アニメーションに欠かせない効果音などの音声をFlashで使用してみましょう。マウスカーソルを重ねると音の鳴るボタンを作成します。

効果音をここを右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してダウンロードしてください。


ボタンにマウスカーソルが触れると音が鳴ります
(.flaファイルはページの最後でダウンロードできます。)

Flashで使えるサウンドファイルの形式

Flashに読み込むことができるサウンドファイルは以下の表の通りです。
  ファイル形式 QuickTime 4以降がインストールされている場合
Windows WAV、MP3 AIFF、サウンドのみのQuickTimeムービー、Sun AU
Mac OS AIFF、MP3 WAV、Sound Designer2、サウンドのみのQuickTimeムービー、Sun AU、System7サウンド

聞きなれないファイル形式もありますが、WindowsではWAV形式、MacではAIFF形式、そしてどちらの環境でもMP3形式が読み込めるというのが基本です。また、QuickTimeをインストールすることで、Mac OSでもWAVが読み込めるようになる等利点が多いので音声を扱う前にQuickTimeをインストールしておくのがお勧めです。 今回用意した効果音はWAV形式です。

Flashにサウンドファイルを取り込む

ライブラリにサウンドを読み込む
1. メニューより「ファイル>読み込み>ライブラリに読み込み」を選択しライブラリにファイルを読み込みます。

ライブラリの確認
2. ライブラリを確認してください。「pin.wav」が読み込まれていますか?

サウンドを設定する
3. タイムラインの1フレーム目をクリックします。プロパティの右端がサウンドのプロパティです。図の赤い線の中にある「サウンド:なし」という箇所のプルダウンをクリックして開き、読み込んだサウンドを選択します。

パソコンのスピーカーがオンになっているのを確認し、ムービープレビューを行ってみてください。「ピンッ」と音がなりましたか?それではサウンドのプロパティを確認していきます。

サウンド:効果
効果
Flashでは左・右の2つのスピーカー(これを左チャンネル、右チャンネルと呼びます)から音がなるステレオ再生に対応しています。この2つのチャンネルを個々に操作することが可能です。例えば、左から右へレーシングカーが通り抜けるときのようなドップラー効果を再現することができます。

サウンド:同期
同期
このフレームを再生したとき、サウンドをどのように再生するかを設定します。

「イベント」は、このフレームを通過したとき、必ず再生を開始するというものです。タイムラインの動作に関係なく再生は続きます。ボタンなど、触る度に音を鳴らしたい場合はこちらを使用しましょう。

「スタート」は、再生されていなければ再生されるという形です。既に同じサウンドが再生されている場合は何も起こりません。タイムラインの動作に関係なく再生は続きます。

「ストップ」は、文字通り再生を停止させるものです。ストップをしない限り、イベント・スタートで再生を開始したサウンドは止まりません。

「ストリーミング」は、ムービーのタイムラインに合わせて再生を行うものです。10フレーム目でムービーが停止された場合、そこでサウンドも停止します。また、長いアニメーションになってくるとイベントやスタートではムービーとサウンドのずれが起こりやすいのでストリーミングを設定しておくと良いです。

また「繰り返し」の項目では連続再生の回数を決めることができます。「ループ」を選択すればずっと再生されるという設定になります。

次のページでは、ボタンシンボルを利用した音声の再生を行います。