愛犬に、今ストレスがかかっているかどうか知りたい、と思ったことはありませんか?

なんと、犬のストレス度をチェックできる測定器を開発した会社があります。その測定器とはどんなものなのでしょう? そして、犬にとってのストレスとは?

=Index=
・パッドの発汗量から犬のストレス度を測定
・ストレッサーになるものは様々
・ストレスから病気になることも/ストレスサインを見逃さない

パッドの発汗量から犬のストレス度を測定

『(有)ライブエイド』の開発による、ペット用ストレス測定器
パッドの発汗量から、そのインピーダンスを測定することでストレスレベルを測る『ペット用ストレス測定器』。<写真提供/(有)ライブエイド>

何かにストレスを感じた時、人間は汗をかくことがありますよね? いわゆる、精神的発汗というものです。犬が人間のように汗をかく場所としては、パッドが知られています。

そもそも汗腺というものには、大汗腺(アポクリン線)と小汗腺(エクリン腺)というものが存在しますが、べとべとした感じの匂いがする汗が出るのは前者、後者は匂いのない水分量の多い汗を出します。人間の脇の下にあるのがアポクリン腺と言ったらわかりやすいでしょう。全身にかく汗はエクリン腺によります。犬では、これが逆。パッドではエクリン腺が発達しています。全身にアポクリン腺があるものの、体温調節の役目はあまり期待できないので、犬はひたすらパンティングすることによって体内の熱を放散させています。

こうした犬の汗腺機能から、これまで犬の精神的発汗量を測定することは、その量がごく微量であるがゆえに困難と思われていました。が、電極間に微弱な電流を流し、パッド表面の皮膚インピーダンスを測定することで、犬のストレス度を判断できる測定器を、この度『有限会社ライブエイド』(石川県金沢市)が開発しました。

商品化後の発売予定は2009年3月予定

代表取締役社長中田氏の愛犬ソラちゃん(M・ダックス、♀、5歳)
中田社長ご自身、愛犬ソラちゃんに試してみたところ、叱られた時が一番ストレスが高いという結果が出たそうだ。
研究・開発にあたっては、石川県工業試験場や岐阜大学工学部の技術的支援などがあり、試作器の完成にこぎつけたそうです。現在、試作器(上記写真)は関西地区の大学獣医学科において臨床実験が行われているとのこと。商品化後の発売予定は2009年3月(販売予定価格75万円)。一般の飼い主さんが購入するには少々高額ですので、ペット関連施設などで目にできるようになるのかもしれません。ちなみに、このペット用ストレス測定器は、第44回石川県発明くふう展で(財)石川県産業創出支援機構理事長賞を受賞しています。

さて、この測定器、どう使うのかというと、二つの黒い四角の部分(電極)に犬の前足をそれぞれ乗せ、スタートボタンを押すと、約20秒ほどで測定値と総合評価および自律神経のバランスが表示された測定結果がプリントアウトされて出てくる仕組み。

同社の代表取締役社長中田氏は、愛犬のソラちゃん(ダックスフンド、5歳、♀)で測定器をいろいろと試してみたそうです。

「叱られた時の測定値が一番高い、つまり最もストレスを受けるという結果が出ました。叱った後の測定値が元の状態に戻るまでには15分くらいかかり、犬は物事をわりとすぐに忘れると聞いていましたので、これには意外でした。それからというもの、ソラにはあまり叱らないようにしています」

昨今では、叱らずにしつけるというトレーニング方法が広く浸透しつつありますが、その主張を裏付けるような結果ですね。

ペット用酸素カプセルも同時商品化

同社では、このペット用ストレス測定器の他に、ペット用酸素カプセルも同時商品化予定とのことです。酸素カプセルとは、中の気圧を上げることで、全身の細胞に融解型酸素を供給し、自然治癒力や免疫力に働きかけ、疲労回復やリラックス効果を始め、ダイエット効果、ストレス解消、コンディショニングケアなどが期待できるというもの。有名スポーツ選手が使用したことでも知られています。

