どれから食べようかなぁ、ボク迷っちゃう
フード選びはライフスタイルと愛犬の年齢や健康状況などを考えて。時々は健康チェックも。
「食は体をつくる」と言います。人間にとっても犬にとっても食べ物は大事なもの。少しでも体にいいものを食べたいと思うのと同様に、犬達にも安全で栄養のあるものを食べさせてあげたいと思いますよね。

しかし、これさえ食べていれば絶対に大丈夫というものは恐らくありません。年齢や健康状態、飼い主さんの生活状況などによって食事内容は変わってきます。

フードを選び方のポイントは「年齢・健康状況・生活スタイル」「安全性」「健康チェック」「考え過ぎずに、楽しむこと」の4つ。考え方・状況次第で、どんなものを与えるのかは変わってきます。5組の飼い主さんに、それぞれのフード事情を伺いました。あなたにあったフード選びの参考にしてみてください。

簡単便利で栄養バランスにも優れたドッグフード

「ドライタイプ」「セミモイストタイプ」「ウェットタイプ」と水分の含有量によって大きく3つに分けられるドッグフード類。中でも最も一般的なのはドライフード。手間がかからず、保存も長めにでき、わりと安価なのが特長です。缶詰やウェットタイプなどでも、最近ではフードと水のみで必要な栄養素を満たすことのできる主食目的の「総合栄養食」をうたうものも増えてきました。各メーカーの企業理念や内容物をチェック・比較して、自分が納得できるものを選びましょう。

栄養基準には、日本のペットフード公正競争規約で準拠しているAAFCO(American Association of Feed Control Officials:アメリカ飼料検査官協会)の基準や、NRC(National Research Council:国家研究協議会)の基準があります。

総合栄養食であることを表示するには、分析試験や定められた給与試験の結果によって証明されている必要があります。原材料として単品で10%以上含まれるものは必ず表記しなければなりません。また、原材料に「ビーフ」など、特定の素材を表記できるのは5%以上内容量に含まれる時のみ。それより下回る場合には「ビーフ味」「ビーフ入り」「ビーフフレーバー」というような表記になります。

ドッグフードには総合栄養食以外にも、おやつとしての「間食用」、嗜好増進や特定の栄養を調整する目的をもつ「栄養補完食」などがあります。どのタイプなのか、原材料に何が入っているのかを確認することもフード選びの基準の1つです。

ドッグフードの保存料・合成添加物は要確認!

ドライフードを例に挙げれば、封を開けた瞬間から空気や光などによって、少しずつフードの酸化が始まります。そのため、ドッグフードにも酸化防止剤や保存料などが使われることがよくあります。

犬は脂肪に対して嗜好性が高いことから、フードには脂肪がやや多めに含まれています。油脂を構成する不飽和脂肪酸は酸化しやすく、体内に取り入れられた後も酸化は止まりません。酸化で生じる過酸化物は細胞膜にダメージを与え、老化の促進・癌・免疫力の低下・心臓病……など様々な形で影響を与えます。

そこで、酸化に対抗する作用を持つビタミンEやCなどが、酸化防止剤として添加されています。微生物の増殖による腐敗を防ぐための保存料など、食品添加物にはほかにもいくつか種類があります。特に合成添加物に含まれる「BHA」「BHT」「エトキシキン」「プロピレングリコール」「亜硝酸ナトリウム」などは発癌性やアレルギー、内臓の機能障害などが報告されているので、こうした合成添加物が入っていないかも確認しましょう。

最近では、自然派の酸化防止剤として「ミックストコフェロール」(ビタミンE)や「クエン酸」などが使われるようにもなっています。また、保存料無添加をうたうフードも出てきていますが、長期の保存には向かないようです。封を開けたらなるべく早めに使いきるようにしましょう。

次ページでは、手作り食についてご紹介します。

手間がかかる分、愛情たっぷりの手作り食

手作りフード
自分の目で確かめた原材料を使えるのが、手作りフードのよい点。
手作り食のメリットは食材を自分の目で確かめられること。新鮮で愛犬に合ったものを作れます。けれど、栄養バランスには少々苦労することも。

