エコな生活はシンプルなキッチンから。便利で省エネなキッチンに大改造しましょう!
シンプルにするべきなのはキッチンだけではないのですが、やはりエコ家事する上での基本はキッチン!キッチンがゴチャゴチャしていて作業効率が落ちると、ゴミの分別すら「めんどうくさ~い」と危うい状態に…。
調理中にも、余計なものが山積みのところではお皿洗いも水が必要以上に要ったり、ガスや電気を使う時間が長引いたりと、不便で、環境にも財布の中身にもエコじゃないです~!
それにどこに何があるかわからない状態だと、持っているのにまた買ってしまったり、しまいこんでいるものを忘れて見つけたら賞味期限切れ!なんていう、無駄買い、無駄ゴミが増えてしまいます。

キッチンに愛情を持って日々シンプルキレイにしていれば、おのずと環境にも愛情が生まれて、ロハスな生活が送れそう!

今回は、キッチンをシンプルにして作業効率を上げ、エコ家事をしやすくする方法を考えていきましょう!

とりあえず要らないものは捨てる

ガイド宅のキッチン公開!あまりゴタゴタ飾らないのがポリシー。作業効率を重視しています。
「捨てる」ということはとてもエコに反することのようですが、実はその逆、本当に必要なものを把握することによって、次の無駄買いがなくなるんです。

結局使わなかったお皿。結局使いこなせなかった調理器具。口に合わなかった調味料。そういうものを「いつか使うだろう」と置いておくと、本当に必要なものの置く場所が減り、何が必要で何が不必要かがわからなくなってしまいます。
そうすると買い物に行ってまた同じようなものを買ってきてしまったり、前にストックしたものが賞味期限切れになってタダのゴミになってしまう、なんてことが頻繁に起こります。

食器や調理器具、調味料、乾物などなど、もう何年も使ってないものは思い切って処分しましょう。でもただ捨てるのではなく、ひとつひとつのものをちゃんと確認しながら捨てましょう。新品のもの、まだキレイで使えるものはオークションやフリーマーケットなどで譲るなどしてなるべくゴミにしないようにして下さいね。

この確認する作業が、とっても重要です。また同じようなものを買わないよう、心に固く誓わないといけません~!使わないで捨てる、これ以上にエコに反することはないはず!

必要なものを必要なだけ持つようにする

お酒やジュースなどについてくるのオマケや、新聞の新規購読の際にもらえるもの、などなど、趣味に合わないけどくれるというからもらう、ともらったものは、後にゴミになってしまいます。

コンビニやスーパーの袋、割り箸やストローなども、大量にストックしている方もいますが、使うことなく邪魔になっているだけ、ということが多いです。それにストックして年月が経ったものは埃をかぶったりして衛生的にもよくないはずです。

趣味に合わないもの、使わなくても済むようなものはタダでも貰わない。それがシンプルキッチンの維持方法であり、エコの始まりです!

どこに何があるか把握できるように収納する

鍋類はガスレンジの下に全て立てて収納。作業効率アップで省エネ!
同時に使うことがあるものは同じところに。水を使うものは水場に、火を使うものは下や上に。それだけで作業効率は全く違います。

服の収納と同じで、いちいち下にあるものを取り出すときに全部取り出さなくてもいいように、立てて収納すれば効率がよく、省エネ家事がはかどります。
ガイド宅では、使いかけの調味料はキッチンの取り出しやすい位置に、未開封のものはストック用戸棚の中に入れています。

ストックを入れておく場所も、奥まで見渡せるように収納すれば、間違えて同じものを何個も買ってしまうという間違いも起こりにくいです。

選ぶデザインはシンプルに

飽きの来ないシンプルなデザインは、いつまでも使える。わかりきったことなのに、その場の勢いで可愛い!と飛びついて購入してしまったものが、後で飽きてしまったり、部屋のテイストに合わない…と捨ててしまうようなことになりがちです。

人それぞれの趣味の違いもあるとは思いますが、食器は白や黒のオーソドックスなものが一番無難。ただ白いだけで何の芸もないように感じますが、愛情込めて調理したお料理が乗ると、テーブルの上でとても映えて見えます。

フリーマーケットなどでの食器や調理器具の購入、人からの頂き物も要注意!スタイリッシュでステキなお皿などはタダやタダ同然の値段では誰も譲らないはず。安いからと買ったものは結局ゴミ箱行きの運命から逃れられません!

調理器具は、シンプルな鉄のフライパンや、ステンレスの小鍋など、オーソドックスなものが飽きが来ず、長持ちするのでいつまでも使うことが出来ます。デザインもシンプルなものに、それがポイント。

関連サイト:
【おすすめの白い食器たち シンプルライフの食器は白!】(from,All About「シンプルライフ」)

----------------------------------------------------------------
次のページでは、シンプルなデザインを選ぶコツ、少ないものでやっていくコツなどを紹介します!>>