おまとめローンと偽って、お金をだまし取る悪質な手口が増えているのでよく注意してください。

おまとめローンは便利!?

おまとめローンは便利!?
あちこちから高利で借金をしている人は支払いを一箇所にまとめたり、金利を安くしたいと思いますよね……
最近、東京スター銀行などをはじめとして、おまとめローンのテレビコマーシャルをよく目にします。あちこちの消費者金融から借金をしている人にとって、借金をまとめたいという欲求は強いようです。毎月いろいろな業者の返済期限が来ますが、期限までに支払いができないと督促の電話がかかってきますから、精神的なプレッシャーも大きいのでしょう。また、消費者金融の金利は高いので、できれば金利の低い銀行でまとめてしまいたいと思うのでしょう。

おまとめローン詐欺の手口

このような債務者の心理を逆手にとった悪質な手口の詐欺が、おまとめローン詐欺です。こういった詐欺業者は、低い金利で数百万円単位まで融資するといって営業をしており、大手消費者金融や信販会社と似通った名前の業者であることも多いです。

手口はこうです。申し込みをしてきた債務者に対し、まず、債務者の信用を調査する必要があるという理由で、債務者が借金をしている貸金業者とは別の貸金業者から借金をするよう指示されます。そして、借りることができたら、それを証拠金として詐欺業者に送金するように指示されます。債務者からの送金が確認できたら、信用があることが確認できるので、正式に融資を実行する、その際、送金した証拠金も返金すると言うのです。たとえば、2社から50万円ずつあわせて100万円を借りてきて、それを証拠金として送金してほしいなどと言われます。債務者がそれを実行して、融資を求めようと電話をかけると、もう電話は通じなくなっています。

あるいは入会金や保証金名目でお金をだましとる手口も多いです。おまとめローンの融資を実行するにあたり、入会金が必要だとか、保証金が必要だとか言って、数十万円を送金させ、その後やはり連絡がつながらなくなるというものです。

次のページでは、だまし取られたお金を取り戻せるのかどうかについて検討してみます。