父の日のテーブルコーディネートのイメージ
父の日のテーブルコーディネート。白のテーブルランナーを敷いてさわやかさを演出します。

もうすぐ、父の日。日頃一生懸命頑張って働いてるお父さんに、感謝の気持ちをこめて、家族そろってお祝いをしましょう。
今年はどんなふうにしようかしらと思っていらっしゃる方に、今回は今流行の言葉で言えば、「ちょいワルな」かっこいい大人のイメージ、クールでダンディーな雰囲気のコーディネートをご紹介します。



レザーのテーブルマットにオールドファッショングラスをセッティングしてダンディーに決める。
* 画面をクリックすると拡大画面が見られます。

レザーのマットを使ってコーディネート

今回の、コーディネートは、レザーのマットと、オールドファッショングラスを使ってダンディーなイメージを演出します。このグラスは、ゴブレットよりずっと古くから使われていた形のため、オールドファッションと呼ばれています。ウイスキーのオンザロック用によく使われることから、ロックグラスとも呼ばれ、大人の男を演出するにはなくてはならないグラスです。今回のセッティングは黒のテーブルクロスと白のランナーを使ったシックな基調ですが、それだけだとシンプルな仕上がりになってしまいます。そんなときは、レザーのマットがよく合います。レザーの感触が、男性的で大人の雰囲気を醸し出します。
お皿はディナー用の大きなものを使わず、おつまみのように、いろいろなお料理をいただきながら、お酒も楽しめるように、小さな小皿を何枚か用意しましょう。お料理としては、ディップして食べていただく野菜や、串や楊枝でいただく、焼き鳥、串かつ、あるいはピンチョス料理はいかがでしょうか。


父の日のお花のアレンジ
*画面をクリックすると拡大画面が見られます。

お花のアレンジのポイント

父の日は、黄色いバラがよく使われますが、今回のコーディネートでは、さわやかな季節にあわせて、花もグリーン系に、また葉物も使っています。かっちりとした、四角いボックス型にお花を敷き詰めてアレンジします。色のアクセントに薄紫の色のバラを加ています。花器も全体のイメージに合わせて四角い形や、グリーンに合うよう抑えた色を使います。




食器の詳しい内容については、次ページの【コーディネートレシピ】をごらんください。