紫外線は3月から急増し、7月にピークを向かえます。紫外線から肌を守るために使用する日焼け止めですが、日焼け止めで肌がかぶれたりなどの肌トラブルに見舞われた、という方も多いようです。そんなトラブルに合わないように「日焼け止め剤」についてまとめてみましたので、今一度確認してくださいね。

紫外線とは?

紫外線またの名をUVともいい、太陽光線に含まれる光成分の事で実際に人の目には写りません。紫外線は、可視光線(目に見える光です)よりも波長が短く、地球に届く太陽光線の中の約6%だと言われています。この紫外線は大きく3つに分けられます。
【紫外線の種類】
紫外線の種類
紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため、地球上には届きません。(データ提供:ふしぎの国の化学


これを踏まえて次のページでは日焼け止め剤の選び方をご紹介します。