多額の債務を負っている場合は…

画像の説明
自己破産で、手放すことになるものは…
「自己破産」とは、以前に説明した債務の引き直し計算をしてみても、あなたのかかえる債務額が返済不可能なほどに多額である場合にする手続きです。自己破産では、弁護士などの専門家が裁判所に破産を申し立てることにより、債務を帳消しにすることができます(※税金など支払義務がなくならないものもあります)。

この場合、あなたの借金はなくなりますが、不動産や自動車などの資産を持っている場合には、それらを手放さなければなりません。ですから、特に資産を持たず、多額の債務をかかえている方は、この自己破産の手続をとるのが良いといえます。

なお、誤解されている方もいるのですが、自己破産したからといって、破産の事実が戸籍に記載されるとか、選挙権がなくなるというようなことは一切ありません。また、職場に知られる可能性も非常に低いといえるので、この点でご心配されることはないでしょう。

多額の債務は負っているが、資産を保有している場合

「個人再生」とは、債務の引き直し計算を行っても、いまだに返済不可能な金額の借金が残っている場合にあって、あなたが不動産などの資産を保有しているため自己破産することを希望しないときに利用する手続です。最近だとプロゴルファーのジャンボ尾崎さんが利用したことでご存じの方もいるでしょう。

個人再生を利用すれば、あなたの資産を手放すことなく、100万円から債務合計額の20パーセント程度の金額(※あなたの収入によっても若干の変動があります)を、3年間で分割弁済することにより、借金をなくすことができます。この個人再生の手続は、弁護士が裁判所に申し立てておこないます。

いろいろご説明しましたが、借金を抱えたあなたにとって任意整理、自己破産、個人再生のどの方法を選択するのがベストであるかはあくまでケースバイケースです。ですから、実際にどのような方法を選ぶかについては、弁護士に相談してアドバイスを受けることをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。