手作り派の強い味方となるのが、犬の食に関する本や栄養成分のデータベースが記載されたサイトなど。政府機関が公表しているものや、簡単にカロリーが計算できるサイトなどがあるので、活用してみましょう。

ペットの栄養・食に特化したペット栄養管理士という資格もあります。資格を持つスタッフがいるショップなどで食事について相談してみるのもいいかもしれません。

手作り食の場合、サプリメントなどを追加するケースも多いようですが、ビタミンやミネラルにはそれぞれ過剰症・欠乏症というものがあります。特にビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンでは、免疫力低下や歯の異常、臓器軟部組織の石灰化などの過剰症が生じやすいのでご注意ください。

犬が1日あたりに必要とする平均的なカロリー量って?

もちろん、その子の状況などによって適宜調整をする必要がありますが、平均的なカロリー量の参考となる、犬の1日あたりの平均的な必要カロリー量計算式をご紹介します。

■ 生後4ヶ月齢まで
・3×(30×体重kg+70)Kcal

■ 生後4ヶ月齢~成犬
・2×(30×体重kg+70)Kcal

■ 成犬(健康)
避妊・去勢手術をしていない場合
・1.8×(30×体重kg+70)Kcal
避妊・去勢手術をしている場合
・1.6×(30×体重kg+70)Kcal

■ 高齢犬など運動量の少ない犬(健康)
避妊・去勢手術をしていない場合
・1.4×(30×体重kg+70)Kcal
避妊・去勢手術をしている場合
・1.2×(30×体重kg+70)Kcal

■ ダイエット中の犬
・1.0×(30×体重kg+70)Kcal

次ページで、5組の飼い主さんに食事についてお聞きしました。
5組の飼い主さんにご協力頂き、Q1:「同じ食事を与えている、または食事を替えた理由」、Q2:「食事の内容」、Q3:「食事で気をつけていること、苦労すること」などフードについてお聞きしてみました。

太り過ぎと診断されて、完全手作り食派に

紋次郎君(ポメラニアン、5歳)
手作り食に変更してからダイエットにも成功。毎日食事が楽しみな様子だという紋次郎君。
Aさん(主婦/50代)
紋次郎(ポメラニアン、5歳、♂)

A1:
「1歳半頃、太り過ぎに加え、肝臓の数値が高いと診断され、その頃から手作り食に移行しました。ドッグフードについていろいろな情報があったので、その時から完全手作り食を目指し、今に至りました」

紋次郎君のお食事
穀類(40%)+野菜(40%)+肉・魚(20%)に、水分をたっぷり摂れるような食事内容が基本です。
A2:
「穀類(40%)+野菜(40%)+肉・魚(20%)をベースにして、水分を多く摂れるような食事にしています。

本日の食事(右画像)は、牛肉、発芽玄米ご飯、大根、ジャガイモ、カボチャ、トマト、シメジ、ブロッコリー、生姜、ノニジュース、水素系サプリ、レメディ。毎朝、ヨーグルトに健康果樹のアロニアを入れて食べさせています」

A3:
「手作り食では食事のバランスが大変と言われますが、人間の食事と同じように作っているので、大きく偏っているとは思っていません。もちろん、犬に食べさせてはいけないと言われるものは除いているので、我が家の食卓からネギ類が消えました。

何でも好き嫌いなく食べてくれますので、特に困るようなことはありません。ただ、留守時や入院時などはドライフードにしていますが、手作りで柔らかい物を食べているせいか、硬いフードを食べると消化がよくないので、ふやかしてから食べさせています」

ガイドから一言:
「手作り食は手間が大変」とよく聞きます。けれど人間の食事をうまくアレンジしたり、一週間分程度を1食分ずつ小分けに冷凍保存したりすれば、意外に楽しく作れるものですよ。犬の場合、ヨーグルトが好きな子はわりと多いようですね。

アレルギーから完全手作り食派に(生食あり)

