動物へのマイクロチップの挿入は医療行為であるため、獣医師が行います。
では、獣医師 ・動物病院はマイクロチップに関してどのように考えているのでしょうか?

昨年12月、検索で取得することができた1,500の動物病院にアンケートメールを送信しました。
442通はリターンメールとなり、送信可能だった1,058の動物病院のうち、回答をくださったのは86件でした。
この回答率の悪さとして想像できることは

  1. メールアドレスは持っているが日常的に利用していない
  2. アンケートに答えている暇がない
  3. マイクロチップに無関心

…等々が考えられます。
回答率の低さが、もし現場の獣医師がマイクロチップに対する意識の低さだったら、これからもっとマイクロチップを推進していこうと思っているガイドとしては非常に残念に思います。

しかし、回答率は悪かったですが、回答をくださった動物病院からは非常に興味深い答が届きました。
ご協力くださった動物病院の方々には、本当に感謝しています。

それぞれの現場の先生方の生の声を、2回に分けて掲載させていただきます。

回答数:86
送信メール数  回答数
北海道 47 1
青森県 10 1
岩手県 3 1
宮城県 22 2
秋田県 4 0
山形県 13 0
福島県 10 0
茨城県 37 1
栃木県 12 0
群馬県 14 1
埼玉県 61 6
千葉県 41 7
東京都 158 15
神奈川県 103 12
新潟県 14 2
富山県 8 0
石川県 10 1
福井県 7 1
山梨県 8 0
長野県 15 2
岐阜県 7 3
静岡県 30 1
愛知県 40 2
三重県 11 3
滋賀県 10 1
京都府 29 2
大阪府 83 4
兵庫県 52 5
奈良県 12 2
和歌山県 7 0
鳥取県 3 0
島根県 2 0
岡山県 20 2
広島県 23 1
山口県 6 0
香川県 5 1
愛媛県 12 0
高知県 3 0
福岡県 40 3
佐賀県 1 0
長崎県 11 0
熊本県 18 2
大分県 10 0
宮崎県 8 0
鹿児島県 8 0
沖縄県 10 1
合計 1058 86
 
Q.貴動物病院ではマイクロチップの挿入が可能ですか?
  A.はい 73
B.いいえ 13
Q.可能な場合、それはどこの販売メーカーの製品ですか?
  A.大日本住友製薬(株)ライフチップ 52
B.共立製薬(株)アイディール 12
C.サージミヤワキ(株)AGEトロンID-162
D.共立商会(株)AVIDマイクロチップII
Q.なぜそのメーカーの製品を選ばれたのですか?
  A.製品/性能がよいから 19
B.安全性が高いから
C.普及率が高いから 28
D.値段が手頃だから
E.その他

ライフチップ

世界標準規格だから
最初に使用したから
日本国内のデーターベースへの登録料がはじめから価格に含まれており、登録作業が簡単だから
ISO規格の問題と、皮膚温による管理目的
一番小さい/国際規格:動物の輸出・入で必要
情報管理がしっかりとしているため
手続きが確実(獣医師が行う)なので
ペットの輸出入検査を実施しているため、全世界的に普及しており、製品の良いものを選んだ。
当時先行していたから
問屋がすぐに持ってこられる製品だから
チップの選択によっては体温測定も可能だから
獣医師会の決定/獣医師会普及製品の為---回答数 5
選択肢が無かった

アイディール

たまたま出入りの代理店が扱っていたから
犬の場合獣医師会と連動しているため
共立商会のは外国のマイクロチップも読めるから
獣医師会支部で指定されたから
一般的だから

AVIDマイクロチップII

(AIPO(動物ID普及推進会議)に登録可能なISO規格IDチップの中で、AVIDが最も性能が良い、と判断している。(体内で動きづらい点等)
それぞれについて、解説する。
A.製品/性能:これはおそらく、ライフチップが一番良いと思う。しかし、大日本製薬は独自に(=勝手に)登録システムを作ってしまい、AIPOに加盟しなかった。これは飼主や動物にとっての利便性を極めて低下させる(つまり、問合せ先をAIPO1つに絞れない)ものであり、到底賛同できるものではない。従って使用することを控えている。
B.安全性
C.普及率
D.値段
この辺は、どれもどっこいどっこいであろう。
むしろ、問題なのはISO規格であるかどうか。規格がISOでなければ、マイクロチップを埋め込んで海外へ一度転出し、帰国した際に検疫時の有利さが消えてしまう(機械で読み取り出来ない恐れがあるため)。この辺の詳しい話は農林省の動物検疫を参照して欲しい。
アメリカ製のISO規格で使いやすいシリンジタイプだから
問屋がすぐに持ってこられる製品だから
東京都獣医師会の推薦だから

