日本語の「~です」にあたる韓国語は?

です,韓国語,読み方,~です,です韓国語,韓国語です,ハングル,韓国旅行,韓国,韓流,ドラマ,映画,旅行会話,ソウル

海苔ですは?


韓国語は日本語と語順が一緒。日本語の「てにをは」が、韓国語にもあるんですね(参考『韓国語を学ばなきゃ損!の3つのワケ』)。英語では、「私」などの主語のあとに動詞などの述語がくるので、英語で会話をしようと思うと、「私は……、行った……、どこに……、誰と……」となるので、慣れない人にとっては、少しばかりのストレスを感じることになるかもしれません。しかし、韓国語は日本語と同じ感覚で話せるので、欧米系の言語に比べ、話すストレスが少ないような気がします。

そこで、まずは、韓国語の「~です」を勉強してみましょう。この一言を知っているだけで、人、モノの名前、地名、値段……、ありとあらゆるものを表現することができます。魔法の一言ですね! 実は、「~です」には、「最も丁寧な言い方」と、「少し丁寧な言い方」の2種類があります。一緒に見てみましょう。

■韓国語で「~です」

「~です」の最も丁寧な言い方

~입니다(~イムニダ)
なんとなく韓国語を聞いて、「~ニダ」という語尾が耳に入ってくるな、と思われる方は多いでしょう。この「~입니다(~イムニダ/~です)」が、その一つです。これは、初対面の人、目上の人、ビジネスなどで使う、最も丁寧な言い方になります。

名前を使って練習してみましょう。「中村(なかむら/나카무라)」というお名前の方が、「中村です」と言いたいときは、「나카무라입니다(ナカムライムニダ/中村です)」と、「イムニダ」を付けるだけ!また、「中村さんです」と人に紹介したいときなどは、「나카무라씨입니다(ナカムラシイムニダ/中村さんです)」と言うことができます。

また、パッチムのある単語に「~イムニダ」を付ける場合は、発音に注意しましょう。「山」は、韓国語で「산(サン)」。「山です」と言ってみましょう。「산입니다(サニムニダ/山です)」。あれ?「サン イムニダ」でなくて、「サニムニダ」? なぜこのような発音になるかというと、実は、ゼロ子音(発音しない子音)の「ㅇ」の前にパッチムがくると、「連音」するからです。大丈夫、簡単です! アルファベットでご説明しますね。

「산(san)입니다(imnida)」の、アルファベットの部分をつなげると、「sanimnida」。「サニムニダ」ですね。ハングルをアルファベットに置き換えてみると、なんてことはありません。最初は戸惑うかもしれませんが、徐々に慣れてきます。いまは、そういう風になるんだな、くらいに思っていてください。

「~です」の少し丁寧な言い方

~예요/~이에요
韓国語を聞いていて、語尾によく「~ヨ」が来るな、と思ったことのある方はいらっしゃいますか? この「~イエヨ」、「~イェヨ」がその一つです。こちらは先ほどご紹介した「~イムニダ」よりは、若干くだけた敬語で、日常会話でよく用いらます。基本的に、パッチムのない単語の場合は、「~예요」が付き、パッチムのある単語の場合は、「~이에요」がつきます。

上で練習した「中村です」を、この語尾を使って言ってみましょう。『나카무라(ナカムラ)』……パッチムはありますか? ありませんね。ですから、「나카무라예요(ナカムライェヨ/中村です」となります。「山です」を言ってみましょう。「산(サン/山)」……パッチムがありますね。ですから、「산이에요(サニエヨ/山です)」となります。アルファベットで表してみると、「sanieyo」。やはり、パッチム+ゼロ子音「ㅇ」なので、連音していますね。

「~です」を使って会話しよう!

さあ、これで身の回りのものをどんどん紹介できますよ。例えば、住んでいるところは?-「요코하마예요(ヨコハマエヨ/横浜です)」。日本食で美味しいものは?-「수시예요(スシエヨ/寿司です)」。犬の名前は?-「고로예요(コロエヨ/コロです)」。それは何?-「한국어 책이에요(ハングゴ チェギエヨ/韓国語の本です)」。

辺りを見回して、いろんなものに「~입니다」もしくは、「~예요/~이에요」を付けてみてください。これで立派な韓国語の文章、会話になります。表現したい単語を調べたりすれば、ぐんぐん世界が広がりますね。会話は、聞くことでなく、話すことから始まります。積極的に、どんどん身の回りのものを口に出していってくださいね!

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。