携帯ゲーム戦争はDS Liteの勝利に終わった(?)が……


DS Lite発売日の模様
約500人が行列をなした、2006年3月2日の「ニンテンドーDS Lite」発売日の模様(ビックカメラ有楽町店)
もう旧聞に属するが、2006年3月2日に任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」が発売された。各地の家電量販店に未明から行列ができて大きな話題にもなったので、ご存じの方も多いことだろう。ソニー・コンピュータエンタテインメントの「PSP(プレイステーション・ポータブル)」と携帯ゲーム機のナンバーワンを争っている。しかしDS Liteが発売になって既に2カ月が経過しようとしているが、未だに家電量販店では品切れ状態が続いているように、その座は完全にDSシリーズが掌握したようだ。

DSシリーズは、本体の向きを把握するジャイロセンサーやタッチセンサー付き液晶、マイクなどを搭載。「さわる」「上下左右に動かす」「声を出す」といったさまざまなアクションを使いながらゲームを楽しめるという「ゲーム機としてのこだわり」が勝利へとつながったようだ。PSPは1.8GBもの容量を持つ小型光ディスク「UMD」を採用し、映画コンテンツなどもラインアップする。ソニーが元々強みとするマルチメディア性を追求したものだが、既に「ゲームボーイ」シリーズで築き上げていた任天堂の牙城を崩すには至らなかった。

ニンテンドーDS LitePSP
携帯ゲーム機ナンバーワンを争うニンテンドーDS Lite(左)とPSP(右)


……とまあ、これは携帯ゲーム機としての話。老若男女を問わず売れているから、読者の中でお持ちの方も多いのではないだろうか。しかしここは「男のモバイルグッズ」ガイドサイト。モバイルグッズという観点から、この携帯ゲーム2機種を比較してみたい。