続いてマイクロチップの価格や、取り扱っていない病院の理由など→


Q.マイクロチップの導入に関しては
   ※両方回答もあり
  病院から勧める事が多い 31
  飼い主さんが希望することが多い 58
Q.価格(マイクロチップ+挿入+登録代/税抜き)はいくらですか?
  一番安い回答:1,500円 ~ 一番高い回答:11,000円
     平均:4,834円
     ※兵庫県は獣医師会の補助により無料の地域がある
Q.2005年1月から12月までの挿入件数は?(アンケート回答数の総計)
  550頭
127頭
その他 14頭
Q.取り扱い開始から今までに猫に挿入した件数は?(アンケート回答数の総計) 759頭
Q.過去にマイクロチップを挿入してトラブルがありましたか?
  なし 43

 

 

挿入時、猫はかなり嫌がる。
挿入口からマイクロチップが出てきて1糸縫った
一度入れたチップが、脱落したか、あるいは機能障害か、読み取れない例が5例ほどあった。
当院ではトラブルはないがペットショップで既にマイクロチップを挿入されてきた子がしこりになっている。メーカーなどは不明。
Q.マイクロチップを入れたことで良かったことはありましたか?
  迷子犬の飼い主が2人現れたときの飼い主判定
個体識別には便利と思う。ちなみにうちの犬にも入れました。
飼い主さんの安心感が得られました。
出入国の際の手続きが簡単になった
最近はマンション飼育での必須項目になっているところもありますね
現在のところ海外渡航のためのチッピングがほとんどのため、良かったということはありません。
特になし。
但し、入っていれば話は簡単に済んだ、と思われるケースはある。その例を挙げる。
グレートピレネーズが脱走し、捕まらないままいなくなってしまった。半年以上経過してからそれらしい犬は見つかったのだが、既に飼主がおり、その飼主は「昔からいたうちの犬である」と譲らない。結局決め手がないので諦めざるをえなかった。
純血種の場合、誰でもそっくりの模様・体格である。マイクロチップがあれば、おそらく簡単に識別でき、結果がどちらに転んでも後くされがなかったのではないか、と思わされたケースである。
私見だが、環境省主導の「改正動物愛護法」の施行に伴い、各都道府県の保健所にはIDチップ読み取り器は標準装備される可能性が高いのでは(法律でIDチップが推奨されているから。)。この辺を保健所に問い合わせてみるなどして、正確な情報を飼主に伝えてもらいたい。チップの読み取り機がなければ、IDチップは入れても全く意味のないものである。
逃亡の時の安心感が違うでしょう。来年の6月には、健康福祉センターのリーダー導入が決まりそうです。
具体例は無いが、飼主さんが安心される。
普及率が悪いため今のところ該当無し
Q.(現在マイクロチップ挿入を行っていない動物病院への質問)なぜ取り扱ってないのですか?
  現時点でニーズが低く,データベースの一本化がなされていないため。
ワクチン接種もしない飼主さんが結構多いのにマイクロチップに費用をかける飼主さんが多くいらっしゃるとは考えにくい。
行政側でリーダーを設置していないため、マイクロチップを挿入してもほとんど意味が無い。
今までに飼い主さんからの問い合わせは犬の方より1件のみしかない。
需要が無いから
顧客から依頼がないから,マイクロチップのことについて詳細な事を私が把握していません
依頼が無いためです。
希望されればその時点で道具をそろえようかと考えています。
また外出する猫には首輪を付けさせ迷子札を差し上げていますので飼い主さんはそれで満足するようです。
現在までに、飼い主からの要望が一度もない
導入を検討中ですが、今のところ犬に使用の予定です。(輸出犬)
チップと読み取り機の互換性の問題があると聞いています。
現在発売中のチップ全てが、全ての読み取り機で読めるわけではないということです。
今後、われわれは地元警察、保健所など公的な機関にリーダーを設置してもらい、迷子のときに役立つことを飼い主さんにアピールしていきたい。
動物病院の間でもまだまだマイクロチップの普及率が低いため有用性が低いように思われること
またどのメーカーのマイクロチップを採用すべきか将来の見通しがつきにくいためどこのものを買ったらいいかわからないこと
まだ一般的ではなく犬の登録や狂犬病予防注射との関連で法による裏付けがあれば取り扱います。
現在使う目的としては、犬の飼い主で、海外輸送等で必要な人のみが対象である。
そのために、獣医師会で購入しているので、会員は必要なときにそれを借りて使用している。だから自分では購入する必要がない。
ただし、獣医師会のマイクロチップを猫に使用するのは、許可されないかもしれない。(今までにそういう事例はないと思う)
Q.今後取り扱う予定はありますか?
  マイクロチップが義務付けとなった場合には取り扱います。
いずれ扱う必要があると思うが、時期は未定
必要があれば取り扱いたい。
依頼があれば使います。
古くはベータとVHSのように、最近ではブルーレイとHD-DVDのようになってしまうのは困るので。
普及してきたら、あるいは普及を促す動きがあったら考えたいと思います。
今のところなし。
普及が進めば取り扱いますが個人情報をどう扱うのかが問題になるでしょう

