西洋医学、宗教そして現存する伝統医学の元となったとされる「アーユルヴェーダ」。みなさんも耳にしたことがあるかと思います。リラクゼーションだけでなく、一人一人が健康で幸せな人生を送るためにどうすれば良いのか、生きるための知恵も教えてくれるアーユルヴェーダの魅力をご紹介します。

インドで生まれたアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ入門―インド伝統医学で健康に!脈診・ヨーガ・マッサージ・食事などで病気と老化をふせぐ (地球丸からだブックス)
アーユルヴェーダの入門書としてオススメなのがこちらの「アーユルヴェーダ入門」です。私も愛読しています。
近年、「オイルマッサージ」や「リラクゼーション」のサービスとして普及してきた「アーユルヴェーダ」ですが、アーユルヴェーダは世界3大医学の一つであり、インド・スリランカで生まれた約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学です。サンスクリット語の「Ayuh(生命・寿命)」と「Veda(科学・知識)」を合わせた言葉から、生命そのものを科学する医学、あるいは実践的な生活健康法として受け継がれてきました。

1977年に世界保健機構(WHO)がアーユルヴェーダと中国医学を予防健康医学として認めたことで、21世紀に向けての生活健康法として広がってきました。日本でもヨーガと共に知名度も上がり多くの人に注目され始めています。

アーユルヴェーダでは、私たちの思考、感情、行動に影響を与えるエネルギーと環境がもつすべてのエネルギーの調和とバランスを保つことで「真の健康」と「真の美しさ」、つまり心・身体・意識の美しさ(健康に基づく輝き)を生みだすことができると考えています。一人一人が健康で幸せな人生を送るためにどうすれば良いのか、生きるための知恵を教えてくれるのがアーユルヴェーダの魅力なのです。

簡単な説明ですが「アーユルヴェーダ」というものをお解りいただけましたか?次のページでは、アーユルヴェーダを取り入れ心身のケアを行うサロンをご紹介します。