ムービーメーカー2で編集を終えたデータは、基本的にはMEPG-4を利用した「WMV形式」というファイル形式で出力されます。WMV形式は、高画質でありながらファイルサイズが小さくできるという特徴があります。
ここでは、ムービーメーカー2で編集したデータを、推奨形式で出力する方法を解説しましょう。

【MPEG】
動画データや音声データを圧縮し、ファイルサイズを小さくするためのテクノロジー。MEPG-1やMEPG-2、MEPG-4といった種類がある。
MEPG-1:ビデオCDなど、CDメディアへの記録を目的に利用されている。
MEPG-2:DVD-Videoなど、高画質な映像が要求される目的に利用されている。
MEPG-4:インターネットなど、通信環境での映像配信に利用されている。

【WMV形式】
WMVは[Windows Media Video]の略で、MicrosoftがMPEG-4をベースに開発した動画データ用のファイルフォーマット。高画質でありながらファイルサイズを小さくできるという特徴がある。インターネットなど通信によるビデオ配信に利用されつつある。

保存形式を選択する

ビデオの編集を終えたムービーは、ムービータスク・パンの「3.ムービーの完成」から保存方法を選択し、ファイルとして出力します。

1・保存形式を選択する
ムービータスク・パンにある「3.ムービーの完成」のをクリックすると、ファイルの保存形式を選択するメニューが表示されます。ここでファイルの保存形式を選択しますが、推奨する形式で出力したいので「コンピュータに保存」を選択します。

2・ファイルを出力する
保存形式を選択すると、ファイル出力用のウィザードが起動します。ここでウィザードの指示にしたがって操作すれば、ファイルが出力されます。


ファイル名と保存先を指定し、[次へ]ボタンをクリックします


品質を確認して[次へ]ボタンをクリックします


ムービーが出力されます


[完了]ボタンをクリックします