小型犬に多い僧帽弁閉鎖不全

img1
金本先生の講義は、主にVT(獣看護士)を対象にしたプログラム

今年も臨床獣医学フォーラムの年次大会が9/15~17日の3日間、東京赤坂で開かれました。全国から集まった獣医師、獣看護士、獣医学生、そして一般市民が一緒になって動物医療の明日を考える試みも今年で8回目。今回のレポートは「心臓病」です。

img2
心臓病の第一人者、金本勇先生
講師はこの分野の世界的な第一人者である茶屋ヶ坂動物病院(名古屋)の金本勇先生。金本先生はわたしのパートナーの著書『二歩先をゆく獣医さん』(光文社)にも登場する名医で、人格的にも素晴らしい先生とお聞きしていたので、ぜひ一度お目にかかりたいと思っていたのです。

この日先生は、心臓病の中でも、とくに小型犬に多い「僧帽弁閉鎖不全症」についてお話しされました。「僧帽弁って何?」と思われる方も多いかもしれませんが、これは心臓の左心房と左心室との間にある弁のことで、心臓にとってとても大切な器官なんですね。なかでも左心房・左心室は、肺で酸素を得た血液を全身に送り出す役割を担っていることから、そこに損傷が生じると決定的なダメージにならないとも限りません。

img1
僧帽弁を支えているのは腱索という糸状の束

「僧坊弁というのはお坊さんが被っている帽子の形に似ているところからそうよばれているのですが、問題はこの弁が経年変化によりうまく閉じなくなり、心臓で血液の逆流が起こることですね。そうなると、身体に送るはずの血液が滞り、左心房が肥大して、最終的には全身に行くはずの血液が肺に戻ってしまう。それでいろんな障害が起きてくるわけです」(金本先生)
先生によれば、この病気はけっして珍しい病気ではなく、10歳以上の小型犬----ヨークシャーテリア、マルチーズ、キャバリアなどにはかなりの頻度で見られるそうです。

img1
10歳以上の小型犬と暮らしている人は要注意!


-->>具体的にはどんな症状になるの?



そのまま放っておくと大変なことになりますよ!

ようは、僧帽弁を支えている腱索(けんさく)という細い糸状の束が、ユルユルになって支えきれなくなり、悪くすると切れてしまうことで起こる病気といえますが、そのタイプには3つの種類があるとのこと。

(1)慢性型---- 腱索が徐々に伸びきって、血液の逆流する量が
         次第に増加する。数年かけて徐々に進行する

(2)急性型---- 腱索が突然プツリと切れて、逆流が一気に
         始まり、肺水腫(肺に水が貯まる)を
         起こして呼吸困難におちいる

(3)慢性からある日突然、急性に変化してしまうタイプ



「3つのタイプのうち、慢性型がもっとも多くて約60%、これに対して急性は10%、慢性から急性に変化するタイプは30%とされています。慢性型で比較的症状が軽いうちに発見されたものについては内科的な薬を服用することで維持が可能ですが、難しいのはやはり急性型と慢性から急性への移行型のケースですね。この場合は突然呼吸困難になったりしますから、内服薬だけの治療では維持が難しくなり、外科的な処置をしなければならなくなることもあります」(金本先生)

img1
僧帽弁が機能しなくなると心臓内で血液の逆流が起きる

ちなみに、症状の進行度を見る指標は次の4つとのこと。

 クラス1 
聴診すると心雑音が聞こえるが、逆流が少量のため、まったく症状が出ていない状態。この時点で飼い主が気がつくことはまれだが、定期的な健康診断のときに発見されることもある。

 クラス2 
血液の逆流量が少し増えるため、激しい運動をすると疲れやすくなる。レントゲン検査では心陰影がやや肥大して映る。この程度でもまだ飼い主は気がつかないことが多い。

 クラス3 
血液の逆流量が増加するため、疲れやすく咳が出る。レントゲン検査でも中等度の拡大と肺にもうっ血像が見られる。興奮時、失神することもある。この段階での来院がもっとも多い。

 クラス4 
逆流量が重度になるため、安静時でも呼吸が荒く、とくに夜間の咳がひどくなる。レントゲン検査でも重度に拡大し、肺に水腫像が見られるようになる。


img1
まずは咳をしだしたり、散歩を嫌がるようになったら要注意!

早期発見こそ最高の治療

「夜間に呼吸が苦しくなるのは、犬が寝ようとして身体を横たえると、心臓や肺が低い位置になるため、血液がそこにプールされやくなって負担が増えるからです。逆に日中は、犬が立っていたり座っていたりすることが多いため、血液が心臓や肺より下の位置にプールされることになり、負担が少なくなる。しかしながら、最終的には夜、横になって寝ることができなくなり、ずっとお座りをしたまま、ゼェゼェ言っている状態になってしまう。そんなかわいそうなことになる前に、早期発見、早期治療が欠かせないということですね」(金本先生)

img1
夜、横になって寝られなくなるなんてトンデモナイ話ですよね!

