愛犬用おやつに新しい風---
スリードッグベーカリーが自由が丘にやって来た!



代官山に昨年上陸した「スリードッグベーカリー」が自由が丘に2号店をオープンさせました。今回はそのオープニングを記念して開かれたプレスプレビューに行った感想を書きたいと思います。

スリードッグベーカリーの創業者は、カンザスシティーに住む愛犬家ダン・ダイとマーク・ベックロフ。愛犬のグレーシー(グレートデン、メス)が摂食障害になり、なんとか食欲を取り戻せるような美味しいおやつをつくれないかと2人が始めたのがそもそもの始まりだそうです。

ダン・ダイとマーク・ベックロフ
抱かれているのは看板犬のイリスちゃん
2人は「食欲も出て栄養も適切」を目標にレシピの研究を重ね、ついに「犬の健康を第一に考えたおやつ」をつくることに成功しました。それを食べたグレーシーはみるみる元気を取り戻し食欲もすっかり元に戻ったそうです。このとき2人が考えたレシピこそが、いまのスリードッグベーカリーのおやつに生かされているのです。

おやつのレシピは、基本的に砂糖、塩、チョコレート、動物性油脂、そして保存料をいっさい使用せず小麦粉やヨーグルトを使って2人がつくりあげたオリジナル。一見チョコレートのように見える素材は、じつはキャロプという豆のペーストだそうです。それにしてもおいしそう!


当日は店舗のショウウィンドウに所狭しと並べられた色とりどりのおやつに報道陣たちのカメラがいっせいに向けられていました。テーブルの上に乗っていれば思わず口にしてしまいそうなほど(人間の)ケーキにそっくりなクッキーサンドのビッションバーは、トッピングのクリームがハーブで色づけされているとか。おいしそうなチョコレートがかかった骨形クッキーはラージボーン、愛犬の名前を入れてくれるサービスもあるそうです。 そしてそしてヨーグルトをクリーム代わりに使ったセレブレーションケーキは丸型と骨型の2種類、誕生祝いなどに使え贈り物としても最適です。

 
★セレブレーションケーキ(丸型・骨型)

ウィンドウに飾ってある商品は、みんな店舗内の厨房で一個一個手作りされるそうで、かわいいシェフハットを被ったパティシエたちが一生懸命つくってくれます。 ほかにもピーナッツバターを使ったビスケットや、オールナチュラルをうたったフード類も売られていました。これらは詰め合わせて各種のギフトセットにすることもできるようです。


店内にはおやつやフード類のほかにも、いろんな楽しみがいっぱい。
Tシャツやコートなどのウェア類やおもちゃ・食器類は、オリジナルの商品をはじめ、アメリカ全土からお気に入りのものだけを直接買い付けたというインポートもの。たしかにどこにもないようなデザインや奇抜なアイデアの商品ばかりです。
そうそうエルメスやグッチなどの高級ブランドも飾り窓に陳列されていました(エルメスの首輪¥67000ナリ!)。


それと特筆すべきは、看板犬のジルちゃん(ロングコートチワワ、♀)のお部屋として飾られているベッドやクローゼットなどのファニチャー類!
こちらはなんと受注生産してくれるとか。嬉しいことに色はオフホワイト、ピンク、イエロー、クリームの4色から選べ、オーダーから約1カ月で専門の家具職人がつくってくれるということでした。クローゼットは基本的に無地で素材はパイン(仕上げはクリアとエイジングの2種)、中も自由にデザインできるそうです。
これは代官山店にはない自由が丘店ならではの商品なんですよ。お値段は8万円前後とちょっとお高めですが、ぜひひとつ欲しいと誰もが思うほど素敵な一品でした。

 
★オーダー可能なクローゼットとベッド

代官山店の看板犬
チワワのジルちゃん!
人間が一緒に食べても大丈夫という「スリードッグベーカリー」のおやつは、全米で大きな反響を呼び、いまはアメリカとカナダに30の店舗を展開するまでに成長しました。その売り上げの一部は「グレーシー基金」という名の基金に使われ、虐待を受けたり捨てられた犬たちを救う目的に使われているとか。犬を愛してやまないアメリカ人2人がつくった「スリードッグベーカリー」は、日本でも大きなムーブメントを生んでいくのでしょうか。


Three Dog Bakery
 自由が丘店  東京都目黒区自由が丘2-17-1
 TEL:03-3723-7070

 代官山店  東京都渋谷区猿楽町2-7-101
 TEL:03-5458-0085
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。