健太郎君と紅ちゃん(共に柴犬、14歳と1歳)
14歳の健太郎君。若さの秘訣は愛情たっぷりの手作り食。
Bさん(主婦/50代)
健太郎(柴犬、14歳、♂)/紅(柴犬、1歳、♀)

A1:
「1歳半までドッグフードも与えていましたが、アレルギーが出たので完全手作り食に変更しました」

健太郎君と紅ちゃんのお食事
生きた酵素が豊富な生の食材をふんだんに使用。
A2:
「魚肉類は生で与えるもの、煮て与えるもの、蒸して与えるものがあります。生の食材は骨付きラム肉、牛、鴨、蝦夷鹿、マグロ、カツオ、近海魚のお刺身、卵黄など。煮るものではスペアリブ、牛スジ、牛贓物、マグロの胃袋、マグロの目。蒸すものは鶏ネック、砂肝、鶏ガラ、豚足などです。

野菜も、毎食与える自家栽培のボルトジンユ(糖尿病予防効果のあるハーブ)とケール、そして葉大根、小松菜、よもぎなどは生で。ブロッコリーや人参、ごぼうなどは茹でて与えます。その他には、リンゴ、豆腐、納豆、ワカメ、いりこ・削り鰹、玄米ご飯、アボカドなどの食材も使います。非常食的に与えるドッグフードは、油を使わずに焼いたものを使っています」

A3:
「高たんぱく質の生ラム肉、生野菜はミネラルや生きた酵素が豊富。それらは自らの酵素で消化するので、加齢と共に減少する体内酵素の消耗量も減らすことができます。若々しく、健康を維持して長生きして欲しいために、こうした新鮮生食で酵素を体内に摂り込み老化を予防できる食事内容を続けています。ですから、食用油はできるだけ使わないよう、また、酸化がより早く進むと言われる肉の脂身は与えないようにしています。

生野菜を与えるようになってから道端の草を食べなくなりました。手作り食に充分な水分が含まれているので以前に比べて飲水量も減りましたし、手作り食の効果をそういった部分でも実感しています」

ガイドから一言:
犬の食事に関して、最近は生食が注目される機運もあります。栄養が豊富な反面、保存や安全面についてはより気配りが必要になるので、出来る限り新鮮な食材を選んであげたいですね。

美味しいものを食べさせたいと、ドライフード+手作り食派に

ニノ君(シー・ズー、9歳)
手作り食をプラスして肌のトラブルも改善に向かっているとか。
Cさん(主婦/50代)
ニノ(シー・ズー、9歳、♂)

A1:
「6歳くらいまではドライのみでした。あまり深い理由はないのですが、ドライだけだと美味しくなさそうな気がして、かわいそうに思い、少しずつ野菜を加えたりしたのが始まりです。ドライだけの時は股のあたりなどが赤くなって、病院にかかったりしていたんですが、手作り食を加えるようになってからは以前のように赤くなることは少なくなったような気がします」

ニノ君のお食事
基本はドライフードに、肉や野菜をトッピング。
A2:
「ドライフードに、茹でた豚肉、舞茸、インゲン、ブロッコリー、キャベツなどを加えています」

A3:「食事に関して特に細かくは気にしていません。人間の食べるものも安全なものであれば一緒に食べていますし。そのせいかちょっと太り気味かもしれませんが……」

ガイドから一言:
大なり小なり、体に何かしらの異常がある場合、原因が食事にあることも考えられます。また、食事で改善されることもあります。ニノ君の場合は手作り食材のトッピングがうまく体に合ったのでしょうね。食の影響が体に出ることもあるので、毎日のオシッコやウンチのチェックのみならず、皮膚や被毛のチェックも忘れないようにしましょう。



次ページでは、さらに飼い主さんのお話が続きます。

どんなフードでも食べられるようにと、その日の気分で手作り食メイン派に

凛雫ちゃん(シェットランド・シープドッグ、15歳)
散歩より食事が楽しみな(?)凛雫ちゃん。
Dさん(自由業/40代)
凛雫(シェットランド・シープドッグ、15歳、♀)

