マイクロチップに関する動物病院アンケート-前半はこちらから

Q.マイクロチップに関しての先生のご意見は…?
当院でのマイクロチップは半数以上の方が海外渡航を目的に行います。
以前は当院付属ペットショップで全頭にライフチップを装着してから販売しておりましたが、飼い主様からのニーズが少なかったため、一年ほどで中止しました。
そろそろもう一度ペットショップでの販売時にインフォームして見ようと思っています。
私個人の意見としてはマイクロチップのメリットは迷子のときに見つかることはもちろんですが、今後、飼い主の身元をしっかりさせることで、感染症発生時の対応、販売業者の個体管理などに利用可能だと思います。
チップ自体は20年以上前のものでいまだにアナログなのです
これからは ICチップにするべきだと思います  
理由はマイクロチップ リーダーで読み取っても番号だけ表示されるだけで 登録センターに照会しないと飼い主の情報が得られないのです
ICチップにすると瞬時に読み取れるのです
さらに 病気 避妊手術の有無など 埋め込んだ後からも書き込みが出来るのです 
ただし マクロチップは世界中に普及していてリーダーがICチップに対応できません
早急に両方読み取れるリーダーを開発して安く供給出来るようして欲しい
コストのかかることなので、普及させることが難しい
居場所がわかるものなら入れるという飼い主が多い
価格でしょうね。それ以外はありません。当院は避妊去勢費用を安くしていることもありノラ猫のそれが非常に多いのですが、そういった仔の識別に使えたらよいと思います。千円くらいで登録までできるとうれしいですよね。是非普及促進して頂いて価格を下げるように運動して下さい。登録費用も高いですね。
適正飼育の意識を高めるために、ぜひ法律で義務にしてほしい。
マイクロチップも大切ですが、犬に関して”狂犬病予防接種の重要性””激安ワクチン・予防接種の安全性”についてのほうが今の平和ぼけしたこの国には必要なことではないでしょうか?
飼い主の責任と存在を示すアイテムのひとつと考えています。また今後、認知度が上がって普及すれば迷子などの検索に役立つと思います。
個体識別のため、普及させるべきとは考えるが、法規制が無ければ普及は無理と思う。
登録機関の統一、リーダーの普及等またまだ環境整備が不十分と思う。
より啓蒙活動が必要と思うが、狂犬病注射業務が市町村に移行されてから、狂犬病予防の啓蒙がより希薄になってきており、犬ではマイクロチップの意味が薄れていると思う。
個体によっては麻酔しなけれ挿入できない。
犬の登録に採用すべきだと思う。
