

暗いと写真は撮りにくくなりますが、瞳孔が開くので可愛い顔を撮るチャンスです。


シャッター速度を遅くすると手ブレや被写体ブレを
起こしますが、それを逆手にとってスピード感を表現します。
作例は「流し撮り」という撮り方です。
焦点距離:70mm、シャッタースピード:1/60


写真をクリックすると、次の写真に進みます。


瞬間の動きをシャープに写し取るには、高速シャッター
を使用します。
シャッタースピード:1/800

◆高感度は躊躇せずに使ってみる。

猫は動きが速いので、シャッタースピードはある程度早くする必要があります。薄暗いところに隠れている事もあります。そのために高感度撮影が必要になる場面がしばしばあります。
そんなときは思い切って高感度を活用しましょう。
高感度にすると画像が荒れる傾向にありますが、そんなことを恐れるよりも、写っているものの良さで勝負した方がいい写真になると思います。

◆逆光にも果敢に挑戦してみる。

逆光だと写真が撮れないと思っている方は居ませんか。
それは、カメラの露出計が順光線で綺麗に写るように設定されているために、そのように感じられるだけです。
露出補正のテクニックを使ってみましょう。
ドラマチックな写真が撮れるのは、むしろ逆光状態の方が多いのです。

■写真の励みとするために

ブログの作成、雑誌への投稿、コンテストへの応募など、写真の励みにつながる楽しみ方はいろいろとありますが、私のおすすめは写真展の開催です。といっても、大げさに考えることはありません。
グループ展への参加で十分です。
最近は趣味の仲間が集まって、あちこちで気軽にグループ展を開催されていますので、ご覧になれる機会も多いと思います。
何と言っても大きく引き伸ばした作品は、パソコンの画面とは比べものにならない迫力があります。
大きくすればアラも目立つので、手を抜くことは許されませんが、だからこそ、うまくなろうとする向上心が生まれます。
自分で選んだ作品を他人に見てもらうという緊張感は、何回か体験すると癖になります。

そして、この次はどんな企画で見せよう、そのためにどんな写真を撮ろうと、際限なく楽しみは広がって行くのです。

それでは、皆さん、楽しき猫写ライフを!


地面にぴったり張り付いて、ほぼ猫の目線で見た世界

*記事のUPはガイドメルマガにてお知らせします。登録はこちら


<参考リンク>
だから東京が好き!街のねこたち
だから東京が好き!(本館)

<ガイドのその他の記事>
猫の同居人の義務
人気blog『ジュルのしっぽ-猫日記』前半
猫の好みは?色?形?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。