花粉症の目のかゆみ。思わず掻き過ぎてしまいます。目の周囲がひりひりとして、腫れぼったくなることも。かゆみだけでも不快なのに、さらに腫れが加わると気分もさえません。


そんなときには、ラベンダーウォーターで冷たいアイパックをしましょう!






花粉症が原因で目がかゆい!
花粉症は、アレルギーの原因(アレルゲン)が花粉で、特に多いのがスギ花粉です。3月~4月はスギの花粉が飛散するため、この時期は悩まされますね。

花粉症の諸症状には鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがあげられます。目のかゆみは目薬を差して緩和することが多いですが、自宅でかゆみによる不快感を軽減するようなラベンダーのアイパックはいかがですか。


冷たいアイパックでひんやり、スッキリ!
冷たいアイパックは冷湿布と同じ効果が期待できます。つまり、急性のトラブルに有効です。スギ花粉症は季節性のトラブル、つまり一年中あるものではありません。そんな季節的なトラブルに冷たいアイパックをして、かゆみからくるほてりを鎮める効果が期待できます。


ラベンダーでクールダウン&殺菌
ラベンダーはクールダウンさせる作用があるといわれます。例えば、日焼けによるほてりにもラベンダーはよく使われます。花粉症は鼻の不快感は必ずありますが、鼻だけでなく目にも不快感があると、頭全体がほてった感じがします。頭が温まっていると、ボ~っとして集中力も低下します。掻きすぎると皮膚に傷が入り、そこからばい菌が入ってヒリヒリしたりすることも。ラベンダーは殺菌効果も期待できますよ。


目がす~っとして心地良いし、ラベンダーの香りだけでも不快感が取れていきそうです。方法は簡単!


■■■ラベンダーの冷たいアイパック■■■

※まぶたの皮膚は薄いため、今回はエッセンシャルオイルではなく、刺激の少ないラベンダーウォーターを使います。ラベンダーウォーターについてはコチラをご覧下さい!

(1)ラベンダーウォーターをコットンに染み込ませる。

(2)目を閉じて、まぶたの上や目の下などに湿布する。

(3)約5分間そのままに。香りを感じながら、ゆったりしましょう。


※このときラベンダーウォーターを冷蔵庫で冷やしておくと更に冷シップ効果が期待できますよ!

◎注意
・目の中にラベンダーウォーターが入らないようにご注意ください。
・コットンは清潔にして使ってください。目は敏感な部分です。何度もコットンを使い続けたり、まぶたの上とはいえ、基本的に右目と左目は別々のコットンを御使いください。
・アロマテラピーは医療ではありません。目の不調や異常は眼科医での診察、治療を受けてください。




【必見!花粉症関連の記事】
ミントティーが花粉症に効く(アロマテラピーサイト)
3本のオイルを見方に・・・アロマテラピーで乗りきる花粉症(アロマテラピーサイト)
アロマで喉の痛みを緩和する(アロマテラピーサイト)
目を洗おう!花粉症対策に洗眼薬(目の健康サイト)
花粉症用の目薬を選ぶコツ(目の健康サイト)
春の”ナミダ目”対応マスカラ(メイク・コスメサイト)

【その他の関連アロマ記事】
まずは揃えたいオイル
エッセンシャルオイルの選び方
アロマ湿布法

【関連リンク】
エッセンシャルオイルの種類
基材集
アロマサロン情報