規格を統一してほしい。(メーカーによって違いがある、など)メリットはたくさんあると思うが、規格の統一がないとマイクロチップを装着していても意味のない物になってしまうと思う。例えば装着している猫が行方不明になっても行き着いた土地でスキャンしてもらえるとも限らないし、メーカーが違えば反応しないので、結局身元が分からない。
リーダーが普及していないので、今は製薬会社から借りている。
マイクロチップを入れるときは、前もって連絡をしてリーダーを郵送してもらわなければならない。
マイクロチップ自体は非常に有効なものだと思いますが、現在の所各機関(愛護センターや警察、動物病院)すべてにリーダーが装備されていないのが現状で、これらの機関にリーダーが装備されて始めていい方向に動き始めるのではないかと考えます。
IDチップが日本で普及するために、既に起こっている問題は以下の通りである。
1)動物を登録管理する機関が複数で、かつ、そのうち1つは1企業体に過ぎない。
2)ISO規格であるかどうか、というIDチップの条件が曖昧ではっきりしない。結局これは、海外からの帰国検疫についてなのだが・・・・。
つまり、問題は「動物にとっての利点不利益」ではなく、制度の不十分さにある。その理由は、農水省と環境省が連絡を取り合わずにIDチップを利用している点が大きい。また、動物の登録制度を最初から一本化できなかったのも、この制度の欠陥に拍車をかけている。
こういう雑誌を作っている方にお願いしたいのは、「猫にとってどうこう」というような個人的な視点ではなく、制度やシステムの欠陥についての正確な情報を提示し、飼主側(つまり、制度の利用者側)から、こうした不備を改めるような発言をできるような下地を提案してもらいたい、ということ。飼主のコンセンサスを得た提案なら、行政も企業も受け入れざるを得ないはずなのである。いつもいつも「猫ちゃんにとってどうこう」という、ガキみたいな視点に基づいた情報ばかり流されているのには閉口している。いい加減にしてもらいたい。
IDチップに関する当院の解説は、当院HPに掲げられている。当院では、去勢・避妊手術のオプションとして提案し、受け入れられつつある。しかし、これも2006.6月施行の動物愛護法の後押しがあればこそなのである。「法律で、動物の所有者の明示が義務化されますよ、それにはIDチップが一番簡単確実ですよ」という説得には誰もが反応する。その埋め込み料金の一律化等の話も当然出てくるであろう。しかし、こうした提案や発言は飼主側から積極的になされなければ、どうにもならない。動物医療や動物関連の業種については問題山積だが、結局飼主が何もしないから、問題が放置されるのである。なにかさせる力の元は「正しい情報」に尽きる。正確な情報を提示してもらいたい。

