実は、ガイドの愛犬も雷が大嫌いでした。留守にする時など、もし雷が来たら……とドキドキしたものです。できれば治してあげたい雷恐怖症。何かいい方法はあるのでしょうか? そもそも、雷恐怖症とはどんなものなのか? その対策などについて、サンディエゴ在住のドッグトレーナーさんにお話を伺ってみました。ちょっと注目のグッズもあるんですよ?


雷恐怖症って、何?

愛犬達
グリーンウッド・アツコさんの愛犬達。向かって左より、Mercury君、Mistyちゃん、Venusちゃん。
人間でも犬でも、雷がまったく平気な人・犬もいれば、どうにも怖くて仕方ないという人・犬がいます。犬の場合は、どうなのでしょ?

グリーンウッド・アツコさん:
犬の場合の雷恐怖症とは、雷発生時、もしくは発生以前から、犬が見せる心理的・生理的に異常なまでの恐怖反応(パニック)を示すフォビアを言います。主な反応としては、息づかいが荒くなる・よだれを大量にたらす・体の震えが止まらない・家中をウロウロして落ちつかない・お風呂場(水辺)に逃げ込む・お漏らしをする・嘔吐する・水や食べ物を一切受けつけない・逃走・破壊行動、などが挙げられます。

ガイド:
程度にもよるのでしょうが、私の愛犬も周囲の物事が目や耳に入らないほどの様相を見せていました。

グリーンウッド・アツコさん:
そうですね。飼い主さんが食べ物やオモチャを使って気を紛らわせようとしても、反応できないほどのパニック状態になっていることが多いです。

ガイド:
そうなる原因としては、何が考えられるのでしょう?

グリーンウッド・アツコさん:
原因として考えられるのは“音”や“光”に対する恐怖のほかに、“気圧の変化”や、雷雲から発生する“静電気”に恐怖反応を示している場合が多くあり、お風呂場(流し台)に逃げ込む犬が多いのも、体内に溜まった静電気を放電しようとする行為と考えられます。また、雷雨による“オゾンの匂い”にも反応していると言われています。


恐怖体験が積み重ねられることで、克服が難しくなってくる

ガイド:
明らかに個体差はあるでしょうが、雷恐怖症が発症する年齢的なものとか、何かしら条件のようなものはあるのでしょうか?

グリーンウッド・アツコさん:
発症年齢は2歳前後との報告が多く、性別、去勢・避妊の有無にはあまり関係がないようです。残念なことに、この雷恐怖症は、年齢とともに悪化する傾向にあります。これは「学習された反応」と言って、犬の恐怖の記憶は、その体験時に目に映った映像(イナズマの光)・音(激しい雨音・雲間放電のゴロゴロの音)・体に感じる不快感もしくは痛み(気圧の変化・静電気)・匂い(オゾン)などを瞬時に記憶し、その後、似たような刺激や環境に遭遇した時に、その恐怖体験がよみがえってくるため、雨や強い風、または空が曇ってきただけで恐怖反応を示すようになる犬も多くいます。恐怖の対象が徐々に広がっていってしまうのです。そして、この雷による恐怖体験を重ねていくうちに、「やっぱり、雷は怖いもの」と犬が確信してしまうところに、雷恐怖症の克服の難しさがあります。

ガイド:
確かに、治しにくいものであるということは、私自身も体感しています。これまでは、雷の音を録音したものを使って徐々に慣らしていく方法などが一般的には知られていましたが、これを治す、トレーニングするといった観点からはどうでしょうか?

次のページでは、雷恐怖症の矯正トレーニングについて、注意すべき点などについてお話頂きます。

「恐怖症」の緩和・克服には、“脱感作療法”と“逆条件づけ”

ストーム・ディフェンダー・ケープ
体内に蓄積された静電気を取り除くことで帯電から犬を保護、雷発生時の静電気による犬の不快感を緩和するストーム・ディフェンダー・ケープ。
ガイド:
では、実際に雷恐怖症を治したいと思ったら、どうしたらいいのでしょうか?

