書く力を身につけて資格をいかす

LETS講義風景
社会復帰の足がかりに、また副収入に、と目的は様々。主婦、学生やOLなど女性が多く集まる。
資格をいかす方法の1つとして、書く力を身につけて得意分野のライターをめざしてみては?eco検定(環境社会検定試験(R))に合格、現在、環境系ライターとして活躍されているなまこさん(仮名)も、その1人。今回はライターになるための実用ライティング検定をご紹介します。

実用ライティング検定は「リビング新聞」などフリーペーパーを発行するサンケイリビング新聞社が主催。女性ライターを育成する事業、LETS(リビング・エディターズ・トレーニング・システム)の修了認定となる検定で、基本的には誰でも受験することができます。

実用ライティング検定は現在は3級、2級が実施されています。3級のレベルはLETSのベーシックコースの講座を修了した程度とされています。ではベーシックコースの内容をみてみましょう。

ベーシックコース第5期(予定)
1.プロライターの仕事とは……ガイダンスと心構え
2.文章表現の基礎1……商品としての文章の用字用語
3.文章表現の基礎2……客観表現・行動を起させる表現
4.文章の書き分け・表現方法……ターゲットによっての書き分け(タイト5.ル・リード・文体)
6.見出し・小見出しの重要性……コピーライティングスキルを磨く
7.テーマ選び・情報収集方法……独自性のあるテーマと切り口の設定
8.Web構成・表現方法……Web用語の知識。読みやすく目立つ表現法
9.資料からの書き起こし……3行メモやHPからの小記事作成法
10.取材の仕方・インタビュー……アポイントからの作法と実践
11.原稿の構成と推敲……長い文の組み立て
12.撮影……写真の撮り方
13.特別講義……業界基礎知識・チャンスの掴み方
※詳細&最新情報はこちら