先生の説明によれば、急性型は10%ということで数は少なく、移行型も最初は慢性型だったわけですから、できるだけ慢性型のうちに見つけて対処するのがベストとのこと。そのためには飼い主さんの日頃からの観察と、動物病院での定期的な聴診がとても大切になります。最近はこの聴診をきちんとやらない獣医さんもいるという話を聞きますが、僧坊弁閉鎖不全症はクラス1の段階でもしっかり聞き取れるそうですから、7歳を過ぎた小型犬の飼い主さんたちは積極的に聴診してもらうことをおすすめします。

先生のお話では「咳が出る」「疲れやすい」「興奮時に意識を失い、一瞬パタリと倒れる」などの目で見える症状のほか、犬の寝る姿勢の変化からも呼吸の度合いを見ることができるとか。

●無症状 ----- 横になって気持ちよさそうに寝ている
●中等度 ----- 伏せの状態で寝るようになる
●重 度 ----- お座りの状態で首を伸ばしたまま寝る


伏せの状態で寝ることが多くなったら、ちょっと黄信号ということですね。

-->>どんな治療法があるの?



薬と運動制限と食事療法で安定を保つ

img1
今は早い段階ならとても良い薬があるそうです

さて、慢性型の僧帽弁閉鎖不全症が比較的早い段階(クラス1~2程度)で見つかったら、どんな内科的治療をするのか? 通常はACE阻害剤と呼ばれる血管拡張薬を使うことになります。これは、血管を拡張することで心臓が血液を送り出しやすくしてあげるという薬で、早い段階ではとても効果があります。場合によってはこれで安定して何年も生き続ける子もたくさんいるとのことですから、じつに頼もしい薬といえますよね。ただし途中でやめることはできず、生涯飲み続けなければなりません。

そして症状が進むにしたがって、クラス3では血管拡張薬に加えて強心薬と利尿薬を使い、クラス4になるとこれらのお薬の投与量を増やし、クラス4の急性型では利用薬と強心薬、血管拡張薬を毎日注射することが必要になるそうです。

 血管拡張薬 
動脈と静脈の両方を拡張させる薬
・エナラプリル(腎排泄)
・ベナゼプリル(肝腎両方から排泄)
・ラミプリル(肝腎両方から排泄)
・テモカプリル(80%以上肝から残り腎から排泄)
・アラセプリル(60%肝から40%腎から排泄)

 以上5種類は穏やかに作用する薬で、
 ほとんどが1日1回の内服になります
 (エナラプリルのみ1日1~2回)。


さらに症状が進むと、薬の種類が変わります。


静脈血管拡張薬
・通常ニトロと呼ばれる硫酸イソソルビド錠が使われます。
 ただこれは作用時間が短く、1日2-3回の服用が必要になります。

動脈血管拡張薬
・ヒドララジン(アプレゾリン錠)、重度の症状の子に
 使われます。


さらに症状が進んだ場合(クラス3以上)になると、上記以外に強心薬と利尿薬の併用が必要になります。


 強心薬(ジギタリス療法) 
 心拍数を正常値まで下げ、徐脈の状態にして心臓を守ります。
 腎排出を促すジゴキシン、吸収の早いメチルジゴキシン
 などが使われます。
 他に心収縮力を増強するβ一遮断薬が使われることもあります。
 薬の内服だけでなく、運動を控えめにして、
 安静な状態を保つようにすることが必要です。

 利尿薬 
 体液が溜まるのを抑えるためにナトリウムや
 フロセミドを投与します。
 また同時に塩分を控えめにした食事に変えていきます。


最後の選択として手術という道もある

img1
カラードップラーで見る心臓内の画像はとてもクリア

塩分を多くとると、喉が渇くため水を多量に飲むようになりますよね。当然のことですが、水をたくさん飲むと血液の量が増えて心臓に負担がかかるうえ、肺にうっ血が起こりやすくなります。これを防ぐためには、老齢犬用か腎不全用の処方食(塩分0.2~0.25%)、症状が進んだ場合には心不全用の処方食(0.1%)を使うとのこと。また、缶詰(1.13%)よりはドライ(平均0.4%)の方が塩分が低いので、缶詰を食べている子にはドライへの切り替えをすすめておられるそうです。
でも犬ガイドのわたしとしては、塩分をしっかり抑えたメニューの手づくり食をおすすめしたいと思いますけどね。

img2
金本勇先生の形成術は
世界的評価を受けている
金本先生のお話はここで終わりでしたが、実をいうと急性型や急性への移行型についてもまったく希望がないわけではありません。それは最後の手段として外科的な治療が残されているからです。
そして、金本先生はこの外科手術の第一人者。僧帽弁閉鎖不全症の手術には、人工弁を使うものと自分の腱索を使って弁を再生させる形成手術とがありますが、とりわけ小型犬の形成手術を行える人は、世界でも金本先生を筆頭に数えるほどしかおられません。

もちろん高度な技術と犬用の人工心肺を使ってやる難度の高い手術なのですが、金本先生は多くの成功例を持っていて、世界中の獣医師が集まる外科学会でも高い評価を得ておられるとか。
また形成術以外でも、日本には人工弁を使ってこの手術に取り組まれている先生が、農工大の山根義久先生や麻布大の若尾義人先生をはじめ何人かおられます。

どちらも100万円以上する高額な治療なのですが、飼い主さんが望むなら「それが手の届くところにある」というのは、本当に素晴らしいことだと思います。もっとも一番よいのはそうならない前に未然に防ぐこと。あなたが小型犬の飼い主さんなら、今日から愛犬の様子をしっかりチェックしていくことにしましょうね!

来週は、引き続きレポートの第2弾「外耳炎のケア」をお送りします、お楽しみに!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。