犬はよく下痢をする?問題ない下痢と病気による下痢の見分け方は?

トイレ中の犬

愛犬の健康日記を作り、毎日オシッコやウンチの回数、状態などを記録しておくと、何か体調に変化があった時に役に立つことがあるのでお勧め。

犬は、結構下痢をすることがあります。整腸剤を飲ませてすぐに治るようならいいですが、中には何らかの病気からくる症状の場合もあるので、気をつけて見てあげるようにしてください。

下痢が続くと思った以上に体力も奪い、特に、抵抗力のない子犬や高齢犬であると、最悪の場合、命にかかわることもあります。神経質になり過ぎるのも問題ですが、甘く見たくないのも下痢ということです。

そして下痢は、大腸性の下痢、小腸性の下痢に分けることができます。以下に、そのポイントとなるところをいくつか挙げておきましょう。
 
  小腸性 大腸性
回数 少ない傾向 増える傾向
増える 変わらないか、減る傾向
粘液 あまりない 多くが見られる
しぶり あまりない ある
お腹の音  ある あまりない
血液 ウンチの中にタール状のものが見られることもある ウンチの表面に赤い血が見られることもある
 

犬の下痢症状は特徴をしっかり捉えて、病院で細かく相談を

柔らかいウンチ・下痢にも、幾つか特徴があります。いつものウンチがちょっと柔らかくなったように見えるもの(軟便)から、どろっとして、まるでカレーのように見えるもの、水様のもの、白や薄い黄色で粘液がついたもの、黒っぽくてタールのようなもの、脂っぽい脂肪便、明らかに血液が混じっているもの、トマトジュースのようなもの…など様々。

ウンチに血液が見られる場合、鮮血(赤い血)であれば大腸や直腸など消化管の下部からの出血である可能性が高く、濃い色~黒っぽい色であれば胃や小腸といった消化管上部からの出血である可能性が高くなります。これは、出血して時間が経つと、血液の色は濃く(黒っぽく)なっていくことによります。また、膵臓から出る消化酵素が正常でない場合、特に脂肪がうまく分解されずに脂肪便になることがあります。

下痢は数日様子を見ればすぐに治るものから、危険な状態になるものまであるので、少しでも変だと思った時には動物病院で診てもらうことをお勧めします。その際には可能な限り現物を持って行くようにし、それができない場合には、できるだけ詳しく説明できるよう、特徴をとらえておくといいでしょう。

 

犬の下痢と関連のある状況や病気など

下痢になるきっかけや病気には様々なものがあります。以下はその一部です。

【食事性】
  • 過食
    食べ過ぎて下痢になることもあります。
     
  • 食物アレルギー
    アレルギー症状の1つとして下痢を起こすことも。
     
  • 高脂肪食
    脂肪が分解しきれずに下痢を起こすがあります。
     
  • 腐敗物の摂取
    腐ったものを食べれば当然下痢をすることでしょう。
     
  • 犬にとって危険な食材の摂取
    タマネギ、チョコレート、レーズンなど。
     
  • フード(食事内容)の変更、または急な変更
    フード(食事内容)を切り替える場合は急に替えるのではなく、1日目は1割、2日目は2割というふうに1週間程度かけて切り替えていきます。
     
  • 牛乳
    犬は牛乳に含まれる乳糖を分解しにくいため、下痢をしやすくなります。与えたい場合には少し温めたり、少量を与えたりするのがいいでしょう。

【病気】
  • 寄生虫
    回虫症、鞭虫症、コクシジウムなど
     
  • ウィルスや細菌
    ジステンパー、パルボウイルスなど。パルボウイルスの場合はトマトジュースような下痢になることが特徴的です。
     
  • 膵外分泌不全症
    脂肪便となることもあります。
     
  • 腫瘍・ガン
    状況によっては正常なウンチの時期と下痢の時期とが交互になることがあります。

【中毒】
  • 各種中毒
    食材による中毒の他、化学物質や薬品などによって中毒を起こし、下痢になることも。

【神経性】
  • ストレス
    何らかのストレスによって下痢を起こすこともあります。
 

犬に下痢が見られたら

整腸剤などで止まる程度のものでしたらいいですが、下痢が続いたり、明らかにウンチの状態や様子がおかしいと思った時には、なるべく早く動物病院へ行くようにしましょう。

軽い場合でしたら、12~24時間、場合によっては48時間程度、食事制限をして、胃腸を休めてあげるのがいいと一般的には言われます。下痢で水分を奪われるため、水を飲みたがるでしょうが、一度にたくさん与えず、少しずつ飲ませるほうがいいかもしれません。詳しくは動物病院でお尋ねください。

また、前述したように、腫瘍・ガンが隠れていた場合、軟便や下痢になる時と、健康なウンチが出る時と、交互に繰り返すようなこともあるので、治ったからと安心せず、そのような場合には、一度検査を受けてみることをお勧めします。


犬と暮らすあるご夫婦のお宅では、ご主人が仕事から帰ると、「ただいま」ではなく、「〇〇の今日のウンチはどうだった?」だそうです。そういうご家庭は多いのではないでしょうか。ウンチは健康のバロメーター。毎日のチェックを忘れずに、愛犬の健康を守ってあげましょう。
 
犬のトイレ後の始末を呼び掛ける看板

ウンチやオシッコのチェックはもちろん、愛犬のトイレ後の始末は忘れずに
 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。