手づくりの新鮮なバターを作ってみませんか?
ハンドミキサーと脂肪分が47%以上の生クリームを使えば、超簡単にバターができ上がります。

バターの起源は、その昔、羊の皮袋に入れたミルクが、長い時間の旅で揺られたおかげで分離して、バターと液体とに分かれたのを発見したのが始まりといわれています。

そうなんです、バターはミルクを長い時間、容器の中でゆすってやればできるのです。
忙しい現代は、こんなにゆっくりと時間はかけられません。
そこでハンドミキサーに登場願うわけです。

でき上がったバターに、レーズンやニンニク、木の芽などを加えて、我が家のオリジナルのバター楽しんでみてください。お好みで、塩分をぐっと控えることもできますよ!

DIYのオンラインショップには、手づくりバターのセットも売られていますが、ハンドミキサーがあれば、それだけで充分です。
空き瓶に生クリームを 、入れ上下にはげしく振って作るというバターづくりもありますが、とても重労働です。

さあ、お休みの日には、家族の皆様とバターづくりをお楽しみください。

゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
 

材料:生クリーム200cc(脂肪分47%以上)、塩ひとつまみ。

  1:ボールに生クリームと塩ひとつまみを入れて、ハンドミキサーの強で泡立てます。
     
 
2:5分ぐらいすると、生クリームが分離してポロポロの状態になります。   3:水分がでてきますので、2回ほど繰り返して水分を除いてください。
     
 
4:引き続き泡立てると、バターのようにねっとりとしてきます。このような状態になるまで約10分ぐらいです。   5:キッチンペーパーを2~3回取り替えて、バターの余分な水分を取り除きます。
     
 
6:重さ約120gのバターができました。   7:バターの中に入れるレーズン10g、山椒の新芽10まい。
     
 

8:できあがったバターに、みじん切りしたレーズンや、山椒の新芽、スライスしたニンニクを入れて良く混ぜ合わせます。

  9:生クリーム200ccから、3種類のバターができました。お好みであなただけのオリジナルバターを作ってくださいね。
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。

♪手づくりバターの関連サイトはこちらから♪
牛乳を使ってヨーグルトやチーズ

(C)Apr...2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。