明確な成分表示のない犬用シャンプーの不思議

img1


あなたの愛犬は、皮膚のトラブルとまったく無縁でしょうか?
わたしは、うちのハービーが毎年初夏を迎える頃になると、必ず背中の皮膚にプツプツと発疹ができることから、シャンプーに強い関心を持ち、いろんなプロフェッショナルの人からアドバイスをもらうなどしてシャンプー漂流を続けてきました。高価なショードッグ用シャンプーから人間用まで、よいと言われるものはとにかく試してきたつもりです。ところが、わたし自身がシャンプーに関して知識不足なこともあって、なかなか結論を出せずにきました。

img2
『愛犬の心と体を元気にする
手作りアロマせっけん』(新風舎)
何より、その品質や安全性を確かめようにも、犬用シャンプーには、明確な成分表示がありません。ナチュラルだとか、植物油を使っているとか、アロマ仕様だとかの謳い文句はあっても、誰もがわかりやすい言葉で、何と何から作られたものなのかという素材に関する情報がほとんどないのです(学術名のようなものが書かれていることはありますが、素人にはそれが何なのかサッパリ…???)。

そんな時、新聞で見つけたのが『愛犬の心と体を元気にする 手作りアロマせっけん』(新風舎)でした。これを読んでの第一印象は、今までわたしの頭の中でもつれ合っていた糸がようやくほどけた!ということ。そこでさっそく、この本の著者 里見千佳さんのご自宅にお邪魔して、お話をお聞きすることにしました。

img2
 ももちゃんの皮膚状態は完ぺき!
里見さんのお宅に着くと、2頭の愛犬“もも”(ミックス ♀)ちゃんと“はなこ”(アイリッシュ・セター ♀)ちゃんがモーレツな大歓迎。だけど、この子たちからも里見さんの家の中からも、やはりせっけんの効果なのでしょうか、犬特有のにおいがしません。毛もつやつやのピカピカ、毛色もくっきりしているように見えます。ですが、最初にせっけんをつくろうと考えたのは、犬たちのためではなく、ご自分のためだったとか…

「私は子どもの頃から皮膚が弱くて、シャンプーをした後、いつもヒリヒリするような嫌な感覚を味わってきました。だからいろんなシャンプーを試してきましたし、何だかな~という疑問を持っていた。これに加えて、小学生の頃に読んだ本で『廃油からせっけんが作れる』というのを知って、いつか自分で作ってみたいという思いがあったんですね。そうしたところ、2001年に前田京子さんの『お風呂の愉しみ』が出て、ロンドンの手作りせっけんのお店『LUSH』が上陸してきたことから、本気で自分でも作ってみようと取り組みを始めたわけです」(里見さん)

専門書に書かれていた犬のためのせっけんレシピ

img2
犬をせっけんで洗って
あげたいという里見さん
里見さんは、さっそく前田さんの本にあった製法&レシピをもとにせっけん作りをスタートさせました。そして一度、自分で作ったせっけんを使ってからは、そのあまりの心地よさ、身体への負担のなさに感激。以来、すっかりせっけん作りにはまってしまったそうですが、そうするうちにご主人のフケ症も治り、これは犬にもいいんじゃないかと思い始めたとのことです。

「じつは、前田さんの本に感激した後、海外からもハンドメイドソープの本を何冊か取り寄せて読んでみたのですが、そうした専門書の中には、犬のためのせっけんレシピもあったんですね。ああ、欧米には古くから手作りせっけんで犬を洗うという習慣があるんだと。
うちの先住犬の“もも”はミックス犬のせいか、皮膚のトラブルは何もなかったのですが、私自身が犬用のシャンプーを試してみたところ、どうもよく洗えたという感じがしない。その商品は『低刺激』を謳っていましたが、身体にやさしい実感はありませんでした。そのうえ、使われている香料がきつくて精油の心地よさを知っている私にとっては、これがとても不快で不自然なにおいに感じられたんです」(里見)

