新幹線のホームからホテルが見える?

外観
駅から歩道橋を歩いていくと、ホテルの3階の入り口に繋がる。ロビーは明るく、ゆったりとしており待ち合わせにも便利。
ホテルは駅から近いのが1番。ビジネスにも観光にも便利だし、わかりやすいですから。多少利用料金が高めでも、結果的にはお得な場合も多いことです。

大阪と東京を結ぶ新幹線。その拠点となるのがJR新大阪駅。同駅から1分のところに大人が楽しめる素敵なホテルがあります。その名は「ホテルラフォーレ新大阪」。1度利用すると友人に勧めたくなるホテルの1つとなるはずです。

南北に長い長方形のスリムな外観のホテル。最上階の19階には鉄板焼きレストラン「四木三草(しぼくさんそう)」とバーラウンジ「OLD ROW(オールド ロウ)」があり、それぞれ東側、西側と新大阪を中心とした大阪の夜景を望めるロケーションです。

新大阪周辺は、大阪の中心部の梅田と比べビルがひしめき合って建っておらず、眺めが抜群。街の光のみならず昼間は街の表情まで見えてしまう。旅をしているという実感がわいてきます。

それに伊丹空港に着陸する飛行機が真下から見えちゃうという豪快さ。防音しているから音は気にならないので、ちょっと珍しい経験になるのではないかなあ。それに新幹線も見えるので乗り物マニアには堪えられないかもしれません。



次は夜景の見えるレストランを