撫でるだけでも抜け毛が
撫でるだけでも抜け毛が…
猫の細い柔らかい毛が自分の顔に張り付いてどうにも取れなくて…
コンタクトをつけているときに目に毛が入って痛い思いをしたり…
猫の抜け毛で不愉快な思いをしたこと、ありませんか?
前回の記事にも書いたように、猫は毛が抜けやすい動物。
毛が抜けないようにすることはできません。。
でも一工夫と一手間で抜け毛を減らして、あなたも猫も快適換毛期をお過ごしください。

グルーミングしましょう!

むだ毛を取ってしまえば、抜け毛は少し減りますが…。しかし、猫の毛は多いし、毎日毎日あちこちの毛が抜けていくので、換毛期の間は追い駆けっこのような日々が続くでしょう。
でも、猫をグルーミングすることで全身状態を確認できますし、皮膚の血行が促進され猫の健康維持に役立ちます。なにより猫とあなたのコミュニケーションが図れます。

グルーミング用の道具

ファーミネーター
ファーミネーター

ペット用品売り場に行くと、様々なグルーミング用の商品が並んでいます。私は猫にはブラシよりもクシをお奨めします。猫の毛は柔らかくて切れやすいので、ブラシを使うと抜ける前に切れてしまうことがあります。ブラシを使う場合は力を入れすぎないようにご注意を。
短毛種であれば、ラバーブラシはOKです。

短毛種であれば、細めのクシを、長毛種であれば以前の記事「クシを使ったネコの毛のケア」でもご紹介した、粗目+細目が1本に植わっているクシが使いやすいでしょう。
クシを購入する際には、可能であれば自分の手に当ててみて、クシの先端が丸いことを確認してください。
猫によって好みがまちまちですから、まずはクシの歯の長さ/太さ/間隔の違い、など様々な道具を試してみましょう。

アンダーコート取りの強い味方

近頃入手したファーミネーターというアメリカ製のアンダーコート取り。
試してみたところ、ほんとに抜ける!取れる!
でも、このクシ自体には毛をためるだけの歯がないので、横に掃除機でも置いて取れた毛をせっせと処理していかないと、部屋中に綿埃のような毛が舞い散って大変なことに!
ファーミネーターの使い方は先にクシを使って全身を梳かした後、軽く握り、アンダーコートが多い部分(背中から脇腹やお尻廻り)の毛並みに沿って軽く滑らせるだけ。歯が頑丈で分厚いので、くれぐれも力を入れすぎないように。
うちのにゃんzたちは、かなり気に入った様子です。
※「ファーミネーター」はアメリカ製の商品です。検索をかけると色んな値段のものが該当します。私が購入したのは、個人代行輸入をしてくれるサイトで、すべてを含めて6000円弱でした。

グルーミングが苦手な猫さん

小さい頃から少しでもクシに慣らしておけばそうでもないですが、毛球ができたり、換毛期になっていきなりやり始めると拒否反応を示す猫さんもいるでしょう。
猫は自分が不愉快に思った記憶を長く持ち続ける動物です。
イヤな、痛い思いをすると、クシを見ただけで怒ったり逃げたりするようになります。

一気に全身やってしまおうと思わず、猫が一番リラックスしている時を見計らって、まずは首の廻りを。ここを嫌がる猫は少ないですから。
あくまでも優しく、ゆっくりと。最初はクシを皮膚まで届かせる必要はありません。
猫が嫌がらないようでしたら徐々にクシを深く差し込んで、皮膚も軽くマッサージをするように。力を入れすぎて皮膚を傷つけないように注意して、猫の毛の流れに沿って梳かしましょう。逆毛を立てる必要はありません。
首がOKだったら、次は背中を。
背中から尾に近い部分は嫌がることが多いので、徐々に範囲を広げてみましょう。
お腹や脇の下は、特に皮膚が柔らかく敏感なので毛を引っ張って痛い思いをさせてしまうと、今後に差し障ります。
コーミングをすると体温が上がるので、徐々に猫がじれていじいじ(いらいら)してしまう猫さんもいます。
嫌がるそぶりを見せ始めたら、その場は終了。何度でも再トライして、徐々にクシに慣らしていきましょう。
あくまでもゆっくり、優しく~を基本に。

長毛/短毛のグルーミング、毛色によっての抜け方の違いは?→


ファーミネーターの使い方
毛並みに沿って軽く梳かします

長毛猫のグルーミング

長毛種はこの時期、朝晩全身にクシを通してあげたいですね。
ショーに出す予定がなく、むだ毛はどんどん取ってしまいたい、と思うであれば、最初は粗めのクシを全身にかけ毛球がないことを確認、次に細目のクシを横に寝かせ抜ける毛を取りましょう。
長毛種をコーミングする場合は、コームを入れる手前の皮膚を片手で押さえて、毛だけを引っ張らないようにしてください。

長い毛を1mm程度のバリカンで全身の毛をカットする手もあります。サマーカットすると、抜け毛が目立たなくなり、また猫も身軽になって快適そうです。
丸刈りに抵抗がある方は、お腹やお尻の毛をカットするだけでもずいぶん違います。
我が家の場合はライオンカットが主流。
ライオンシッポがテーブルの上でゆらゆら揺れると、下では大きな猫じゃらしで遊びたくてしょうがない猫が群がります。

短毛種のグルーミング

ファーミネーターの使い方
アンダーコートだけが見事に取れます

短毛種でも、ダブルコートの猫は太ももや脇腹に毛球ができやすくなります。ダブルコートの猫は積極的にコーミングしてあげましょう。
また、濡らしたぞうきんを横に置いて、少し手を湿らせて指クシで全身を撫でるだけでもむだ毛がたくさん抜けます。
手ぐしで毎日全身撫でるだけで、猫はますます美しくなるでしょう。

毛がない猫の場合

スフィンクスのように毛がないとこんな時期楽かしら~と思われるかも知れませんが…。
実は毛がない分、皮膚に脂が浮いて不潔になりやすいので、毎日蒸しタオルで身体を清潔にしてあげる必要があります。
スフィンクスにはアトピー性皮膚炎の猫もいるようです。

短毛・長毛、どっちが抜ける?

