2007年、モノを言うのは企業のリスクマネジメント?!

今年・2007年、企業の危機管理(リスクマネジメント)関連の専門資格が相次いで誕生します。
ところで、リスクマネジメントって何?という方のために、「リスクマネジメントを学ぼう」でおさらいしておきましょう。

「リスクマネジメント」とは・・・
収益の源泉としてリスクを捉え、リスクのマイナスの影響を抑えつつ、リターンの最大化を追求する活動

更に「事業リスクマネジメント」とは・・・
リスクを全社的に合理的かつ最適な方法で管理してリターンを最大化することで、企業価値を高める活動


個人情報漏洩や著作権侵害、ハッキングに公害、災害……様々な「リスク」に曝されている現代企業においては、発生しうるリスクを極力少なく、そしてもしも起こってしまっても、その影響を最小限に抑える「リスクマネジメント」が欠かせません。
そんな「リスクマネジメント」をキーワードに今年誕生する2つの資格が、事業継続初級管理者(仮)とPRプランナーです。

事業継続初級管理者(仮)は、災害、事件、事故等が起きても企業活動を中断せず、中断したとしても、極力短期間で回復できるようにすること、つまり「事業継続」(BC)を推進する専門家資格。昨年・2006年に発足されたNPO法人事業継続推進機構(BCAO)が創設を予定している資格制度で、実質的には、初の「企業の危機管理担当者を対象にした」専門資格として注目されています。
資格制度の詳細は未定ですが、2006年11月発行のニュースレターのよると、2006年度中に第1回試験が実施される予定。今後は、「事業継続主任管理者」、「上級管理者」資格を順次創設していくとのことです。今回の資格創設には、内閣府、経済産業省も強力バックアップしており、要注目の資格となりそうです。

一方、PRプランナーは、企業不祥事の際の緊急対応など、「企業広報」の観点から「リスクマネジメント」に携わるための資格。2007年9月の試験に向けて、6月から受付が開始される予定です。
同じような趣旨で既にスタートしている資格にはIRプランナーPR・IR業務資格認定試験があり、俄かに注目の分野となっています。(※参考:資格界の新分野PR&IR資格に注目!

このほかにも、前述の「内部統制」も、もちろん「リスクマネジメント」の範疇。厚生労働省の国家検定である技能検定「知的財産マネジメント技能検定(仮称)」への移行が検討されている知的財産検定なども、広い意味での「リスクマネジメント」関連資格として、動向が注目される1年となりそうです。

特定非営利活動法人事業継続推進機構(BCAO)
※資格制度、養成講座の詳細は、今後上記で公開される予定です。
社団法人日本パブリックリレーションズ:PRプランナー資格認定制度
※資格の詳細は、必ず上記サイトをご確認ください。
知的財産教育協会:知的財産検定
※国家検定移行の詳細は、必ず上記サイトをご確認ください。


>>残るキーワードは1つ!次ページは、3つ目のキーワード「マネー・リテラシー」と注目資格について解説します。