無線スポットを利用できるのはWindowsだけではありません。ほとんどの無線スポットはMacintoshでも利用できます。ここでは、Macintoshで無線スポットを使う方法を解説します。

■AirMacならWindowsより設定簡単
AirMac対応のMacintoshには、デスクトップ画面上部の「メニューバー」に電波状況が表示されます。無線スポットのアクセスポイントには、ここから接続します。

左から2番目のアイコンがAirMacの電波強度。4段階で電波の強さを表示します。詳しくは後述しますが、アクセスポイントを隠しているときは、電波の状態を確認できません。

プルダウンメニューにアクセスポイントが表示されたら、接続したいアクセスポイントを指定します。このとき、暗号化されてている無線スポットでは、「WEPキー」を入力します。「WEPキー」が5文字では「40ビットASCII」を選択、10文字では「40ビット16進」を選択してください。
無線スポットの中には、不正なアクセスを防ぐためにアクセスポイントを隠している所があります。このときは、プルダウンメニューから「その他」を選びます。

プルダウンメニューから「その他」を選びます。「非公開ネットワーク」のウィンドウが開いたら、「非公開ネットワークの名前」にESS-IDを、「パスワード」にWEPキーを入力します。

■Yahoo! BBモバイルは微調整が必要
Yahoo!BB モバイルでは、WEPキーの先頭に「$」(半角のドル記号)か「0x」(ゼロと半角小文字のエックス)を追加してください。あとは他の無線スポットと同じです。

■PowerBook、iBookで街に出よう
実は、PowerBook G4を無線スポットに持ち込んでこの原稿を書いています。バッテリーでも長時間使えるPowerBookと無線スポットがあれば、「モバイルオフィス」が実現できますよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。