私の感覚では、短毛種の抜け毛の方が激しい気がします。
短毛ですから抜ける毛は短くてあまり目立たないかも知れませんが、この短い毛が布の奥に入り込んでちくちくの原因になったりします。
絨毯が敷いてある、フローリングだけ、という部屋の違いで抜け毛の感覚もかなり違ってくるでしょう。
我が家は全室フローリングですが、長毛の毛はすぐにまとまって砂漠の植物のように部屋をころころ~、それをつまんで捨てればさっぱり。でも短毛の毛はパラパラとあちこちに散らばっていて目立つ気がします。

猫の毛色による抜け毛の違いは?

私が体感したことがある中で一番抜け毛が激しかったのは、アメリカンショートヘアーのチンチラシルバーというカラーの猫です。一般的にシルバーカラー(シルバータビー、チンチラ、スモークといったカラー)は抜けやすい毛質の猫が多いようです。これはアンダーコートが細く、密度が高いという毛色の遺伝子の特徴だと思われます。

ブラウンタビー(いわゆるキジトラ)やレッドタビー(茶トラ)の抜け毛は普通で、比較的手入れが楽な子が多いようです。

猫の模様による抜け毛の違いは?
タビー(縞模様)の猫と全身が一色(ソリッド)または二色/三色(三毛)の猫の中で一番毛の手入れが楽なのはタビーでしょう。
真っ白と真っ黒の猫を比べると、真っ白の毛の猫の方が抜け毛が激しい気がします。
他の色と白が混ざっている猫も、白い部分の毛の方が柔らかくて抜けやすい猫が多いです。

シャンプー、その他の抜け毛対策は?→


サマーカット
でっかい猫じゃらし!
上:ジャングル大帝レオのつもり???
下:でっかい猫じゃらしだぁ!

シャンプー

一気にむだ毛を取り除くにはシャンプーが一番てっとり早いでしょう。でもシャンプー前にも念入りにコーミングして、先に毛球やむだ毛を取り除いておく必要があります。
猫の毛は脂が多いので、毛球や抜け毛だらけでシャンプーしてもあまり意味がないですからね。
シャンプーは、毛を洗うのではなく地肌を洗うつもりで行ってください。
シャンプー後は、この季節であればドライヤー無しのタオルドライだけでも充分ですが、長毛種の場合は仕上げに少しドライヤーを当てコーミングすると益々美しくなるでしょう。
※ドライヤーのモーター音や風が苦手な猫さんが多いので、猫の横でいきなりドライヤーのスイッチを入れないで、離してスイッチを入れ様子を見て風を当てるようにしてください。

完全に乾いたら、再度きっちりコーミングしましょう。
このとき…ほんとに禿げないでしょうね?って苦笑いするほど毛が抜けます!
きっちり毛を取ってしまえば、しばらくは抜け毛が減ったなぁ~と実感できるはず。

抜け毛を取るための便利用品

■コロコロ
コロコロというのは皆さんもご存じのように、粘着テープが筒状になっているものです。
新しい粘着力の高いものをいきなり猫の身体でコロコロすると、生きている毛まで抜けてしまいますので、まずは自分の洋服などでコロコロして、少し粘着力を弱めてから猫の背中をコロコロ。
一度やってみて嫌がる子はやめましょう。
でも、結構気持ちよさそうにやらせる子も多いです。

■掃除機
掃除機の先に棚鴨居ブラシを取り付けて、弱めの吸引で猫の全身をお掃除。
掃除機のスイッチが入っただけで隅っこに隠れてしまう猫さんには使えませんが…。これも、気持ちよさそうにやらせる子がいます。

その他の抜け毛対策/注意点

  • 換毛期はいつも以上にこまめにお掃除しましょう!
  • 掃除機をかけやすい家具の配置にしておきましょう。
  • 絨毯に絡まった毛を取るのは、かなりの重労働。換毛期は絨毯を止めるか、絨毯の素材によって、掃除機で簡単に毛が取れるものに敷き替える。
  • 自分が着用する洋服や猫のベッドなどは毛が付きにくい素材のものを。
  • 表面が織物製のソファ、布団やシーツにも毛がつきやすいので、高密度織りの毛が付きにくい素材のものに替えるなどの工夫を。
  • 外出前には玄関で自分の洋服をコロコロして、猫(抜け毛)と一緒に外出しないように!
  • 洗濯したてのタオルに猫の毛が付いていると、ちょっと不愉快~洗濯機に入れる前に猫の毛をコロコロで取っておきましょう。
  • 絨毯や猫ベッドに付いてしまった抜け毛は、ゴム手袋をしてこすると簡単に丸まって取れます。その他台所用のセルロース製のスポンジや、捨てて構わないウエスを固く絞ったものでこすってもOK。

猫の毛が付いた敷物などを外で叩かないよう注意してください。
野中の一軒家にお住まいでない限りは、ご近所さんにも抜け毛の被害をまき散らさないように!

次回は「猫の皮膚/毛のトラブルについて」です。

*記事のUPはメルマガにてお知らせします。登録はこちら


<ガイドのその他の記事>
ネコの爪切り
ネコを飼うための条件
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。