動物病院が考えるマイクロチップのメリット/デメリットは?→


Q.マイクロチップのメリットは?
  簡単に個体識別ができればメリットは大きいと思います。
管理が徹底できる
個体識別が可能。全頭登録制にすれば動物を捨てる人などいなくなるのでは。迷子の動物の発見も可能になる。
メリットは迷子札みたいになくならないことです。
飼い主さんの安心が得られる。
どのような動物種でも捨てられることは少なくなると思います。
意外と簡単に挿入できます。以前は高価でしたが値段も手ごろになりました。
ただ細長い小さいものなので、割れたりすることはないのかな?と心配になったりします。
盗難とかの場合ですと、取り出してしまうことも可能なので役にはたたないかも・・・
迷子の場合には、首輪ぬけが多いので迷子札は役にたちませんからマイクロチップの方が大変有効だと思います。
メリットはもちろん、個体の特定が確実なことです。
迷子になってとき、保護された時に役に立つでしょう。
個人情報保護との絡みはありますが、データベースの共有ができれば、読み取り機さえあれば、何処の誰の猫かということが、
判るようになるということです。
災害時に安心
個体識別になくてはならないもの
Q.マイクロチップのデメリットは?
  マイクロチップが任意性で普及しなければあまりメリットを感じません。
経済的な負担(飼主も、病院も)
デメリットはさほどない
注射できない個体にどのように対処するか?現状では役所・保健所などマイクロチップのリーダーを持っておらず迷子になっても読み取れない
デメリットは多少なりともお金がかかることです。
将来の異物挿入による副反応
ある程度の痛みを伴う。(おとなしい子なら大丈夫。)
迷子になった時、保護された場所で
マイクロチップを読み取る設備があるかどうか心配。
保護をした行政機関や全ての動物病院にリーダーが有るわけではなく、また、行政機関には読み取る義務も無い為に、せっかくの効果も発揮されないケースもあると思われる。
導入病院が少ないために、本当の飼主が見つからない可能性がある。万が一、見つかった場合のトラブル解決法が、法だけで片付けることができない可能性がある。
役所関係にリーダーがないと、十分な機能は発揮しないかもしれない
デメリットとしては、余程おとなしい子で無い限りは挿入に麻酔が必要なことです。
特に筋肉注射麻酔剤が、来年4月より麻薬に指定されて使えなくなるので、麻酔のリスクは高まると思います。
凶暴な個体には鎮静または麻酔が必要、   
購入価が高い、
個人情報が含まれる。
飼い主の安心にはなるもののメリットにまで結びつかないのでやろうとする人が増えないのがデメリット

マイクロチップに関する動物病院アンケート-後半に続く

----------------------------------------------
※追記:2007/01
2007年1月より、ライフチップを含むすべてのマイクロチップの登録データは、AIPOが管理する家庭用動物向けデータベースと統合されています。
■データベース管理・運営:(社)日本動物保護管理協会
----------------------------------------------

*記事のUPはメルマガにてお知らせします。登録はこちら


<関連リンク>
マイクロチップを入れよう!-その1-マイクロチップってどんなもの?
マイクロチップ、入れてみました!
マイクロチップ販売会社4社へのアンケートメール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。