石見銀山の鉱床の断面図。左側の龍源寺間歩の位置を見ると、かなり深くまで掘られていたことがわかります。一番大きな大久保間歩は図の右上に位置しています(2012年11月撮影)

ほかのギャラリーを見る