代替テキスト
笑顔で挨拶! それだけで相手との距離がぐっと近くなります
英語の基本を学びなおしませんか? 今年、当サイトは初心者向けのやりなおし英語記事を充実させていくつもりです。第一弾として、中学校の英語の授業で最初に習う「英語の挨拶・自己紹介」を取り上げます。

【CONTENTS】
Page1:基本の挨拶は「Hi」
Page2:名前は自分から名乗るべし
Page3:「How are you?」の答え方

挨拶や自己紹介の仕方も、時代と共に変化しています。学生時代の知識のままだと、せっかくの英語が通じなかったり、変な顔をされたりなんてことになりかねません。基本をおさらいしつつ、今どきのコミュニケーション方法を身につけましょう。

基本の挨拶は「Hi」

最近の英語の挨拶は「Hi」が基本です。カジュアルな会話では「Hello」より「Hi」の方がよく使われるようになり、「How do you do?」は丁寧すぎるということで、ほとんど使われなくなりました。

「Hi」はまったく知らない相手に対しても、会釈の感覚で気軽に使われます。他人同士の軽い挨拶については、過去ガイド記事「社交的外国人に学ぶオーバーアクション」を読んで下さいね。

「Hi」をこなれた感じで使うには?

そんな超頻出の「Hi」ですが、シンプルすぎて逆に難しい表現でもあります。「Hi」をこなれた感じで使うには、どうすればよいのでしょうか。

単独だと、短すぎてタイミングが難しいので、他のフレーズとまとめて使うと言いやすくなります。初対面で、相手の名前がわかっている場合には、次のように言って、そのまま握手しちゃいましょう。

Hi, Kate. Nice to meet you.
(ハイ、ケイト。初めまして。)

友達同士なら、次のように言ってもいいですね。

Hi. How're you doing?
(ハイ、元気?)

見ず知らずの人に会釈代わりに使う場合は慣れが必要です。海外旅行先で練習してみましょう。

まず、目が合ったら(アイコンタクト)口角を上げてニッコリ微笑むこと。そして2~3秒後に、「Hi」と軽く言うと自然な感じが出ます。慣れないとドキドキしますが、相手もきっと「Hi」と返してくれますよ。

「Hi, guys.」「Hi, there.」

最近の海外ドラマなどで「Hi, guys.」という挨拶を聞いたことのある人も多いはず。

「guy」は元々男性を指す単語ですが、複数形になると女性に対しても使えます。男女混合グループに対してよく使いますが、女の子ばかりのグループに対して使う場合もあります。

司会者や先生がよく使う挨拶に「Hi, there.」があります。「there」で「そこにいる聴衆」などの特定の集団を指しています。テレビ番組などでもよく使われているので、覚えておきたいですね。