失敗させない環境を作る・タイミングよく褒める

犬がやってきたその日からトレーニングを
最大のポイントは、失敗させない環境を作ることと、タイミングよく褒めること。
犬がやってきたその日から、早速始まるのがトイレトレーニング。さぁて、これからどうしようか……と頭を悩ます前に、すでに準備は整っていますか? 

●できれば、広めのサークル。屋根付であればなおよし
●犬の寝床となるベッド、もしくはバリケンタイプのもの
●トイレシート
●タオルや防水シート、新聞紙、消臭剤など必要に応じて

トイレトレーニングの最大のポイントは、いかに失敗をさせずに、丁度いいタイミングで褒めてあげられるか、この二つです。

=Index=
・寝床とトイレの設置場所
・褒め方叱り方の注意点
・遊ばせる時間と範囲

寝床とトイレとの関係

犬を迎える前に、必要なものは揃えておこう
最初から部屋で自由にさせてしまうとトイレの失敗に結びつきやすい。最初は限られたスペースの中での生活を。
失敗をさせない環境作りの一つとして、使用するグッズ類や、トイレの設置の仕方などにも気配りをしたいものです。上記の用意しておきたいトイレグッズの中に、「できれば広めのサークル」「もしくはバリケンタイプのもの」とあるのは何故でしょう? 

犬は元来、出入り口以外、周りをすっぽりと囲まれたような巣穴で生活をしてきた習性があることから、今でもそうした寝場所を好む傾向にあることはよく知られています。巣穴の中を糞尿で汚してしまうと自分達の居場所を嗅ぎつけられてしまう可能性も高くなりますし、また病気の予防といった観点からも好ましくありません。もっとも、犬達自身にそういった意識があるかどうかは別として、自然の理にかなった解釈であることは間違いないでしょう。ですから、子犬がまだ小さいうちは、母犬が子犬の排泄を舐めて対処しますし、子犬も段々と成長するにつれて巣穴から離れた場所で排泄をするようになっていきます。

犬が持つ、こうした習性と本能を理解して、寝場所やトイレを用意してあげたいですね。周囲が囲まれた、巣穴を連想させる作りの寝床であれば、犬もより安心するでしょうし、汚しにくいはずです。普通のベッドタイプの寝床であるなら、最初のうちはバスタオルなどで全体をくるんでやってもいいかもしれません。

サークル内を広めにするのは、寝床とトイレ場所との距離をできるだけ作るため。その距離が近いと、両者の区別がつきにくくなってしまうことがありますのでご注意を。また、サークルで囲むのは、その他の場所での失敗を防ぐ、といった意味合いもあります。屋根が付いたものであれば、飛び出しも予防できますので。

トイレシートを“トイレ”と覚えさせる

トイレの場所を覚えさせるというよりも、トイレシート自体をトイレと覚えさせるように仕向けることで、お出かけ時も便利に活用できます。最初のうちは、とにかくトイレシートの上で用を足したことを褒めてもらえるという状況をたくさん作る、つまり失敗しない状況を作り上げるためにも、シートはサークルの床全面に敷き詰めます。

よく観察していると、その子によって好みのトイレスポットというものが何ヶ所かあることに気づくと思います。例えば、右端ばかりでするとか、真ん中でしかしないとか。そうしたら、排泄をしない場所のシートは片づけてしまい、少しずつ範囲を狭めていって、最終的にトイレ場所にしたい位置に近づけていきます。

中には、シートが滑ることが気になって排泄できない子もいますので、滑り止め対策もしておいた方がいいでしょう。また、トイレトレーの段差が気になるという子もいますから、最初のうちはシートだけのトレーニングの方が望ましいと思います。それから、布団やクッションの上などふわふわしている物の上に何故かオシッコをしたがることもありますので、粗相を呼びそうなものは近くに置かないようにするといいですね。

次のページで、飼い主さん数組に、トイレトレーニングで成功した点や失敗についてお聞きします。

排泄中の“声掛け”で言葉を覚えさせる

チーチーは?
「オシッコ」「チーチー」「トイレ」などの言葉を教えることで、排泄を促すことができる。
Aさん:
「トイレをする度に、“オシッコ”“ウンチ”と歌うような感じで明るく声を掛けていました。そうしたところ、この言葉を覚えてくれましたので、今では出かける前に“オシッコは? ウンチは?”と言うとトイレに向かいます。出かけた先でもこの言葉でトイレができるので助かります」(シェットランド・シープドッグ)