img2
手作りせっけんで“天使の輪”が
できるようになったはなちゃん
そんな経緯から、ももちゃんにも手作りのせっけんを使い始めましたが、「犬にはせっけんを使うべきではない」という説に反して、いっさいトラブルはない。ごわごわにもパサパサにもならず、ふんわりとした洗い上がりと仄かな植物の香りで大満足! そしてこのことは、2頭目のはなちゃんを迎えたことで、いっそうハッキリしたものになりました。皮膚が乾燥して被毛はパサパサ状態、こまかいフケがびっしりついて少なからずにおいもあったはなちゃんの皮膚が、手作りせっけんを使ううち、徐々に改善してきたのです。
「フケはすぐには収まりませんでしたが、素材に工夫を加えながら自家製せっけんを使い続けるうち、気が付いたらフケはまったく出なくなってました。被毛にも“天使の輪”ができるようになって、セッター特有の艶やかさが戻ってきたんです!」(里見)
里見さんは、自分とご主人、そして愛犬たちとの実体験を経て、せっけん作りをライフワークにしていこうと決められたということですね。

せっけんと“せっけんではない”もの

img2
せっけんは自然界で自然に誕生する
こともあるとか…
そんな里見さんに、わたしがずっと思い続けてきたシャンプーに関する疑問をぶつけてみました。まずは、よく聞く合成界面活性剤という言葉ですが、これはどういうものなのでしょうか?
「シャンプーは界面活性剤による洗浄作用によって汚れを落とします。界面活性剤は、本来、混じり合わないはずの油と水の界面を、うまく混じり合うよう仲立ちし、油である汚れを引きはがして水に分散させ、洗い流すわけです。
現在一般に使われている界面活性剤は、2つに分類できます。ひとつはせっけん(脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウム)、もうひとつが合成界面活性剤ですね。その違いは、せっけんが天然の動植物性油脂にアルカリを反応させたもので、条件さえ整えば自然界でも生まれる可能性のあるシンプルなものなのに対し、合成界面活性剤のほうは、第一次大戦時に動植物性油脂の不足を補うために石油から作られたことに起源を発する人工的な洗剤・洗浄剤の主成分をいいます」(里見さん)

なるほど。世の中には、自然素材から生まれるせっけんと、“せっけんではない”合成界面活性剤とがあって、私たちが日常的に使っているシャンプーや犬用シャンプーのほとんどは合成界面活性剤から成る合成洗剤の仲間なのだそうです。

-->>さらにくわしく!



皮脂膜のバリアーを破る合成界面活性剤

では、これのどこが問題なのかですが…
「合成界面活性剤はとても安価でつくるのに時間がかからず、洗浄力をアップさせる助剤の登場であっという間に一般家庭に普及しました。だけど合成界面活性剤は、皮脂膜のバリアーを破る強い浸透力を持ち、細胞を破壊するタンパク変成作用があるといわれています。また自然界にこれをそのまま流すと、分解されにくいために、生態系を壊す恐れもある。それが犬たちの皮膚に何の影響もないとは考えられません」(里見さん)

img1
手作りせっけんのベースとなる植物性オイル

これは動物の皮膚にも容易に浸透して細胞を破壊するともいえますよね。
さらに里見さんによれば、多くのシャンプーには合成界面活性剤とともに殺菌・防腐剤や合成香料、タール系の色素などが使われており、こうした合成添加物は合成界面活性剤によってバリアーが破壊された皮膚から直接体内に侵入する可能性もあるとか。合成添加物の中には、発ガン性のあるものや環境ホルモンとして悪影響が指摘されているものも多い。ドッグフード選びでこうした“毒”を取り込まないよういくら気を使っても、シャンプーによって皮膚から吸収したのでは意味はありませんよね。