次のページにも続きます→


体温測定が可能になる
個体識別が可能、特に災害時に期待
GPS機能があるという誤解が多い マイクロチップだけでは居場所はわからないし、交通事故の予防にもならない
チップは挿入するがデータの入力を飼い主に任せる病院が多い(AIPO)
市町村等の協力の下に、マイクロチップに対する補助も含めて、導入を進めるべきだと思います。ちなみに川崎市では、動物保護センターから里親に出た仔達はすべてマイクロチップ埋め込み済みです
国外を移動する動物はマイクロチップ導入が有益だが、国内のみの飼育の場合は、どこまで有益なのか判断つかない。
個体識別を明確にするため、マイクロチップがより普及することが望まれますが、現実的には、異物を身体に挿入する事に対して、飼い主さん側の不快感が大きいと感じています。当院でマイクロチップを設置する場合とは、海外に犬や猫を連れて行かなければならない場合で相手国がマイクロチップを義務づけている場合、一度国外に出て、近い将来日本に帰国予定の場合がほとんどです。
一般的には起こらないことだが、マイクロチップを挿入する個体側の問題(主に体質)で、肉芽腫や痩管形成などを起こすトラブルがないかは心配である。
日本にも法律化して行うべき(防疫や迷子対策)
メリットは個体管理をできるので迷子の時は見つかる可能性が高い捨て犬の防止につながる。
デメリットはやはり、挿入後の安全性がまだはっきりしていない事でしょうか。
予防接種とかと同時に義務付ければ、飼い主のマナー改善に役立つと思う。
飼い主に掛かる経済的な負担を除いては、デメリットはない。特に猫に関しては多頭飼いをしている場合が多いため負担が大きいと思われる。
現在、狂犬病の登録に関わる鑑札等の有効性がないので、まず犬でのチップ装着を義務づけるような行政側の対応が期待される。獣医師側の対応はそれほど難しいものではない。
数がはけるようになれば、ハードを揃える獣医師側も対応しやすい。
捨て猫や盗難、失踪などの減少につながると思います。挿入時の痛みが問題か。
メリットは多いがデメリット無し
固体識別が出来、あらゆる場合に無駄に命を落とす可能性が減少。
(遺伝疾患の減少。飼育者のマナー向上。等)
人類の平和に貢献
(伝染病の減少。人の癒しに貢献。危害を与える動物の減少。等)
自然界の調和に貢献
(捨てられる動物が減ることにより野生動物の保護に貢献。等)
利用価値のあるものだとは思っていますが、希望がないことと、知名度が低いため普及に時間がかかると思う。
マイクロチップの挿入から狂犬病の注射、抗体検査まで一貫して業務としておこなうととても評判が良い。
マイクロチップはいいですね。技術的に可能になればGPS機能が付加価値としてつけられたらいいと思っています。
現在のマイクロチップは同一番号の偽造が可能で、過去に問題が起こっているはずです。
マイクロチップを入れている動物が増える事を望んでいます。
現状では普及率が悪く、また飼い主からの要望もあまりないため導入には踏み切れない状況です。
自治体によっては避妊去勢の助成を受けるのにマイクロチップを入れることを条件としているところもありますがそういう自治体の動物病院でもリーダーを持っていなかったりしますのであまり意味がないなと感じてしまいます。
どのメーカーのチップとリーダーの組み合わせでも読めるということであれば(マイクロチップの統一規格があれば)もっと導入し安くなると思うのですが。
行政などの受け入れ態勢がまだ整っていないので諸問題があると思います
マイクロチップそのものの普及も当然必要ですが、各自治体・保健所などへのリーダーの普及も不可欠だと思います。
本当に役立つのは災害時だと思います。特に、猫さんは飼い主さんの特定のほか、飼い猫・のらさんの区別が難しいと思いますので、積極的に受けていくことをお勧めします。
今までは海外渡航を目的としたものばかりの挿入でした。しかも数ヶ月しか経緯しておりませんので、多くのことは言えません。
マイクロチップを入れる意識の高い飼い主さんには、本当に熱心な方が多いです。 そういう飼い主さんの猫ほど心配するような、マイクロチップを必要とするシチュエーションに遭遇しないのが現実です。
一生に1回のことですから、猫にとっても、痛みは、ほとんどありませんので挿入は検討するべきだと思います。
万一の交通事故の際にもすぐ連絡でき、異物反応もありません。デメリットは、ないでしょう。
また、ライフチップ最新のバイオサーモは、体温も測れます。もうこう門に体温計をつっこむこともありません。スマートですよね!
迷子猫防止に、マイクロチップをつけるのは、一つの方法でいいかもしれないが、解決にはならないと思う。
犬の場合は「管理センター」で捕獲された犬の返還に役に立つと思うが、行政は犬を扱っているのであって、猫までしてくれるだろうか?
管理センターが検しつ出来なかった場合問題がおきる
全国的に普及すればメリットは大きいと思うが、現段階では普及していない地域も多く、期待するほどのメリットはないと思う。

