海外移住を実践するためのハウトゥーを、連載でお届けします。第一弾は、お問い合わせの多い「海外で年金を受け取る方法」です。


国際キャッシュカードで引き出せる口座を指定する

海外で中長期滞在するときに便利なのが、国際キャッシュカード対応の銀行口座です。日本の口座に置いてある円を、海外のATM機を通すことで、瞬時に自動両替して引き出すことができるもので、一部の在日外資系銀行やメガバンクと呼ばれる邦銀大手各行で、口座開設、カード発行を依頼することができます。
年金の受け取り口座を、この国際対応の口座番号に指定することで、現地滞在中はカードを利用して安心・安全に年金を引き出すことができるのです。

注意することとして、(1)日本で発行した国際キャッシュカードの口座への、海外での預け入れはできない、(2)換算レートが若干割高になる、(3)シーラスやプラスを経由するので、手数料率が若干高めである、等が挙げられます。滞在期間が1~3ヵ月程度、あとは日本や第三国と往き来をするロングステイ・スタイルのひとに向いているサービスです。
また、(4)銀行によっては、年金の受け取り指定口座にできない場合があります。手数料率やルールもそれぞれ異なりますので、窓口担当者によく相談をしましょう。

メリットとしては、(1)日本国内で安全に、「円」での資産保有ができる、(2)複数国でのロングステイを希望するひとにとって便利(その国の通貨で引き出すことができるので、汎用性がある)、(3)税務上の手続きや社会保険事務所への届出が不要、等があります。

【関連記事】
各国通貨で引き出せる次世代通貨「国際キャッシュカード」
年金制度のある国で悠々暮らす(日加社保協定締結)