愛が実り幸せを呼ぶオレンジ

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/6/1/5/0/9/bigorange.jpg
オレンジは『幸せな結婚』『多産』『子孫繁栄』のシンボルです。
4月14日は『オレンジデー』。

2月14日、3月14日で愛を確かめ合ったカップルが、愛の果実を実らせる日として、オレンジを食べたり、オレンジ色のものを贈る日として少しずつ定着しています。

オレンジはヨーロッパでは「幸せな結婚」や「多産」、「子孫繁栄」の象徴と言われ、結婚式で花嫁がオレンジの花を身につけることもよくあるそうです。

はしのえみさんも挑戦

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/6/1/5/0/9/hashino.jpg
オレンジを使った料理に挑戦するのは、昨年結婚したばかり。幸せいっぱいのはしのえみさん
4月14日の「オレンジデー」を記念した一日限定の料理教室が、4月13日都内で開かれました。

幸せの象徴、オレンジを使った料理に挑戦するのは、結婚ホヤホヤの幸せオーラいっぱいのはしのえみさん。

ご主人について「子供ができたら、ちょっと厳しい“昭和なお父さん”になりそう」と期待を膨らませつつ、オレンジたっぷりで低カロリーのデコレーションケーキと、オレンジの香りがさわやかなドレッシングを作ろうと、意欲満々!

10組の妊婦さんのカップルも集まって、幸せオーラたっぷりの料理教室がスタートしました。


次のページでは、オレンジのアンチエイジング力についてご紹介します。