ペット用の酸素カプセルは、出入りの容易さ、耐久性、品質向上などについて市場の意見を取り入れた結果、ハード素材を使用すると共に、省スペース化を重視したものになる予定とのこと。販売開始予定は2009年3月、販売価格は120万円。我らが犬達も、酸素カプセルを使ってストレス解消をする時代がやってきたということでしょうか。

ここで、そもそもストレスとはどういうものなのでしょうか? 次のページからは、ストレスについてのお話を。

ストレスには悪者ばかりじゃなく、いいヤツもいる

母犬や兄弟達と子犬期を充分に過ごしたコ達
生後2ヶ月くらいまで母犬や兄弟達と育った子犬は、ストレス耐性が強いと言われる。
“ストレス”と聞いただけで、何かいや~なものをイメージしてしまいがちですが、実は人間や動物にとって、ある程度のストレスは必要でもあると言われます。人間において、かつてアメリカで行われたというある実験によれば、被験者にストレスのない環境で生活を送らせたところ、体温調節機能が低下したり、幻覚を見るようになったなどの影響が表れたそうで、この実験結果からも、ある程度のストレスが心身のバランス維持に関係していることが伺えます。

そういった意味では、「ストレスのない生活」といった表現は言葉的には間違い。正しくは、「ストレスの少ない生活」ということになるのでしょうね。

元来、私達生物の体は、何かしら刺激(いわゆるストレス)を受けた時に、自分自身の体を本来あるべき安定した状態に戻そうとする力が備わっていますが、それがホメオスタシス(恒常性)と呼ばれるものです。高等動物においては、神経系・免疫系・内分泌系が相互に作用しあってホメオスタシスが保たれています。

何がストレッサーになるかは、その個体次第

では、ストレスの元となるもの(=ストレッサー)には、どのようなものがあるのでしょうか? 不安や緊張、悲しみ、恐怖、対人(犬)関係など、精神的・心理的なものをまずは思い浮かべる人が多いことでしょう。病気や痛み、薬の影響といった生理的、または科学的なストレッサーもありますし、暑さや寒さ、騒音、居住場所が不衛生だったり落ち着けない、遊びや運動が不足で刺激が足りない、などの環境的なものがストレッサーになることもあります。

何をストレスと感じるかということは、その個体の性格や生活環境などによっても大きく違ってきますので、何がストレッサーになるか?ということは簡単には語れないのが難しいところです。例えば、他の犬と遊ぶのが大好きなコにとってはドッグランに行くのは楽しいことでしょうが、他の犬が苦手なコにとっては楽しいどころか、ストレスになり得るということ。

愛犬に、少しでもストレスの少ない生活を送らせたいと思うのであれば、そのコの性格や環境などを観察し、それを把握することが大切です。場合によっては、飼い主の接し方や態度そのものがストレスの元になっていることもありますので、自分自身を見つめなおすということも必要です。愛情過多もストレッサーになり得ますので、お気をつけください(笑)。

ストレス耐性は育てることも可能

人間でも犬でも、ストレスに強い個体、弱い固体というのが存在します。犬の場合、社会化の重要性を訴える声は近年そこここで聞かれるようになりましたが、生後2ヶ月くらいまで母犬や兄弟達と過ごした子犬は、ストレス耐性が強いと言われています。早くに母犬から引き離されてしまった子犬は、ストレス閾値が低く、ストレスに対して弱い傾向にあるとされます。

ということは、犬のストレスを考えるのであれば、子犬の時期の育て方や環境にも留意する必要があるということになります。

さて、ストレスが心身に悪い影響を与えるとしたら、どんなことがあり得るのでしょうか? 次のページに続きます。

長期・過度のストレスは病気につながることも

楽しそうに他の犬と遊ぶ様子
何がストレッサーになるかは個体によって差があり。ストレスサインをうまくとらえて、少しでもストレスの少ない生活を。
ストレスに大きく関係するのが、自律神経(自分の意志とは関係なく、心臓や血管、内分泌腺、内臓などの機能を調整する働きをもつ神経)の働きです。これには、交感神経と副交感神経とがあり、ストレス時に優位に働くのが前者、リラックス時には後者が優位に立ちます。

