“あったらいいな”を形にしたホテル

img3
東京の中心、銀座通りにも近い!
東京は銀座・数寄屋橋から歩いて3分、資生堂本社ビルの裏を走る通りに面してあるビルの1階に「ペットサロン Peron」はあります。

和光や銀座三越のある銀座通りからも5分、まわりにはルイヴィトンやエルメスなどの有名ブランドの店舗が立ち並ぶ、まさに都心中の都心です。こんなところにペットホテルが!と思わず声をあげてしまいますね。

img3
え?と目を疑うような場所にある
「ペットサロン Peron」は犬の美容室を併設した24時間対応のペットホテルで、3階はトリミング&グルーミングのスペース、4階がホテルになっています。

05年9月末にここを立ち上げられた代表の倉持恵美さんは、なんとイベントの司会などをつとめる現役のフリーアナウンサー。「Peron」を始めたのは、こういう理想的なペットホテルが都心にはなかったからだとか。

img3
犬のいない生活、考えられません
「大阪の実家には愛犬がいたのですが、わたしが東京に活動拠点を移してからは接点が少なくなったためか帰省しても昔ほどなついてくれなくなってしまって…それが寂しくてとうとう東京のマンションでも犬と暮らし始めてしまったんです。
ところがフリーアナウンサーという仕事は時間が不規則、夜遅くまで帰れないこともあるし、地方出張もある。そんなとき、安心してこの子を預けられるところを探したのですが、わたしが住んでいた神田からはみんな遠い。かといって、ペットシッターさんに家の鍵を預けるのはちょっと不安だし、夜ケージに入れたまま、スタッフが帰ってしまうようなホテルには預けたくない。そんなことから、これはもう自分でつくるしかないなと」(倉持さん)
「Peron」はつまり、飼い主さんが“あったらいいな”と立ち上げたペットホテルの理想形だということ。これは期待できそうですね。

リラクゼーションがテーマの美容サロン

img3
小さいけど清潔そのもののサロン
内部を見せてもらうと、3階は間仕切りのないトリミング&グルーミングのための部屋。Tシャツやコートなどのドッグファッションや自然派のおやつ、犬の気持ちをやわらげるバッチフラワーレメディなどのコーナーもあります。
さっそく、看板犬のペロンくん(Mダックス、1歳半)とシュートくん(トイプードル、2歳)がお出迎え。その名のとおり、顔をペロンペロンされてしまいました。

img3
深さを調節してどんな犬にも対応
ここで目を引くのは、大きなオレンジのバスタブ。これはオーストラリア製のドッグバスで、なんでもシャワーから直接、シャンプーが出てマッサージ効果もあるのだとか。気持ちよさそ~。
浴槽内に深さを調節できる台が付いているので、大型犬にも対応できるようになっています。これならシャンプー嫌いのワンちゃんでも、大きなストレスなく使えそうですね。

img3
一頭一頭対応するという後上さん
トリマーでホテルスタッフでもある後上さんは、
「アロママッサージや泥パックを取り入れた、犬にやさしいシャンプーセラピー&トリミングを心がけています。泊まるだけでなくきれいにして返してほしいというご要望も多いので、グルーミングにも力を入れてます。マッサージをしながら、ゆっくり時間をかけたシャンプー&トリミングをしていると、ウトウトしてしまうワンちゃんもいるんですよ」
と言われていました。

今は、ただトリミングだけでなく、こうしたリラクゼーションなどのサービスを付加した美容サロンが増えてきましたが、それは本当に犬好きの人たちが犬の気持ちを考えて始めたビジネスが本流になりつつあるということで、とても喜ばしいことだと思います。

続いてホテルにご案内します!