img2
好きなハーブなどを加えるのもよい
では、市販のせっけんなら絶対に安心なのでしょうか?
「天然の動植物性油脂を原料にしているといっても、前述のような合成添加物が使われているせっけんもたくさんありますし、薄くデリケートな犬の皮膚を考慮して作られたものとは思えません。ですから成分表示義務のない犬用シャンプーをやめて、せっけんを使いさえすれば安全かと問われれば『?』としか答えようがないというのが現状なんです。
無添加で自然の素材から作られる本物のせっけんは、自然界に流した時点から分解がすすみ、わずか1日で水中のカルシウムなどと結合して魚のエサになったりします。これに対して合成界面活性剤は、そのタンパク変成作用によって水の浄化を行う微生物を死滅させ、魚介類の体内に蓄積されて、それを食べた人間などに影響を及ぼす可能性もあると考えられます」(里見さん)

わたしは20代の頃、よく尾瀬の山歩きを楽しんだものですが、尾瀬の山小屋では「シャンプーやせっけんを使わないでください」という注意書きを目にしました。それは合成界面活性剤や合成添加物の流出で、尾瀬沼の植物や生物が死滅してしまう恐れがあったからですね。微生物や植物に悪影響があるなら、犬のような小動物にも影響がないわけはないと思います。

犬をせっけんで洗うのはよいこと?

img2
マイ・フェイバリットはこれ!
しかしながら一般的には、「犬をせっけんで洗うのはよくない」という説がまことしやかにいわれてきました。これはどういうことなのでしょう?

「犬をせっけんで洗うとアルカリ性に偏りすぎる、アルカリは犬の皮膚や毛に悪いという風説を言われているのでしょうが、犬の皮膚は人間と違って中性から弱アルカリ性に近く、私がお友だちのワンちゃんたちにモニターをしてもらった限りでは、個体差はあったものの、ほとんど問題はありませんでした。また実際にせっけんで洗った後、皮膚の表面のpHを測ってみましたが、シャンプー後はむしろ弱酸性寄りで、徐々に犬本来のpHに戻る結果になりました」(里見さん)

ということは、手作り食は栄養が偏る恐れがあるため総合栄養食を与えるのが一番だとするドッグフードの世界と同様、自然素材のせっけんよりも合成界面活性剤使用のシャンプーのほうが犬には向いているというのは一種の商業用情報なのでしょうか?
実際、欧米では自家製せっけんで犬を洗うということが、昔から日常的に行われてきたそうです。

犬の皮膚はとても「雄弁」

img2
 ボクもお気に入りのせっけんで
洗ってもらってるよ!
現在、わたしの回りには皮膚のトラブルを抱えている犬たちがたくさんいて、専門の獣医さんにかかっている人たちも少なくありません。しかしながら、ガイド記事でもたびたびお伝えしてきたように、皮膚病は治る病気ではなく「つきあっていく病気」であり、根気とお金のかかる治療というのが専門家の意見で、これはという特効薬はなかなか見あたりません。
その原因についても、菌の繁殖によるものだったり、酵母だったり、寄生虫の仕業だったり、何かのアレルギー反応だったり、内分泌系の病気の一症状だったり、ステロイドの副作用だったりと、じつにさまざまで、たとえ原因が特定できても決定的な治療法はなかったりするわけですね。そう考えると、犬の皮膚というのは、何か体内の異常や不具合を知らせるサインボードなのかもしれない。犬の皮膚はとても「雄弁!」なのです。

img2
アロマオイルも有効に使える
ここで思うのは、そんな皮膚のトラブルの原因のひとつには、皮膚から直接吸収される何らかの化学物質の影響もあるのでは?という疑問です。
わたしはずっと、犬の身体を悪くする最大の原因は口から入れるものではないかとの思いから、食べ物に強いこだわりを持ってきましたが、ひょっとしたら口以外からも体内への吸収は行われているかもしれない。そしてその第一は、日常的に使うシャンプーではないかと…。これはノミの駆除薬が、皮膚を通して血流に乗せ、全身に効果を及ぼす仕組みになっていることからも推測できますが、犬の皮膚はとても吸収性がよく、いろんなものを体内に取り込みやすい性質をしているからですね。

