あなたはショッピングなどでカード払いがかさんできたりして、知らず知らずのうちに借金が増えてしまっていませんか?いくつものカードを利用しているうちに支払い残高が数百万円にとどきはじめると毎月の返済額もかなりの負担になってしまいます。

このようなあなたの借金問題を解決する方法としては、主に下記3つがあります。
・「任意整理(にんいせいり)」
・「自己破産(じこはさん)」
・「個人再生(こじんさいせい)」

それでは、この3つの方法はどういった違いがあるのでしょうか?それぞれの解決方法についてかんたんに説明していきましょう。

専門家が借金を整理してくれる任意整理

「任意整理」とは、弁護士などの専門家が依頼主の代理人となり、各債権者に対して「弁護士介入通知(べんごしかいにゅうつうち)」という書面を発送し、債権者の取立てをストップさせます。そのうえで、現在の債務額を確定させて、各債権者との間で分割弁済の和解をとりかわす解決方法をいいます。

弁護士に依頼する大きなメリットの1つに債務の「引き直し計算」があります。あなたの現在の債務額を確定させる際、弁護士は「利息制限法」という法律にしたがい、正確な債務額を計算し直します。これを引き直し計算といいます。実は、この債務の引き直し計算を利用すれば、現在の債務額を減額できる可能性があるのです。

債務者にとってすごく有利な引きなおし計算

引きなおし計算
利息が違法に高いため、債務者は、返済してもなかなか元本(がんぽん)が減らず、いつまでも返済し続けなければならないという状況に陥っています。
債務者にとってすごく重要な、債務の引き直し計算の仕組みをもう少しくわしく説明しましょう。

世間には高金利の金融業者がたくさんいて、ヤミ金融といった超高金利の悪徳金融業者はもちろん、テレビCMで広告宣伝している大手の消費者金融もこれらにふくまれます。このような高金利の金融業者は、利息制限法という法律で定められた利率の上限を超えた違法な利率で、貸付をおこなっているのが実情なのです。

これらの金融業者に対する債務を、弁護士などの関与のもとで、利息制限法にしたがって、適法な利率まで引き下げて計算し直してみます。すると、実際には元本がだいぶ減少していたり、場合によっては、返しすぎになっているという事態もありうるのです。

とくに、あなたと各債権者との取引期間が長い場合などは、この引き直し計算をすることによって、多額の債務額がわずかな債務額に減少したり、あるいは逆にお金が戻ってきたりすることが多くあります。このような場合には、あえて自己破産をするまでもなく、弁護士の協力のもとで任意整理により解決することが可能になることも多いのです。


次のページは、「自己破産」「個人再生」についてご説明します。