次のページにも続きます→


全国的にほとんどの保健所にチップリーダーが無い以上は、迷子になってご家族のもとに戻れるネコさんやわんちゃんはまだ「ラッキー」の域を越えないのが現状と思われます。そういう意味ではまだ時期が早い気がしないこともないのですが、方向としては装着するようになってきていますし、装着自体は悪いことではないように考えておりますので、当院でも来年よりの導入を考えております。しかし、今後多くの患者さんが装着することによって、今までは起こらないとされている様々な副作用も見られるかもしれないことも危惧されます。非常にインフォームドコンセントに苦慮する点です。やはり行なう以上はメリット&デメリット伝えるべきなのですが、どうも最近はマスコミやメーカーを中心にメリットを強調しすぎているように感じます。また、MRI検査時に画像欠損ができてしまうのもマイクロチップの弱点であると思います。今後高齢化していくなかでMRI検査を受ける機会は実際増えていくと思いますし、友人の病院にもMRIは入っていますから、非常に身近な検査になっているといえますので、この点でも一時期悩みました。
今後、血糖値と体温測定が同時にできる、GPS機能を持つ…などの付加価値のあるマイクロチップが開発されれば非常に有用なものになりますよね。
さらに一部、マイクロチップ挿入(装着)時にメーカーの「あまりいたくない」を信じて(?)無麻酔で実施される病院もあるようですが、ペインコントロール(痛みの管理)を考えると決して「痛くないわけが無い(あまり痛くない=痛いですよね)」ので、現在の獣医医療の現実を考えると利益最優先になる可能性もありその辺りも内輪としては危惧しております。
マイクロチップだけでなく、それに関連した法令の整備も平行して必要。
外国への行き来において動物検疫の手間時間が簡略できるメリット
保護された折に飼主と巡りあえる可能性が高まるメリット
挿入するときの軽い疼痛・体内に異物を入れることによる組織反応が出る可能性があるデメリット
いずれにしても今後普及していくものだから必需性は高まる。
災害時の個別識別に役立つとのことで獣医師会支部で話し合っています。
はっきり言ってこの値段ではやりたくない処置ではあります。できれば子猫のときにやってもらえると助かります。
生後半年以上の猫はおとなしい子でないと大変かもしれません。
経済的(経営的)にはあまりメリット(利益)がありません(4000円以下では)どちらかというとボランティアの要素のほうが強いように感じます。よっぽどワクチンのほうが、痛々しくなく、利益率が良いのでそっちだけにしたい気持ちは良くわかります。(リーダーの購入価格分をチップでペイするのに30頭ぐらい打たなければならないと思います。)
また、マイクロチップ証明書や検疫の証明書(英文)の作成など事務手続きが煩雑なのも嫌がられる理由のひとつだと思います。(僕も英語は苦手なので)
デメリットはなくメリットが大きいので狂犬病予防法とあわせて法律で規制してでも普及させた方がいい。
現在のままでは普及率がのびないと思う。
現在、法律で動物の海外旅行(出入国)には必須になっていますが、それだけではなく、大切なペットが迷子になったり、万一盗難にあったりした時に自分のペットである事を証明する確かな証拠になります。また、普及により捨て犬、捨て猫の防止につながり、飼主の方皆様の責任ある飼育が期待できます。
埋め込みは数秒で終わり、ほとんど傷みはありません。
またマイクロチップは生物適合ガラス管で出来ているため、拒絶反応等の副作用もありません。
個体の識別がしっかりできるのでできればしておいて欲しい。
チップを入れることに抵抗のある人は多いと思う。
動物によっては、非常に気にするかも・・・
確かに、マイクロチップを入れることで、飼い主に責任を自覚させ、捨て猫の防止になればと期待したいのですが、元々マイクロチップを入れるような方は、捨てたりしないような意識レベルの方が多いと考えますので、この点での効果は、疑問です。次に、迷子に関しては、運良く保護された場合は、効果があるでしょうね。
ただし、リーダーの普及がまだまだですので、その点が心配です。
デメリットとしては、埋め込む場合の針が、かなり太くて子猫には可哀相と思います(少なくとも、飼い主は、思うでしょうね)かと言って、沈静処置や局麻する程ではないですし・・・。
医ではありませんがAHTの私が経験上・・
マイクロチップは日本ではISO規格のものを多分皆さん使われていると思いますが、アメリカなどは州によって読み取り機が反応しないものがあるようで行き来している方にはそちらの方の獣医さんにもマイクロチップ挿入をお願いしなければならないことがあります。
読み取り機が世界共通にならないと折角マイクロチップを挿入していても飼い主さんへの手がかりにならないこともありえますのでメーカー同士の連携も必要だと思います。
また災害時に関してのアンケートをいくつかの市にとったのですが、どちらの市も読み取り機を保有していませんでした。検討を考えているようですがまだまだペットに関して言うと個人の方のほうが意識が高いといえるのではないでしょうか。
メリットのみ

