地球温暖化で、いたるところでエコの大合唱。旅行も当然、クルマを使ったドライブ旅行よりも鉄道旅行の方が、はるかに地球に優しい。今回は、列車に乗ってのアウトドア体験を提案したい。

大自然を間近に体験できる鉄道旅行

ノロッコ号
釧路湿原ノロッコ号は、のんびり自然に触れるのにふさわしい列車だ。
大自然を満喫できる鉄道旅行と言えば、夏なら北海道にとどめを刺す。洞爺湖サミットで世界にも俄然知名度のあがった北海道だが、残念ながら鉄道に関しては、路線の廃止が相次ぎ、今では列車でどこへでも行けるというわけではない。しかし、大自然を車窓から楽しむ鉄道旅行は魅力が尽きない。

道東には自然の豊かさが残る湿原が何ヶ所も広がっている。一番有名なのは釧路湿原だが、幸い釧網本線が湿原の真っ只中を通っている。自然保護の立場からクルマの乗り入れが制限されてもいるので、今行くならぜひ列車で行ってみよう

観光列車「ノロッコ号」が人気でツアーにも組み込まれている。ここだけバスやクルマを捨てて列車にする人も多いと聞く。あなたも、今回はぜひ列車利用で湿原探訪に出かけよう。釧網本線の旅については、先に別の記事で書いたので、ここまでとして、次のページで道東の他の湿原をご紹介しよう。