通知表の評定は「観点別の評価」がカギになる

「テストの点数は悪くないのに、内申が良くない子」は少なくありません。それには「観点別の評価」が背景にあるのです。内申アップ対策、まずは観点別の評価の欄に注目してみましょう。

通知表の「5」や「4」といった評定は、
  1. 関心意欲態度
  2. 思考判断
  3. 技能表現
  4. 知識理解
といった、4つの観点の評価の組み合わせによって決まります(国語は、関心意欲態度・話す力聞く力・書く力・読む力・知識理解技能の5つ。教科によって観点は異なる)。

手元に通知表がある方は、観点別の評価がどのような組み合わせになっているのか確認してみましょう(学校によっては、◎、○、無印となっている場合があります)。
観点別評価の組み合わせからわかる、通知表の評定(内申点)の可能性一覧

観点別評価の組み合わせからわかる、通知表の評定(内申点)の可能性一覧


通知表の「5」~「1」といった評定は、AやBといった各観点の評価の組み合わせによって決まるのです。ですから、同じ「4」の評定でも、「AAAB」の人もいれば「AABB」の人もいると思います(順不同)。

こうしたケースでは、Bの部分の観点の評価を上げれば「5」の評定がもらえる可能性が高くなります。弱点となっている観点を見つけて対策をとることが、内申アップの近道となります。

>>次は、内申アップ対策の事例紹介>>