グリーンウッド・アツコさん:
雷恐怖症のみに関わらず、「恐怖症」と呼ばれる問題の緩和・克服には、“脱感作療法”と“逆条件づけ”という方法を組み合わせるやり方が一般的です。脱感作療法とは、音響テープなどを使って、小さな刺激から徐々に恐怖の対象に慣らしていく方法です。それと同時に逆条件づけと言われる、恐怖反応を引き起こすマイナスの刺激に対し、それに拮抗するプラスの刺激を条件づけることによって恐怖反応を減少させていく心理療法です。

ガイド:
例えば、雷の音を録音したテープを、怖いとは感じない程度の小さな音量から少しずつ段階を追って慣らしていく。そして、雷の音が聞こえる度に、それよりももっと楽しいこと、いいことが起こるように仕向けるということですね? ガイドの愛犬も、その手を使いました。でも、こうした手法を取り入れるにも、注意点などがあるかと思うのですが。


雷のシーズンを避けてトレーニング

雷の時に受ける犬のストレスはかなりなもの
雷恐怖症の犬では、雷時に唾液中のコルチゾールが倍以上に分泌されるという話もあり。
グリーンウッド・アツコさん:
はい、二つほど注意点があります。近年は手軽に音響テープやCDが手に入るために、それらを使って試される方も多いかと思いますが、すでに犬が「恐怖症」を発症してしまっている場合には、細心の注意が必要です。脱感作療法の仕組みをよく理解しないまま、単に「慣れさせればよい」のだと軽く始めてしまうと、期待どおりの効果が得られないほか、症状を悪化させてしまうことがあります。特に雷恐怖症の犬に脱感作する場合は、始めるタイミングや時期がとても重要になります。

ガイド:
タイミングというと?

グリーンウッド・アツコさん:
脱感作療法の第一条件として、「試行中は絶対に強すぎる刺激(恐怖の対象)にさらしてはいけない」という鉄則があります。ということは、脱感作療法中(慣れさせている段階)では、犬に本物の「雷」を体験させてはいけないのです。雷のシーズンを避けての練習が必須条件になります。

ガイド:
そうなんですかぁ。つい、雷のシーズンこそ練習したくなっちゃいますよねぇ。


冷静な態度で臨むこと

グリーンウッド・アツコさん:
もう一つは、飼い主さんの過剰な反応(同情・叱責)が、恐怖症の犬の症状を悪化させる原因になる可能性があります。冷静な対応が求められますが、犬自身が「助け」を求めてきた際には、静かに声をかける、ゆっくりとやさしく撫でるなどで対応してあげてください。

ガイド:
つい可愛そうに思えて甘やかしたり、逆に無視を決め込むようなケースもあるかと思いますが。

グリーンウッド・アツコさん:
そういう対応の仕方は、後々の犬との信頼関係に悪影響を及ぼす場合があります。犬から見た信頼できる飼い主としての条件の一つに、「安全・安心の確保」があります。飼い主さんに守ってもらえないと誤解した犬は、自己防衛意識が高まり、別の問題行動につながる恐れがあるので注意が必要です。

ガイド:
なるほど。そういった点に気をつけてトレーニングをすれば、ある程度の効果は期待できると思ってもいいでしょうか?


雷恐怖症の、新しい対応法

グリーンウッド・アツコさん:
正直、雷恐怖症に関しては、音響テープのみによる克服には限界があると感じています。雷恐怖症の要因の一つと言われる気圧の変化、雷雲から発生する静電気など、「犬の体に感じる不快感(恐怖感)」を実際の雷時に取り除いてあげることができないからです。テープの音には慣れたものの、実際の雷にはいまだパニックになる…ということが起こるのです。つまり、多くの犬が本物と偽物の音とを聞き分けてしまうと。

ガイド:
ガイドの愛犬も確実に聞き分けていましたねぇ。

グリーンウッド・アツコさん:
あまりにも症状がひどい場合には、安定剤や自然由来の療剤(レメディ)をお勧めしますが、あくまでも一時的な対処法であって、犬自身が「雷は怖くないもの」だと学ぶことはできません。

ガイド:
では、もっと効果的に、「雷は怖くない」と学ぶことができるものってないのでしょうか?

