知られざる「カレー王国」の大阪にて
究極の激甘カレーを食す!

大阪名物のこだわりのカレーが味わえるお店「サンモリッツ」さんです。
くいだおれの町・大阪。現在ではたこ焼き、お好み焼といったコナモンのイメージが強いですが、じつは日本有数のカレー文化を有する都市でもあります。

たとえば日本ではじめてカレー粉を製造、販売したのは大阪人というのをご存知でしょうか? 明治36年(1903年)に道修町の薬問屋「今村彌」(現在のハチ食品)が始めました。当時はカレーのことを「洋風どんぶり」と呼んでいたそうですが、「あたらしもん好き」な大阪人には大人気だったとか。明治43年(1910年)に大阪初の西洋料理店としてオープンした自由軒のカレーは文豪・織田作之助が通ったことでも知られていますし、世界初のレトルトカレーを発売した大塚食品や、現在、カレールウの国産シェアでトップを誇るハウス食品も大阪の企業です。

そんなカレー王国の大阪ではカレーの老舗、有名店が目白押しなのですが、今回はその中でもこだわりの一品カレーが味わえる大阪ミナミ・なんば界隈にあるサンモリッツさんをご紹介しましょう。なんでも、こちらのお店では究極の激甘カレー「バナナパフェ風カレー」というメニューが存在するとか。カレーといえば辛いものですが激甘で、かつバナナパフェ風とはこれいかに? 常識を覆す衝撃の大阪名物カレーの体験レポートをどうぞ!

<記事index>
知られざるカレー王国・大阪……1p
「バナナパフェ風カレー」体験レポート!……2p
誕生秘話インタビュー……3p