チェコ原産の超小型犬・クリサジークは活発で人間好き!?


シリーズ企画「珍しい犬種を飼いたい」の第11弾。今回はチェコ原産の超小型愛玩犬、プラシュスキー・クリサジークをクローズアップしました。
じつは「プラシュスキー・クリサジーク・クラブ・オブ・ジャパン(PKJ)」事務局のマリチさんからサイトの自薦をいただいて、はじめてこの犬種の存在を知ったとき、ほんとにこんな小さな犬種があったのか、世界は広い!と思わず膝を叩いてしまいました。

お膝がなにより大好きなファニーちゃん(左)とグリシュコくん(右)

そしてサイト上で、このチワワやミニチュアピンシャーを思わせるクリサジークの姿を何度も見ているうち、ぜひ生のクリサジークに会ってみたいという思いが募り、お願いして東京在住の飼い主さんを紹介してもらったというわけです。

今回登場してくれたのは、ファニーちゃんとグリシュコくん(親犬は違うけれど、両方とも2002年の8月生まれ)。オーナーは星崎小百合さん。彼女は2頭の日常や成長記録を通して、クリサジークの魅力を多くの方に知ってほしいとの願いから「ファニーとグリシュコのページ」を開設されています。

星崎さんはずっと前からチェコという国に惹かれていて、1998年にはプラハに旅行されたこともあるそうです。そして帰国後のある日のこと、「どうぶつ奇想天外」を見ていたら、なんと超小型愛玩犬としてチェコ原産のクリサジークという犬種が紹介されているではありませんか。「自分たちが飼うならこの子しかない」「この子たちと暮らしたい!」と思うようになり、日本唯一の専門ブリーダーである山口さんをマリチさんから紹介していただいたそうです。

最初にメールでコンタクトしたときには1年待ちと言われたのですが、1年待っても飼いたいという強い決心のもと、ホンモノのクリサジークに会いたいと、岐阜の山口さん宅まで見学に行かれたそうです。そんな情熱に犬の神様が微笑んだのか、ちょうどそのとき生まれていた子犬に会わせてもらえました。それがファニーとグリシュコだったというわけです。
クリサジークは寂しがり屋だと山口さんから言われて、星崎さん夫妻は迷うことなく、2頭を同時に迎えることにしました。

クリサジークの第一印象は?

念願叶ってはじめてクリサジークという犬種に直接触れたわたしの第一印象は、想像していたよりもしっかりとしたボディの持ち主だったこと。 もちろんいま人気のチワワと肩を並べる超小型犬で、体重もスタンダードは2kg以上、体高も19cm~22cmといいますからかなり小さいわけですが、コンパクトながらしっかりとした厚い胸と均整のとれたスクエアなボディを持ち、見るからに美しい犬種です。

外見的にはトイ・マンチェスター・テリアにも似ていて、それをひとまわり小さくした感じなのですが、トイマンの耳が全身から見てバランスがとれてるのに比べ、クリサジークは幅がやや広く顔との比率を考えるとかなり大きいので、とても立派なお耳の持ち主といえそう。またストップの部分が非常に深いのも特徴のひとつ。

大きくて黒目がちな瞳はトイマンよりもむしろミニチュアピンシャーに似ているかな?そんなアンバランス気味のお耳や黒目がちな丸い瞳があの愛くるしい表情を作り出しているのでしょうね。
そして被毛はベルベットのようなつやのある美しい短毛。毛色はブラック&タン、イエロー、茶色の3種なのですが、ファニーちゃんグリシュコくんのようなブラックタンが一番多いそうです。

マリチさんによると、「クリサジークは明るくフレンドリーですが、大型犬に向かっていく勇ましいところもあります。イキイキとして活発敏捷。走行は非常に速く、素晴らしい嗅覚を持ち、遊び上手な甘えん坊。三度のごはんより人間の膝が好きだと言われています。反面、孤独を嫌い、一人には弱い犬種ですね」とのこと。
星崎さんに2頭の性格を聞いてみたところ、グリシュコくんは甘えん坊で、ファニーちゃんには頭が上がらないとか。そういえばお気に入りのオモチャをファニーちゃんに取られてしまっても「あぁ、取られちゃった~」と黙って譲っちゃうようなおっとりした面を覗かせていました。

「わたしのおもちゃだもん」と澄ましたお顔のファニーちゃん

いっぽう、ファニーちゃんの方はグリシュコくんに比べて散歩途中に出会った犬や人間に対してはちょっと臆病なところがあるそう。そのくせ家の中ではグリシュウコくんに対して妙に強気で典型的な内弁慶タイプなんだそうです。
ただブリーダーの山口さんの犬舎にいるクリサジークは、どの子もとてもフレンドリーでそれはそれは熱烈な歓迎ぶり。見学に訪れた星崎さんご夫妻がますますクリサジークの虜になってしまったのは、そのせいかもしれませんね。

次ページではクリサジークのちょっとした豆知識をお伝えします!