アンケートのご協力下さったマイクロチップ挿入ができる全国の動物病院リンク→


マイクロチップ挿入ができる全国の動物病院リンク

下記は今回のアンケートにご協力くださったマイクロチップが挿入できる動物病院です。
ご協力並びにリンクさせていただけましたこと、心より感謝いたします。

動物病院名 住所 電話番号 取り扱い製品名
緑が丘動物病院 020-0113 岩手県盛岡市上田堤1-5-13 019-661-1122 ライフチップ
仙台プラム・アニマルクリニック
981-0906 宮城県仙台市青葉区小松島新堤18-23 022-739-9986 ライフチップ
カレンアニマルクリニック 311-4153 茨城県水戸市河和田町3420-3 029-252-4224 ライフチップ
CDSペットクリニック沼田病院 378-0052 群馬県沼田市桜町4769-1 0278-24-8568 ライフチップ
戸田動物病院 335-0034 埼玉県戸田市笹目4-19-16 048-421-8030 AVID
七里動物病院 337-0016 埼玉県さいたま市見沼区東門前17-9 048-687-2490 ライフチップ
セントラルペットクリニック 340-0816 埼玉県八潮市中央2-7-17 048-997-3366 AVID
クラムボン動物病院 358-0024 埼玉県入間市久保稲荷3-3-14 04-2963-5359 AVID
石黒動物病院 364-0007 埼玉県北本市東間4-48 048-543-7373 AVID
そよかぜ通り動物の病院 267-0066 千葉県千葉市緑区あすみが丘6-35-1 043-205-0102 ライフチップ/アイディール
アーニー動物病院 270-0164 千葉県流山市流山3-381-3 04-7158-5919 ライフチップ
アンペットクリニック 270-1327 千葉県印西市大森2452-3 0476-42-5353 ライフチップ
森動物病院 270-2213 千葉県松戸市五香7-51-18 047-385-7777 ライフチップ
ベイシティペットクリニック 272-0123 千葉県市川市幸2-8-11 047-399-7377 ライフチップ
エムズ動物病院 272-0834 千葉県市川市国分1-5-10 047-374-9911 ライフチップ
ひろ動物病院 116-0014 東京都荒川区東日暮里1-32-1 03-3891-3366 アイディール
本嶋動物病院 120-0005 東京都足立区綾瀬1-17-13 03-3602-4111 AVID
遠藤動物病院 141-0032 東京都品川区大崎5-4-11 03-3779-5755 ライフチップ/AVID
動物病院エル・ファーロ 146-0092 東京都大田区下丸子2-19-10 03-5732-2600 ライフチップ
池村ペットクリニック 155-0032 東京都世田谷区代沢5-30-2 03-3413-3201 AVID
ハヤシダ動物病院 161-0034 東京都新宿区上落合2-27-10 03-3362-8650 AIPO
田中ペットクリニック 166-0003 東京都杉並区高円寺南4-2-8 03-5306-5122 ライフチップ
三鷹獣医科グループ 180-0006 東京都武蔵野市中町2-6-4 0422-54-5181 ライフチップ
東小金井ペット・クリニック 184-0011 東京都小金井市東町3-19-1 0422-33-9937 トローバン
アニマルウェルネスセンター 188-0001 東京都西東京市谷戸町1-27-8 0424-38-7811 ライフチップ
久米川みどり動物病院 189-0013 東京都東村山市栄町1-9-12 042-392-0205 トローバン
永井動物病院 193-0833 東京都八王子市めじろ台4-51-10 0426-63-4600 ライフチップ
アニマルメディカルセンター 211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東2-890-10 044-433-5155 ライフチップ
山田動物病院 212-0012 神奈川県川崎市幸区中幸町 2-48 044-541-0106 ライフチップ
ニュータウン犬猫病院 224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央10-1
ヴェルドミール1F
045-943-8284 ライフチップ
きりがおか動物病院 226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘2-9-7 045-924-0103 ライフチップ
井土ヶ谷しっぽ動物病院 232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町16-3 045-741-3304 アイディール
石川犬猫病院 238-0023 神奈川県横須賀市森崎1-14-25 046-835-1409 ライフチップ
まつもと動物病院 243-0201 神奈川県厚木市上荻野820-1 046-242-2102 ライフチップ
マーブル動物病院 252-0815 神奈川県藤沢市石川3-675
コスモヒルズ壱番館A
0466-86-2080 ライフチップ
大磯どうぶつ病院 255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯 1893-2 0463-61-6750 アイディール
