医療事務
正確で細やかな仕事と気配りが求められる医療事務
結婚後や、出産後も続けられる仕事として、女性に人気がある医療事務。病院や診療所などは比較的住宅街に多く、また全国的にあることから自宅の近くで勤務できることや、またフルタイムやパート、派遣などライフスタイルにあわせた働き方ができること、社会的に信頼のある病院等で働く安心感などが大きな魅力となっています。

医療事務とは、病院や診療所など医療の現場で、受付窓口や患者のカルテ管理、健康保険点数の算出、医療保険の支払い機関に提出する診療報酬明細書(レセプト)の作成を行います。レセプトとは、いわゆる国や健康保険組合に請求する、医療費の「請求書」。専用の書式を使用しますので、専門的な知識が必要とされる業務です。

医療事務として働くのに資格取得は絶対条件ではありませんが、資格を取得することで、あらかじめ仕事の内容も理解できますし、仕事に就く際にも待遇面で有利になります。

医療事務の資格といえば医療事務技能審査試験

医療事務の技術、計算能力などを有していることを認定する資格には、各民間団体が独自で認定している資格が数種類あります。そのなかでも年間約6万人の受験者で、受験校も医科・歯科延べ300校を超えるなど、医療事務技能審査試験が医療事務関係としては最大規模の試験となっています。

医療事務技能審査試験は1級、2級の2等級があり、さらに医科、歯科の区別があります。合格者にはメディカルクラークの称号が与えられ、例えば医科1級に合格すると1級メディカルクラーク(医科)となります。

医療事務技能審査試験の概要は?>>次ページへ>>