ちゃんとトイレができた後には、充分褒めてあげる必要があるのは言うまでもありません。しかし、そのタイミングが大事。褒めるのは、まさに排泄をしているその最中か、し終わった直後がベストです。

成功には褒め、失敗にはそれを意識させるor無視

Bさん:
「例えトイレを失敗しても、それは無視して、敢えて叱ったりしないようにしました。おかげでわりとスムーズにトイレを覚えてくれたように思います」(ポメラニアン)

Cさん:
「している場所が違う時に、つい“あ!”と大きい声を出してしまったことがあるんです。生来、神経が繊細な子なせいか、トイレをすること自体がいけないことと思ってしまったようで、それ以来なかなかトイレをしてくれず、ぎりぎりまで我慢するようになってしまいました……。声の掛け方や態度をもっと気をつければよかったと反省しています」(シェットランド・シープドッグ)

予防策を取ったとしても、必ず毎回トイレを成功するとは限りません。失敗した時にはどうするか? それは、その現場を見た時と、見ていなかった時とで違ってきます。見ていない時に粗相をしたのであれば、それはまったく無視をして、さっさと片づけてしまうのがベスト。粗相をしている現場を見つけた時には、叱ると言うより、「そこは違うでしょ?」とその行為を意識づける意味で気づきを与えてあげるといいのですが、これには注意が必要です。

手を叩いたり、「あ!」というような声を出すことで「場所が違うよ」と犬にサインを送ることが可能ですが、その子の性格によってはこうした音や声が「叱られている、怒られている」と感じてしまうこともあり、萎縮してしまって次回からトイレがうまくできなくなってしまうということもあり得るからです。

それとは逆に、失敗した時の飼い主のリアクションが面白くて、犬にとって一種の遊びになってしまっているケースもあります。このように飼い主の言葉や行動が、場合によっては犬に負の印象を与えてしまったり、予想外の癖をつけてしまうケースもありますので、自分の子の性格をよく見て、自分自身の言動にも気を配るようにしましょう。

中にはCさん宅の子のようなケースで、我慢し過ぎて膀胱炎になってしまったという例もあります。トイレの問題はそれだけ繊細だということです。

小まめにトイレに誘導

Dさん:
「“チーチーは?”と声を掛けながら、なるべく小まめにトイレに行かせるように、気を引きながら誘導しました」(ミニチュア・シュナウザー)

Eさん:
「うちは滑車付のサークルを使っていましたので、夜は私の寝室までゴロゴロと移動させていました。目が届く範囲にいれば、褒めるのも、トイレの後始末もすぐに対処できますからね」(トイ・プードル)

子犬がトイレに行きたくなるのは、寝て起きた後、食事の後、水を飲んだ後、遊んだ後……などいくつかタイミングがあります。因みに『ダンバー博士の 子犬を飼うまえに』(イアン・ダンバー著/レッドハート株式会社)によれば、子犬の膀胱がオシッコで満たされる時間について、生後3週齢で45分、生後12週齢で90分、生後18週齢で2時間とあります。成長と共に膀胱も少しずつ成犬のものに近づいていくのがこの時間からもわかりますが、生きているもの、かっちりこの時間であるとも言い切れないながら、なるべく小まめにトイレに出してあげるのがいいということはよくおわかり頂けるでしょう。それが失敗させないことにも繋がるのですから。

また、抱いてトイレまで運ぶ人もいますが、できるだけ自分の足で歩いてトイレまで行くように仕向けましょう。中には抱かれたことが刺激となって、本当は排泄をしたくてもそのまま止まってしまう子もいます。自分の意思でトイレに向かわせるよう、誘導してあげるのが理想です。

