飲んだ翌日のむくみケア

restaurant2.jpg
むくんだまぶたはNGです!
朝起きてむくんでいると、身体が重く感じられ不快。鏡を見て、まぶたが腫れてる!なんてことになると、気分まで重く憂鬱になりますね。仕事やデートには前日のお酒を感じさせない顔で出かけたいもの!そんなときのお役立ちアロマは「ジュニパーベリー」と「コリアンダー」。

  • ジュニパーベリー

  • 利尿や発汗に優れるのがジュニパーベリー。まさに解毒系。

  • コリアンダー

  • コリアンダーは消化促進やリンパ系の刺激にGoodなスパイス系。香りもさわやかです。


    むくみにはアロマトリートメントが効果的。循環を良くして、体内の水分を排出しやすくしましょう。


    ■トリートメントオイルのブレンド
  • キャリアオイル(ホホバオイルならさらっとした仕上がり!)10ml
  • ジュニパーベリー1滴
  • コリアンダー1滴


  • ■トリートメント方法
    キャリアオイルにジュニパーベリー1滴とコリアンダーを1滴を入れてトリートメントオイルを作ります。これで気になる部分をマッサージします。
    温かいお部屋で、香りに包まれてのアロマトリートメントは至福のひととき。リラックスして行いましょう。

    力任せにぐいぐい押したり揉んだりすのではなく、適度な刺激量で楽しみましょう。5分ほどすると、ぽかぽかと肌が温まってくるのがわかります。余ったオイルはそのままバスタブに入れてOK!お風呂上りの肌がしっとりします♪


    さらに、お風呂でこのオイルを活用することもできます。そのときは、発汗や利尿を促す「塩」をプラス。

    ■バスソルトのブレンド
  • 天然の塩 大さじ2~4杯
  • エッセンシャルオイル 合計で4滴

    ■つくりかた
    上記材料をよくかき混ぜるだけ。これで1回分です。



    やる気の低下や無気力には...

    パーティが楽しすぎたり、なんとなく燃え尽きちゃって、やる気が出ないときってありませんか?

    昨晩の余韻を引きずり過ぎて現実に戻りにくい、そんなときはフランキンセンスを。

    その不思議な香りは心を安定させ、落ち着かせてくれます。ゆっくり眠りたいときには、ラベンダースィートマジョラムをブレンドしたもので、ゆっくりお風呂に入ったり、芳香浴を楽しみましょう。気分を切り替えるにはレモンとあわせるのも良いですね!


    今日は飲み会。そんなときの予防策!

    アロマを携帯。
    こっそり二日酔い対策を。
    夏さて、二日酔いやその他の不調は予防できるなら、それに越したことはありませんよね。

    飲み会の予定のときは、バッグにこれらのエッセンシャルオイルを忍ばせておきましょう。食事前に、エッセンシャルオイルのボトルを開けて、香りをくんくん。とても簡単な方法ですが、先に香りを鼻からとりいれておくと、消化機能を向上させてくれて二日酔いの予防になります!

    コロンを作っておいて、ポーチに入れておけばいつ何時お誘いがあっても安心です!




    (年末年始に役立つアロマテラピー)
  • 年末は3倍速! 職場で集中力を高めるアロマ
  • 加湿器アロマに1本!タイムで風邪知らず
  • 診断!秋~冬はこの香りで出会い力をUP!


  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。