たけうち動物病院 259-1133 神奈川県伊勢原市東大竹1547-1 0463-95-0221 ライフチップ
長島愛犬愛鳥病院 950-2011 新潟市小針上山4-31 025-231-4054 何所でも可能
動物病院 ピア 921-8802 石川県石川郡野々市町押野 6-162 076-246-3002 ライフチップ
あさざわ動物病院 916-0017 福井県鯖江市神明町4-6-29 0778-53-1772 ライフチップ
旧軽井沢菊池動物病院 389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178-618 0267-42-0012 アイディール
寺本動物病院 509-0141 岐阜県各務原市鵜沼各務原町1-61 0583-84-0064 ライフチップ
ドッグギャラリークリニック 433-8113 静岡県浜松市小豆餅4-1-6 053-416-1190 ライフチップ
井口動物病院 443-0042 愛知県蒲郡市御幸町5-29 0533-69-7711 ライフチップ
ベッツアニマルクリニック瀬戸 489-0066 愛知県瀬戸市東横山町92番地
バロー新瀬戸ショッピングセンター1階
0561-89-7400 アイディール
みずたに動物病院 510-0004 三重県四日市市大宮西町11-6 0593-33-5777 ライフチップ
南ヶ丘動物病院 514-0821 三重県津市垂水887-7 059-226ー9912 ライフチップ
かめやま動物病院 519-0213 三重県亀山市田村町131-1 0595-83-4664 アイディール
みどり動物病院 520-0024 滋賀県大津市松山町13-18 077-510-3060 ライフチップ
和田獣医科病院 606-8167 京都府京都市左京区いちじょうじ 075-711-1326 ライフチップ
フレックス動物病院 531-0074 大阪府大阪市北区本庄東2-2-2 1F 06-6375-8555 アイディール
かみつ動物病院 532-0023 大阪府大阪市淀川区十三東1-2-10 06-6306-0326 ライフチップ
夕陽丘動物病院 543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-5-3 06-6773-1056 ライフチップ
ノア動物病院 560-0085 大阪府豊中市上新田2-14-8-108 06-6835-2022 ライフチップ/アイディール
愛 動物病院 657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通1-2-18 078-802-1610 ライフチップ
宮本獣医科 665-0005 兵庫県宝塚市武庫山1-6-10 0797-73-8464 ライフチップ
神戸三田動物医療センター
いしもと動物病院
669-1313 兵庫県三田市福島476番地 079-567-3040 ライフチップ
池沢動物病院 675-0063 兵庫県加古川市加古川町平野417 0794-23-9939 ライフチップ
寺田動物病院 679-4121 兵庫県たつの市龍野町島田248-2 0791-63-3252 ライフチップ
山尾獣医科病院 631-0011 奈良県奈良市押熊町2202-8 0742-48-2501 ライフチップ
新庄動物病院 639-2144 奈良県葛城市葛木104-1 0745-69-1111 ライフチップ
やさか動物病院 700-0074 岡山県岡山市矢坂東町12-48 086-251-0959 ライフチップ
あそう動物病院 729-0111 広島県福山市今津町330-3 084-930-0232 ライフチップ
なおさと動物病院 763-0071 香川県丸亀市田村町487-1 0877-21-0357 アイディール
福岡動物医療センター 816-0095 福岡県福岡市博多区竹下2-9-22 092-471-7748 ライフチップ
富動物病院 819-0166 福岡県福岡市西区横浜1-45-5 092-806-6684 アイディール
きくなん動物病院 861-1102 熊本県菊池郡西合志町須屋1928-5 096-345-5921 ライフチップ
くどう動物病院 901-1111 沖縄県島尻郡南風原町字兼城716-11 098-888-3514 ライフチップ

次回はいよいよマイクロチップ特集の最終回。
環境省に問い合わせた内容や、マイクロチップ問題点、今後の課題などを掲載します。


※追記:2007/01
2007年1月より、ライフチップを含むすべてのマイクロチップの登録データは、AIPOが管理する家庭用動物向けデータベースと統合されています。
■データベース管理・運営:(社)日本動物保護管理協会
----------------------------------------------

*記事のUPはメルマガにてお知らせします。登録はこちら


<関連リンク>
マイクロチップを入れよう!-その1-マイクロチップってどんなもの?
マイクロチップ、入れてみました!
マイクロチップ販売会社4社へのアンケートメール
マイクロチップに関する動物病院アンケート-前半
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。