「犬の皮膚は人間よりもずっと薄くてデリケートなんですね。また皮膚を守るはずの被毛は、ときに皮膚炎の原因となる汚れや菌などを蓄え、においを拡散する役割を果たす。だから定期的に汚れを洗い落としてあげる必要があるわけですけど、それが合成界面活性剤のせいでバリアーをはがされ、身体に害のある添加物の侵入を許してしまう一因になるというのでは意味がありません。“身体に必要ないものを入れない”というのが、本当の健康づくりの第一歩だと思います」(里見さん)

-->>実際につくってもらった!



実際につくってもらった!


img1
出来たてほやほやの手作りせっけん

そこで特別に、里見さんの手作りせっけんがどうやって生まれるかを見せていただきました。その模様は写真でお見せするにとどめ、くわしくは里見さんのHPをお読みいただくことにしたいと思いますが、それを直接体験させていただいた感想を一言でいうと、「ワクワクして楽しそう!」「出来上がりが待ち遠しい!」。

img2
肉球のソープスタンプで
ペッタンすれば犬用に
ごくごく簡単に説明しますと、まず基本素材となる「油脂」と「アルカリ水溶液」を用意する。油脂とは、ベースオイルとなる植物性のオリーブ油やヤシ油(ココナッツ油)、パーム油、アボガド油、ひまし油など。アルカリ水溶液のほうは、苛性ソーダを精製水に溶かしたものですが、この2つを一定の条件下で混ぜ合わせたときに、その反応として生まれるのが脂肪酸ナトリウム、つまりせっけんというわけです。

順序としては、最初にアルカリ水溶液をつくって45℃まで冷まします。次に、油脂と植物性脂肪酸(ミリスチン酸など)を溶かして混ぜベースオイルミックスを作り、これを先のアルカリ水溶液と同じ45℃に調節する。そして次に、ベースオイルにアルカリ水溶液を少しずつ注ぎ、15~20分間攪拌するわけですね。

すると、あれよあれよという間に、透明だった油が白く濁り、ドロ~っとしてきます。そうしたら、ここで「スーパーファット」と呼ばれる、使い心地や機能をアップする油脂(ホホバ油など)や、愛犬にあったアロマオイルやハーブ、クレイなどのオプションを少量加え、せっけんの型枠に流し込む。あとはそれを保湿箱に入れて24時間寝かせ、固まってきたら型枠から出して約2週間乾燥させる。その後、使いやすい形にカットしてさらに3週間、風通しのよい冷暗所で熟成させれば“出来上がり”です。

精製水を計量
苛性ソーダを計量
苛性ソーダを
精製水に入れる
液温が45度に
下がるまで待つ
ベースオイルや
脂肪酸を計量
オイル等を湯煎で
45度まで上げる
オイルにアルカリ
水溶液を注ぐ
約20分撹拌する
アロマオイルやクレイ
などを入れる
型に流し込み
保温箱入れる
固まったら型から
出して2週間乾燥
カットしてさらに
3週間乾燥させる


●せっけんの基本レシピ(約1kg 苛性ソーダのディスカウント率20%)
【油脂類】
ベースオイル   オリーブ油 480g
パーム油 160g
ココナッツ油 80g
ひまし油 80g
脂肪酸      ミリスチン酸またはステアリン酸 25g
スーパーファット ホホバ油 15g

【アルカリ】    苛性ソーダ 90g
【水】       精製水 240g

●せっけん作りのプロセス
【Step1】(1日目)
・必要な道具と材料を揃える
・アルカリ水溶液を作る
・ベースオイルを作る
・2つを混ぜる
・スーパーファットとアロマオイルなどを入れる
・型枠に入れて丸1日保温する