次のページでは、更に飼い主さんの経験談が続きます。

サークルから出して遊ばせる時には、近い場所から少しずつ

先住犬にならってトイレを早く覚えることもあり
室内・室外両方でトイレができると何かと便利。
Fさん:
「サークルの外に出して遊ばせるようになった頃、最初から広い範囲で遊ばせてしまったことは失敗だったと思っています。トイレはある程度覚えてくれていたのですが、トイレに辿り着くまでに我慢しきれず、その手前で粗相してしまうことがありましたので」(シー・ズー)

前のページで述べたように、子犬の膀胱はすぐにオシッコで満たされてしまいます。失敗をさせずにトイレを覚えさせるという観点から言えば、トイレに間に合うよう、最初のうちはサークルの近くから、段々と距離を伸ばして遊ばせるように段階を踏んでトレーニングしましょう。目安としては、生後4ヶ月頃までには膀胱もある程度成長しますので、それまでは「時間」と「距離」に気配りする必要があります。

他犬や自分の匂いが刺激になることも

Gさん:
「我が家は多頭飼いです。先住犬がきちんとトイレを覚えてくれていたので、後からやって来た子についてはこれと言ってトイレトレーニングをした記憶がありません。全て先住犬が教えてくれたようです」(日本スピッツ)

五感のうち、犬の場合は最後まで嗅覚が残ると言われるくらい、犬は匂いに頼って生活をしています。先住犬を見て覚えるということも確かにあるでしょうが、他犬の匂いが刺激になるということもあります。マーキングの本能が芽生えてくると特に、他の犬の匂いがすると自分のオシッコをかけたくなるという習性を利用して、すでに大きくなった子の再トレーニングをすることも可能です。ただし、子犬であった場合には、他犬の匂いに不安を感じて、トイレをしたがらなくなることもありますので注意が必要です。

また、次のような例もあります。

Hさん:
「うちの子は残念ながら病気で視力を失ってしまいました……。ですから、トイレの場所を知らせてあげるために、自分のオシッコの匂いがついているトイレシートの一部分を切り取って、新しいシートに貼り付けておきました。それでトイレの場所がわかったようです」(ポメラニアン)

トイレトレーニングは、なにも子犬ばかりとは限りません。長いスパンで考えてあげるべき問題でもあります。

できれば室内・室外どちらでもできるように

Iさん:
「若い頃はずっとトイレは外だったのですが、ある程度の年齢になり、病気を患ってトイレに行くのもままならなくなってから、室内・室外両方でできるようにしておけばよかったと感じました」(柴犬)

近年、犬の寿命も長くなってきました。と同時に、長寿になったからこその病気が見られるようになったり、寝たきりなど介護の問題も身近になってきています。犬の生活も時と共に変化するということを考えれば、トイレも室内・室外両方でできるようにしておくことがベストでしょうし、理想でしょう。

よく外でトイレをするようになってから室内でしなくなったという話がありますが、散歩に出る前には必ず室内でトイレをさせてから出かけるようにする、などの癖をつけることで両方でのトイレが可能にできると思います。

前項の例のように、匂いを使って年齢がいった子でも室内トイレが可能になった子もいます。

Jさん:
「加齢と病気で倒れたことにより、なるべく体に負担にならないように、室内でもトイレができるようにならないものかと、庭でトイレをした後の土を少量、トイレシートの上に乗せてみました。最初はちょっと躊躇していましたが、ちゃんとシートの上にできた時には嬉しかったですねぇ」(パピヨン)

年齢がいくとしつけのやり直しは無理だと思われるかもしれませんが、状況とやり方によっては再トレーニングも充分可能であるということです。

排泄には生理現象以外の意味もある

最後に、犬が排泄をする状況について。

●生理現象
●マーキング
●病気の影響
(オシッコが出にくい、量や回数が多い、おもらしをする、など)
●興奮したり、緊張した時
●飼い主の気を引きたい時               など

犬が排泄をするのは、ただの生理現象だけであるとは限りません。病気が隠れていたり、精神的な問題が影響したりしていることもありますので、排泄の回数や様子はよく観察し、何かおかしいと感じた時には病院で診察を受ける、専門家にアドバイスを求めるなど対処するようにしましょう。

排泄は一生に渡って毎日続くものです。できるだけポイントを抑えて、犬も飼い主も気持ちよくトレーニングを重ねたいですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。