まだまだ目が離せない石田&理子カップル

091005
「いよいよ婚約した話題の二人」
2009年7月15日に交際宣言をしてから、連日マスコミをにぎわせてきた、石田純一さん&東尾理子さんカップルが、いよいよ婚約しました。
最初に交際が発覚した時から、22歳という年齢差、また「不倫は文化」発言で知られ、バツ2という石田さんの恋愛歴、理子さんパパ・東尾修さんの猛反対など、「本当にこの二人結ばれるの?」と先行きを疑問視する声もありました。
しかし、9月29日に放送されたTV朝日系「ロンドンハーツ」のなかで、ドッキリカメラ形式ではありますが、石田さんが理子さんに公開プロポーズ。
みごと婚約まで漕ぎつけました。
9月29日の番組放映後の記者会見を「婚約会見」ではなく「結婚会見」と報道したメディアもあったぐらい、「これでこの二人も無事にゴールイン」と安心している方も多いことと思います。

しかし、まだまだ二人の前には大きな障害が立ちはだかっていると、私は考えます。
もちろん、理子さんパパの存在もそうですが、それ以外にもマスコミが報道しない大きな障害が、お二人の間に潜んでいると思っています。
そこで今日は、「石田純一は果たして結婚できるのか」について考えてみましょう。

◆石田純一&東尾理子カップルが結婚に至るまでの注目ポイント
「理子パパ攻略は避けられない壁」
「東尾親子のつながりの濃さに要注目」
「すでにかかあ天下の兆しがみられる二人!?」
「理子さんの「戸惑い」に注目」
「プライベートの切り売り」が危機を招いたカップルの例」
「カギを握るのは現キャラからの脱却!?」