【その1】食べ終わった食器は重ねない

イメージ
 
食事が済んだ皿はつい重ねて片付けたくなりますが、重ねてしまうと汚れていなかった皿の裏まで汚れてしまいます。食べ終わった皿は重ねないよう、また、その汚れごとに分けて(油汚れ、でんぷん汚れなど)シンクに運ぶようにします。

【その2】洗う順番を守る

食器を洗う時は、汚れが少ない物を先に洗い、油汚れなどの付いた食器を後に洗うのが基本です。これを守らないとせっかく油汚れが付いていなかったグラスなども、洗っている工程で汚れてしまうことも。

まず最初に汚れの少ないグラス類から洗うようにし、次に油汚れの少ない食器類、最後に油汚れがある食器を洗うようにします。

【その3】洗う前に拭く

食べ残しや食器に残った汚れは、洗う前にまず拭き取ります。古布や古新聞を利用したり、調理用のゴムベラなどでこそげ落とすのも良い方法です。ボロをハサミで小さく切って用意しておいたり、調理の工程で使ったキッチンペーパーなどを利用しても良いでしょう。ゴムベラは100円ショップなどでも購入できますので、後片付け用に1本用意しておくと便利です。
新聞紙
 

右の写真のように、空いたティッシュの箱に古新聞を切ったものを入れて、キッチンに1個用意しておくと効率よく拭くことができます。ちなみに、新聞紙を大きく広げた1/8のサイズの横の長さが、ティッシュの箱の長さとジャストサイズ。

あらかじめこの大きさにカットした新聞紙を3つ折りにし、折り目の最後を次のペーパーと互い違いになるようにして次々に重ね、ティッシュの空き箱にセットすればボックスティッシュのような使い勝手で使えます。

【その4】排水は捨てない

調理中に野菜を洗ったり手を洗ったりして出た排水は洗い桶に貯めておくようにし、できるだけ捨てないようにしましょう。米のとぎ汁や、パスタやうどんなどの茹で汁、野菜のゆで汁なども、食器洗いには最適です。

特にパスタやうどんなどの茹で汁にはでんぷん質が溶け出していますので、油汚れの食器も洗剤無しで綺麗にしてしまうほどの効果があります。パスタ料理などは脂っこい汚れの洗い物も多く出るので、あらかじめゆで汁は洗い桶に取っておき、食べ終った食器はすぐにその中に付けるようにすると頑固な油汚れもみるみる落ちます。

【その5】基本はため洗い

水を流しっぱなしで食器を洗うなんて言語道断。洗い桶を使ってため洗いをしましょう。ため洗いなら最後に綺麗な水ですすぐだけで済むので、水の使用量はぐっと少なくなります。

ちなみに5分間水を出しっぱなしで食器を洗った場合、約60Lの水が無駄になります。これを1日2回1ヶ月繰り返すと3600L。ため洗いにした場合と比べると、月額にして約2200円もの差が出ます。
(データ参照:東京都水道局

【その6】頑固な汚れは付け置き

お茶碗などのでんぷん汚れは時間が経つとカチカチにこびりついてしまいますが、少しの間水に付け置きをしておくと楽に汚れが落ちるようになります。もちろん茶碗などのでんぷん汚れは油汚れではありませんので、付け置きさえしておけば洗剤は不要です。

【その7】洗剤は極力使わない

洗剤が必要な汚れはごく少数。全ての食器を洗剤付きのスポンジで洗うのは間違いです。油汚れの食器以外は洗剤を使わないできれいになりますし、しつこい油汚れの場合も少量の洗剤で十分です。

洗剤を使わなくて済むように、アクリルたわしを利用するのも良い方法です。アクリルたわしの利用法や作り方はこちらの記事をご覧下さい。


イメージ
 
汚れを拭きとってから食器を洗ったりできるだけ洗剤を使わないようにすることは、水道代の節約にもなる上、家庭排水を減らす効果もあります。節約のためにも環境のためにも、ぜひ心がけていきたいですね。


関連リンク集
*アクリルたわしで洗剤いらず
*水道代の節約(おすすめリンク集)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。