なんらかのストレスを受けると、心臓の拍動が増加することで脳や筋肉により多くの酸素や糖を送り出したり、肝臓ではグリコーゲンを分解して血糖値を上げることで脳や筋肉へより多くのエネルギーを供給しようとしたりしますが、言ってみればこれらは心身の平和を乱すものに対する緊急用対策。よって、本来は長期にわたってその態勢を維持できるものではないので、キャパ以上の過度または長期のストレスを受けると、ホメオスタシスのバランスにも乱れが生じ、やがて様々な影響が出てくることになってしまいます。

免疫系に異常をきたせば感染症に罹りやすくなったりしますし、動脈硬化などの心臓疾患、癌、性ホルモンの分泌低下……など、種々の病気に影響を与える他、もちろん内面的なものに影響を及ぼすことも。

ストレスサインを見逃すな!

できれば、愛犬をストレスから病気になんてさせたくないですよね。そこに至るまでの間、つまり何らかのストレスを受けている時には、それなりのサインというものが見られることが多いはずです。以下に、その代表的なものを書いておきましょう。

■舌なめずりをする・あくびをする・床や地面の匂いを嗅ぐ・顔をそむける……などの、いわゆるカーミングシグナルが見られる。
■落ち着きがなくなる。集中力が低下する。
■物事に過剰反応する。
■攻撃的になる。
■震える。
■息づかいが荒くなる。
■クルクル同じ場所を走り回るなど、同じ行動を何回も繰り返す行動が見られるようになる(=強迫・常同行動)。
■自分の体を何度も舐める・掻く・噛むなどの行動が見られるようになる(=転位行動)。
■吠える。
■食欲の低下。
■排泄の回数が増える。トイレの粗相。下痢。便秘。
■アレルギー症状が出る。
■脱毛、フケ、乾燥肌など、被毛や皮膚に変化が表れる。
■目の充血。
■口臭や体臭が強まる。           etc.
    

ストレスが感じられたら、少しでもその改善策を

気をつけなければならないのは、上記のようなサインが見られたとしても、それが必ずしもストレスと直結しているとは限らないということです。病気からきている可能性もありますし、特にカーミングシグナルについては犬の普段の行動と際立った違いが認められないことから、そのサイン(行動)のみに集中してしまうのではなく、犬の性格や、犬がその時どういった状況にあったのか、飼い主との関係など様々な要素から判断する必要があります。それには、多少の観察眼と慣れも必要かもしれません。

トレーニングにおいて、ご褒美というものが多用されますが、何か新しいものを覚えるにあたって、犬がそれなりのストレスを感じているケースもありますから、トレーニングの仕方によっては、ご褒美(=犬にとっていいこと)でストレスを差し引くと考えると、理に適った部分もあるのでしょう。

近年では、“飼い主としての義務・責任”といった言葉が氾濫していました。犬と暮らす以上は飼い主としてそれなりの意識を持って生活する、それは当然のことでしょう。が、その一方で、益々犬を“管理する”といった傾向が強まったように思え、人間の生活に組み込まれれば組み込まれるほどに、いいにつけ悪いにつけ、犬達にはストレスが増えているように感じるガイドです。

犬のストレスを軽減できるのが人間であれば、作ってしまうのも人間。共に暮らす中で、肩を張り過ぎず、考え過ぎず、なるべく自然体で犬と過ごしたいものです。そうすればストレスも少しは少なくなるはずですから。


【関連サイト】
有限会社ライブエイド(ストレスレベルの測定器など、健康機器の研究開発・販売を行っている)
=================================================================
*イベント情報や各種キャンペーン情報などについてはメルマガでお知らせしています。そういった情報を是非告知したいという方は、「問い合わせ」よりご連絡下さい。ただし、すべての情報をお知らせできるとは限りませんことをご了承願います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。