イギリスでは、「Pet Behaviourist」という方々が活躍しているのをご存知ですか? トレーナーさんとも違う、行動治療ともちょっと違う、犬猫の気持ちをより重視した行動カウンセリングとは、どんなものなのでしょう?

問題行動という言葉をよく耳にするようになった昨今、“犬”という動物としての彼らをより理解して対処しようという風潮が高まっていますが、そんな中、日本でもペット心理行動カウンセラーとして活躍している方がいます。お仕事の内容やカウンセリングについてなど、お話をお聞きしてみました。

=Index=
・ペット心理行動カウンセリングって何?
・症例その1(ラブラドール・レトリーバー)
・症例その2(フレンチ・ブルドッグ)
・佐藤さんからのアドバイス

犬の“気持ち”を考えてカウンセリング

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈さん
「ただ行動学のみで考えるのではなく、そのコのムード(気持ち)を向上させ、正常に保ってあげることが大切です」(佐藤さん)
愛犬のしつけや行動に関して、何らかの問題が出てしまった時、真っ先に、誰に相談しますか? ある調査によれば、8割近くの人が獣医師に相談する、と答えたそうです。確かに、行動学やトレーニング面にも力を入れている動物病院もありますので、遠からず、近からず……といったところでしょうか。その他にも、名称はそれぞれに違うものの、トレーナーさんやインストラクターさん、訓練士さんなど、犬のしつけに関するプロもたくさんいます。

今回ご紹介するのは、「ペット心理行動カウンセラー」というお仕事をなさっている佐藤えり奈さんです。ちょっと聞き慣れない名称ですが、どういったところに特色をもつカウンセリングなのでしょうか?

「私が取り入れていますのは、日本では初導入となります、ピーター・ネヴィル博士ら考案によるEMRA(Emotional Mood Reinforcement Assessment)テクニックと呼ばれるものです。これは、犬の行動学を前面に押し出したものというのではなく、まずは、犬の気持ちやムード、精神状態といった心理面を考えるもので、それプラス、行動学の視点からの行動治療を行ない、問題を改善していくというものです」(佐藤さん)

感情を診断

う~ん……わかるような、わからないような……。もう少し説明をして頂きましょう。

「例えば、普段の生活の中で、犬としての欲求が満たされずに、フラストレーションがたまった状態が続いていたとします。それだけでも、無駄吠えとか、何かを破壊するといったような問題行動につながる可能性も大いにあるわけですが、こうしたメンタル面のことは、そのコの性格や年齢、性別、生活環境、飼い主さんの接し方など、いろいろな要素が複雑に絡み合っていることが多くあります」(佐藤さん)

個々に合った散歩の回数や内容に満足しているか、ふれあいは足りているか、充分遊べているか(犬としての適切な遊びができているか)、欲求に見合うだけ物が齧れているか(犬には結構これが大事な要素)……など、いくつかの項目をチェックしてムード診断を行うそうです。

この診断の結果、犬にとって不満要素が多い生活状況になっていると思われるようだったら、それらを改善し、犬の気持ち満足させてあげる、つまり、ムードを向上させてあげ、かつ、それを維持するところから行動治療プログラムが始まります。犬の気持ちをつくりなおす、とでも言ったらいいのでしょうか。

次に、強化行動の診断

「何らかの問題行動が出ている場合、その行動を強化するだけの犬にとっての利点、言い換えれば、報酬と言えるものがあるはずですので、何が強化因子になっているのかを探っていきます。例えば、飼い主さんに叱られること自体が強化因子になっている場合もありますし、飼い主さんのお話をよくお聞きしながら、それと思われるものを排除していくように努力して頂きます」(佐藤さん)

なるほど。トレーナーさんとも、今現在ある行動治療とも、その内容におけるスタンスが少々違うようですね。こういったカウンセリングというのは、海外ではわりとあるものなのでしょうか?

「ピーター・ネヴィル博士が20年前に始めた当初は、犬の精神科医?と笑われたこともあったそうですが、イギリスにおいては、現在、その地位を確立しつつありますね。アメリカでもこういったカウンセリングというのはありますが、多くは行動治療専門の獣医師さんが兼任なさっていることが多いようです。それに対して、イギリスでは、行動学者ですとか、動物看護師さん、そして人間の心理カウンセラーが活躍しているのが目立ちます。これは私の印象ですが、アメリカでは行動学といったサイエンスチックなものが優先され、イギリスではメンタル面の方をより優先して考えている、といった感じがします」(佐藤さん)

国によって、犬に対する考え方というものが、若干違うということでしょう。もっとも、それは両国原産の犬を見てもよくわかりますね。さて、次のページでは、ペット心理行動カウンセリングを、もう少しわかりやすくするために、佐藤さんに、イギリスと日本におけるカウンセリングの症例を挙げて頂きます。