グリーンウッド・アツコさん:
一つ、注目のグッズがあるんですよね。

そのグッズについては、次のページでご紹介します。

雷発生時の静電気による不快感を緩和する犬用ケープ

ケープをまとってスヤスヤ…
個体によって効果が出るまでには差があるものの、雷が鳴っていても落ち着くことができる犬が多いよう。
ガイド:
グッズというと?

グリーンウッド・アツコさん:
『ストーム・ディフェンダー・ケープ』というものですが、これは特殊加工を施したメタリック素材により、犬の体内に蓄積された静電気を取り除くことで帯電から犬を保護し、雷発生時の静電気による犬の不快感を緩和する効果があるものなんです。アメリカでは、犬の雷恐怖症の原因の一つとして静電気説が発表されてから15年以上が経ちますが、エンジニアでもあり、愛犬家でもあるThomas Critzer氏(2005年他界)が、ご自身の愛犬の雷恐怖症を克服したいという願いから研究・開発されました。

ガイド:
雷の時に着ているだけというなら簡単ですよねぇ。

グリーンウッド・アツコさん:
静電気説を発表した、米国タフツ大学教授であり、獣医師であるニコラス・ドッドマン氏の下で 、ストーム・ディフェンダー・ケープが臨床実験され、報告書が一般公開(主に獣医師向け)されました。効果の出方には個体差がありますが、実際に使用なさった飼い主さんからも、雷の度にパニックを起こしていたコが、数回の使用で落ち着いて横になれるようになった、などの感想が寄せられています。


“雷は怖くない”と学習をし直す

サンディエゴの犬達
できるなら、雷恐怖症を克服して、元気な夏を過ごさせてやりたいもの。
ガイド:
そう聞くと、何やら魔法のケープのようにも思えてしまいますが、要は一度学習してしまった恐怖を、体に感じる不快感を取り除いてやることで犬をリラックスさせ、雷は怖くないものだともう一度学習し直させるためのもの、ということですね?

グリーンウッド・アツコさん:
そうです。子犬からシニア犬まで、安心して使用できるものなので、雷恐怖症の対策の一つして、選択肢に加えてみてもいいのではないでしょうか。これは私の経験なのですが、実は、我が家の愛犬の1頭が、車に乗ると息が上がり、体を振るわせることがよくあります。もしかして?と思いこのケープを着用させて車に乗せたところ、体の振るえが止まりました。車酔いと静電気との関係が示唆されることもありますので、臨床実験されていない分、確かとは言えませんが、もしかすると犬の車酔いにもこのケープが効果を発揮するケースがあるのかもしれません。

ガイド:
それが本当なら、応用できる範囲も広がりますねぇ。効果はともかく、それにただ頼るというのではなく、愛犬の様子や反応をよく観察し、気配りしながら矯正トレーニングに励んで頂きたいと思うガイドです。今日はお話をお聞かせ頂き、ありがとうございました。

雷恐怖症の犬と暮らすオーナーの皆さん、今年こそは克服できるといいですね。どうぞ健やかな夏が訪れますように!


【プロフィール】
Greenwood Atsuko(グリーンウッド・アツコ)さん/ドッグトレーナー
2004年、ベルジアン・シェパード・ドッグ、ドーベルマン、柴犬ミックスの3頭を連れて再渡米。2006年、サンディエゴにて、ペット・ドッグトレーナー育成プログラム終了、トレーナー資格を修得。米国APDT (Association of Pet Dog Trainers)会員。アメリカ赤十字社「犬と猫の応急処置」プログラム終了証保持。応用行動分析学における「行動の法則」を基に、犬の問題行動の矯正に力をいれて活動中。現在、犬猫7頭と一緒にサンディエゴ在住。

【ストーム・ディフェンダー・ケープの商品情報】
発売元:Storm Defender, LLC
日本向け正規販売代理店:Canis(mail; info@canis.ocnk.net)
※2017年4月をもって、こちらのサイトでの「ストーム・ディフェンダー・ケープ」の取り扱いは終了しております。

ストーム・ディフェンダー・ケープは、Storm Defender, LLCのU.S.Patent(特許)登録商品(No.6694925 )です。
サイズは「Tiny」(首輪~尻尾の付け根までの長さが17cm~25cm対象)より「Giant」(同じく76cm以上)まで、7サイズを用意。値段は\6.400~\7.600(税込)、日本語説明書付き。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。