A1:
「一時、病気のために食べ物をほとんど口にしなくなり、危険な状態となったことから、少しでも食べられるものをと手を尽くしました。しかし、結局それが偏食へと繋がってしまいました。入院など何かあった時のことも考えて、今度はそれを直すため、どんな種類のフードでも食べられるようにしようと思ったことが、現在の食事スタイルとなっています。加えて、元々手作り食で育ったせいか、フード類を食べるとお腹の調子が落ち着かないこともあったので、胃腸をもっと強くしたいという意味もありました」

凛雫ちゃんのお食事
いろいろなものを食べさせることで好き嫌いを克服、お腹も強くなったようだと。
A2:
「完全手作り食の日もあれば、ドッグフードの日もあります。手作りの時は、牛や豚、レバーなどの肉、タラやマグロなど魚類、大根など茹でた野菜、チーズ、ゆで卵の黄身、パスタやうどんなど麺類、小魚や鰹節、リンゴや梨、ミルク、ビタミンEなどを。ビタミンEは老化予防、また特に長毛犬にとって皮膚や被毛の健康を維持するにも効果があるので。ドッグフードは結構種類を替えます」

A3:
「なるべく凛雫自身が楽しんで食べられるものを。そして、消化がよく、お腹を安定させてくれる食材を使い、フードは極力安全性の高そうなものを使うようにしています」

ガイドから一言:
犬にも食べ物の好き嫌いが見られることはあります。病気など、体調が思わしくないような理由でない限りは、食べないからと次々にいろいろなものを与えると偏食に繋がってしまうこともあるので、注意してください。栄養バランスには少々苦労するかもしれませんが、もしもある食べ物に危険性をはらむ物質が入っていた場合、いろいろな食べ物を与えることは、それらが体内に蓄積されることを予防するといった観点からも有効です。

愛犬にあっているから、ドッグフード(ドライ)派に

侑蘭君(チワワ、11歳)
侑蘭君にぴったりのフードを見つけるまでにはそれなりの時間もかかったよう。
Eさん(販売業/50代)
侑蘭(チワワ、11歳、♂)

A1:
「2才頃まで下痢をしやすく、食事量も不安定だったので、いろいろなフードを与えました。今のフードにしてからお腹の状態や食欲、体重も安定しているので、8年間ずっと同じものを与えています」

侑蘭君のお食事
決まったものを与えることで体調を安定させることができる。
A2:
「ラムと玄米を主体としたドライフードに、年齢と共に減少する栄養素を強化したシニア用のドライフードをプラスして与えています」

A3:
「2歳頃、ひどい下痢に苦しんだ時期があったので、だいたい決まった食事やおやつをあげるようにしています」

ガイドから一言:
食事内容を一定のものにすると、体調を安定させることができます。特に胃腸が弱い子や、お留守番の長い子、そしてお出かけの時などには向いていますね。ただし、同じものしか食べないわけですから、その分、栄養や安全性の面を考えてEさんのように納得できるものをチョイスしてあげましょう。

自分のライフスタイルと愛犬の状況を見てフード選びを

現在の食事内容にしているきっかけ、理由、考え方はさまざま。愛犬の健康を守ってあげられるのは私達飼い主です。愛犬の年齢や状況、自分の生活環境など諸々の要素を考えて、自分なりにベストだと思える食事をチョイスしてみましょう。

愛犬のフード選びのポイントを最後に再びまとめました。

■ 愛犬の年齢、健康状況、そして自分の生活スタイルなどを考慮する。
■ 食事内容の安全性について考え、比較検討する。
■ 時々は健康チェックをする。下痢や食物アレルギー、肥満、糖尿病など食の影響が何らかの形で体に出ていることもあるので、食事内容を見直す必要もあります。
■ 考え過ぎないこと。計算どおりにはいかないのが生き物。楽しむ気持ちも忘れないように。

幸せなことに、一昔前に比べてその選択肢はたくさんあります。あなたの愛情というスパイスがあれば、きっと愛犬も大満足のはずですよ!


■関連サイト
ペットフードの表示に関する公正競争規約・施行規則 (PDFでダウンロードできます)
犬のカロリー計算(獣医師広報板)
ドッグフード・おやつ・レシピ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。