「シェイプトゥイーン」は様々な形を変化させるもう一つのトゥイーンアニメーション機能です。四角の物が丸になったり、線がぐねぐねと波打ったり。モーショントゥイーンとは一味違ったアニメーションを作成できます。今回は青い四角が赤い丸に変化していくアニメとかわいく動くねこのしっぽのアニメを作成します。
シェイプトゥイーンによって青い四角が赤い丸に滑らかに変形していきます。
(.flaファイルはページの最後でダウンロードできます。)

二つの図形の間を補うシェイプトゥイーン

青い四角
1. ステージ中央に青い(#3333FF)正方形を描いてください。

空白のキーフレームの挿入
2. 30フレーム目を右クリックし、空白キーフレームの挿入を選択して、空のキーフレームを作成します。

赤い丸
3. 作成した空のキーフレームのステージ中央に赤い(#CC0000)丸を描きます。

キーフレームの間を選択
4. 作成した二つのキーフレームの間をクリックしてください。クリックすることで画面下部のプロパティがトゥイーンの項目に変わります。

トゥイーンのプロパティ
5. プロパティの「トゥイーン」のプルダウンから、「シェイプ」を選択してください。

シェイプトゥイーンを設定
6. フレームを見てください。図のように緑に変化します。これでシェイプトゥイーンの設定が成功です。ムービープレビューを行ってください。
完成したファイルをダウンロード

青い四角が赤い丸にシェイプトゥイーンする様子
シェイプトゥイーンを使うことで、自動的に青い四角と赤い丸の間が作成されます

上図のように、二つの違う形(=シェイプ)の中間をFlashが補ってくれるものが「シェイプトゥイーン」です。

以前学習した「モーショントゥイーン」が、位置・大きさ・角度などが違う同じシンボルの間をFlashが補ってアニメーションをさせる機能でした。 これに対して、「シェイプトゥイーン」はシンボルに変換する必要はなく、二つのシェイプの形と塗や線の色を、Flashが補いスムーズにアニメーション行うことができる機能です。 感覚的に扱えるようになれば面白い効果を生むことができます。

次のページでは具体的な作例として猫の尻尾の動きを作成します。