【Step2】(2日目)
・型出しして乾燥させる

【Step3】(2週間後)
・使いやすいサイズにカットしてさらに乾燥

【Step4】(5週間後)
・出来上がり!
      『愛犬の心と体を元気にする 手作りアロマせっけん』より

アロマを使ってさらに品質アップ

img2
 静かに熟成を待つせっけんたち
里見さんのリビングの棚には、熟成中の手作りせっけんがいっぱい! この日、つくっていただいたせっけんは、どんな香りをしたどんな使い心地になるのでしょう。5週間後が楽しみです。

「もうひとつ手作りのよさについて言いますと、せっけんって、出来上がったときに、グリセリンという水を引き寄せる性質の副産物ができるんですね。このグリセリンを豊富に含んだせっけんは、皮膚に潤いを与え、しっとり感を保つのですが、市販のせっけんではこれを取り除いて、化粧品などに回してしまうわけです。手作りではそういうことはないわけですから、できたグリセリンがそのまま残っている。これがとても犬の毛の保湿にいいんですよ。洗った後、いつまでもしっとり感やツヤツヤ感が残るのはそのためです。

あと加えて言えば、わたしはドッグアロマテラピストでもあるので、つくるせっけんにはエッセンシャルオイルを入れることが多いです。たとえばシャンプー嫌いのワンちゃんなら、ラベンダーやイランイランなどを入れてあげると、落ち着いてシャンプーできるよう助けてくれますし、なにより飼い主さん自身の洗い上がりの満足度が違いますよ」(里見さん)

また、最後に里見さんは「せっけんか合成界面活性剤か見分ける方法」について、家庭でもできるやり方を教えてくださいました。
「合成界面活性剤かそうでないかを見分ける方法は、水に溶かしたシャンプー液をコップに入れて泡立て、その中にお酢を少量垂らしてみてください。それがせっけんなら中和されて白く濁り泡が消えますが、合成界面活性剤はそのまま泡立ち、水が濁るということも起こりません。

   せっけんと合成界面活性剤の見分け方   
泡が消え白く濁る

せっけん
泡は残り液は濁らない

合成界面活性剤
泡は残り白く濁る

せっけんと
合成界面活性剤の混合
※左はシャンプー原液、右は実験結果(写真提供:里見千佳さん)


img2
手作りせっけんで犬たちの皮膚を
よからぬものから守りたい
だけど、これだけでは合成添加物が使われているかどうかまではわかりません。
本当によいシャンプーを見つけるには、やはり飼い主さんが成分についての知識を持つこと、成分をしっかり確認すること(確認できないものは論外)、洗った後の犬の様子をよく観察すること、場合によっては自分自身で使ってみて刺激・保湿力・洗浄力などを確かめること、だと思います。本来ならこんなことを消費者がいちいちしなくても、すべての犬用シャンプーに、きちんと成分表示をするという基準が生まれる方がずっといいわけですけどね」(里見さん)

これには、わたしもまったく同感! 大事な愛犬たちを、皮膚のトラブルで痒がったり苦しんだりさせないためにも、1日でも早く薬事法をドッグケア製品にも適用してほしいものだと思います。 それとはまったく別ですが、手作りせっけんの魅力にすっかりはまってしまったわたし。これからアッシュとハービーのために、手作りに挑戦してみようと思います。

Peach Blossom
http://www.pb-dogsoap.com/
犬のための良質なせっけんとアロマテラピーを紹介している
里見千佳さんのサイト。
良質な植物油とにエッセンシャルやハーブ、
クレイなどの自然素材を活かして一つひとつ丁寧につくられた
ハンドメイドソープやアロマテラピーグッズがお求めいただけます。
また里見さんが主催される手作りせっけんやドッグアロマテラピーの講座など、
イベントやセミナーのスケジュールも掲載されていますので
ぜひ訪ねてみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。