IP電話を始めよう
皆さんも今すぐIP電話をはじめてみましょう
「IP電話だと電話代がかなり安くなるらしいぞ」 
「いやいやそれどころか、どうもタダになるみたいだ」

いまやテレビコマーシャルで広末涼子が「加入者同士がタダになっちゃう」と宣伝してるぐらいなので、なんとなくIP電話について聞いたことがあるという方は多いんじゃないでしょうか。

でも、なんだか「IP電話」という名前も小難しげですし、昔から「タダほど高いものはない」と言います。なんで急にこんなに安く電話ができるようになったのか?と、逆に話が上手すぎると警戒される人も多いようです。

そこで、今回は、そんなIP電話の安さの秘密を考えてみましょう。


使うたびに電話代を払うこれまでの電話

普通の電話の料金から思い出してみましょう。

現在の一般的な料金は市内が3分8.5円。
あとは距離が遠いところにかけるほど高くなり、国内の100km以上では3分80円程度の料金がかかります。
これがこれまでの電話料金の常識です。

それに対してIP電話は、例えばYahoo!BBのBBフォンなら、全国どこでも3分7.5円。
さらに加入者同士はどれだけ話しても無料で、基本料も無料。
「これは絶対ウラがあるに違いない!」
と叫ぶ人がいるのも当たり前ですね、単純比較すると安すぎます。

でも、もちろんこれには仕組みがあります。
ポイントは「ブロードバンド回線の利用料」です。


すでにあなたはIP電話定期券を購入済み

すでにADSLや光ファイバなどのブロードバンド回線を利用している人は、月額3000円から8000円程度の利用料を支払っていると思います。
IP電話ではこれが電車で言うところの定期券として機能するのです。

これまでは普通の電話と、インターネットは電車で言えば違う路線を使っていたため、私たちは電話もインターネットもそれぞれ個別にお金を払ってきました。
これが、IP電話では電話もインターネットも同じ路線を使うことができるのです。

ブロードバンド回線を使っている人は、すでに月額料金として「一ヶ月インターネット利用定期券」分のお金を払っているのですから、IP電話もその定期券で使うことができます。
なので同じサービスの加入者同士は無料で通話ができる訳です。
お互いに定期券を持っているのですから当たり前ですよね。

そういう意味では実はブロードバンド回線を利用している人で、普通の電話を使っている人は、せっかく定期券を持っているのに、毎回自分で切符を買って二重払いをしていることになります。

なんと「使うとお得!」ではなくて「使わないと損!」という状態なんですね。

ブロードバンド回線をすでに利用している方、これから利用しようと思っている人は、是非このサイトを使ってお得なIP電話を見つけてください。


【関連記事】
→次のコラムへ:IP電話の課題と心の準備
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。