クリサジークを飼う前に、ちょっとした豆知識

クリサジークはチェコの歴史と関わりの深い犬。王族や貴族の抱き犬として大切にされ、チェコの国王がヨーロッパ諸国の王族へ外交上の重要な贈り物とした時代もありました。ですが貴族社会の衰退とともに絶滅寸前になり、その復興に着手したのは1960年代、成功したのは30年後の90年3月、たった8頭の犬から出発したとか。90年にはチェコにクリサジーク・クラブが設立され、いまでは首都プラハを中心にヨーロッパ、アメリカの家庭で世界で約2000頭が飼育されています。

しかしながら、2000頭といえば希少犬種であることは歴然。しかも日本では30頭強というのが現状ですからFCIではまだ未公認犬種、したがってJKCでも純血種としては扱われていません。だから血統書はチェコケンネルクラブ(CMKU)の発行となります。
クラブでは一頭一頭、クリサジークの個体番号を管理しており、日本支部に所属する犬も、チェコのクラブから血統書を発行すると同時に個体番号を所有する形になります。希少犬種とはいえ、これってかなり理想的なシステムですよね。
なぜなら繁殖の段階でいろんな血が混じったり(乱交配が防げる)、誰が親なのかハッキリしないという事態は起こりえないから。そんな環境は日本でのチワワやダックスといった人気犬種では望むべくもありません。

パパのでも、ママのでも、やっぱりお膝が僕のお気に入りの場所(グリシュコくん)

ところで日本のクリサジーク事情を見てみますと、彼らが日本に来たのは98年。ナチスに虐待されたチェコの村で世界平和をテーマにアート・ボランティア活動が広まり、そこに参加した日本人彫刻家が現地の芸術家たちから友好の証として贈られたのがプラシュスキー・クリサジークでした。じつはこの彫刻家の娘さんがブリーダーの山口さんなのです。

彼女はご主人の仕事でチェコに移住したのをきっかけに犬種の勉強を始め、現在ではチェコのクリサジーク・クラブの正会員になり、チェコでも3人しか居ないボニタツェ検査員の資格を与えられました。だから正規にクリサジークを繁殖できるのは、2003年現在、チェコと日本の2カ国だけとなっています。ちなみに、98年当時でもチェコで大切に繁殖されてきたため国外へ出ることはきわめて異例のことだったそうです。
ですからもし山口さんのところ以外からクリサジークを購入され、将来繁殖を考えておられる方がいらしたら、ぜひ日本のクラブである「プラシュスキー・クリサジーク・クラブ・オブ・ジャパン(PKJ)」に問い合わせてみてほしいと思います。

次ページでは「ボニタツェ」と飼い方について
触れてみたいと思います。

「ボニタツェ」って何?

わたしたちには馴染みのない「ボニタツェ」とは何なのか聞いたところ、これは成犬となったとき繁殖をしてよい犬かどうかの検査であり、クリサジークとしての個体の短所と長所を知るための成犬検査だとか。アメリカで行われているOFA検査に近いものでしょうか。

チェコでは繁殖を希望する犬は1歳~1歳半の間に必ずこれを受け、合格しなければなりません。合格した犬の血統書は日本支部を経てチェコのクラブに送られ、そこで合格の印を入れたのち飼い主に返却されます。血統書に合格の印がある犬だけが繁殖を許されるわけです。

今回登場してくれたファニーちゃんも昨年秋に行われたボニタツェで無事合格。近い将来二世誕生の嬉しいお知らせが届くかもしれませんね。もちろんこの検査は繁殖しない犬でも個体の長所、短所を知るため受けることができます。結果は血統書に記載されるとともに会報に掲載され、クラブにも保存されます。

 
グリシュコ「ねぇファニー、今日は僕たちが主役なんだから寝ちゃだめだよぉ~」(右)
ファニー「zzz…」(左)

クリサジークを飼うときの注意点は、活発的なのに超小型で足が細い体型なので骨折などの事故が起こりやすいこと。また、フレンドリーで子どもやほかの動物とも仲よくできる反面、敵と見なしたものや大型犬などの向かっていく勇敢さが裏目に出ることもあるとか。

さらに、超小型だからと運動を怠ったりすると、筋肉が弱ったりホルモンの調子を崩したりして虚弱体質になる場合もあるそうです。人が一緒にいないと寂しくて寂しくてという犬なので、一緒に遊んだり一緒にどこかへ行くことを心がけるのがよいようです。
いっぽう貴族が飼っていた犬ですから、短毛で寒さには弱い。寒い時期はウェアを着せるとか暖房を欠かさないとか、あたたかく過ごせる環境をつくる必要があります。

クリサジークから日本のブリーディングが変わる?!

プラシュスキー・クリサジークはまだ日本にほんの30数頭という希少犬です。そしてそれはある意味、理想的な血統管理・繁殖計画を立てるにあたってもっとも適した環境にあるということはすでに書きました。
これは毎年何万頭という純血種が登録される人気犬種とは違い、一度の出産で誕生する子犬の数が少ないクリサジークは、クラブのきびしい目やチェックがしやすいということだと思います。

ですからそこにはまだまだ「繁殖業者→競り市→ペットショップ」へという歪んだ流通構造に組み込まれないで済む可能性があり、飼い主がじっくり研究して、ブリーダーからも話を聞いて納得してから飼うという、新しい「一般通念」(ペット先進国ではすでに常識)が広まっていくことも考えられます。だからこそ、じっくりその芽を見つめ続けていきたいと思っていますし、その成果はきっと、世界中の日本に対する評価となって返ってくることでしょう。

ところでプラシュスキー・クリサジークとは、チェコ語で「プラハの小さなネズミ捕り」の意味。ネズミ捕りというだけあってとにかく写真を撮ろうとしても敏速な動きにシャッターチャンスを逃すこと、逃すこと。ファニーちゃんグリシュウコくんの活発で鋭敏な動きをみなさんにお目にかけたいと撮り続けたにもかかわらず、シャッターを切った瞬間、ファインダーにはもう彼らの姿は「いない」「誰も写ってな~い」状態。これまでいろいろな犬種に出会いましたがこれほど動きの早い犬ははじめてでしたね~♪

今回取材にご協力してくださった星崎さんご夫婦
次回お目にかかるときは家族が増えてるかな~?

「プラシュスキー・クリサジーク・クラブ・オブ・ジャパン(PKJ)」
「ファニーとグリシュコのページ」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。