Q.1 最近、フェイスラインが昔と較べると変わってきたような気が……。これって、何?

A.1 年齢とともに、顔の輪郭は変化します。もしくは、体重の増減によることも。加齢によるものならば、それは、紛れもなく重力の法則によるもの。肌の活性度が落ち、重力がかかれば、顔の輪郭もどうしてもたるみがちに。体重の増減によるものであれば、急激なダイエットになどにより、お肌のハリが失われて起きる輪郭の変化もありえるかも……。自分のお肌と年齢、そして日々の生活を見直してみましょう。


Q.2 ハリのある肌、ふっくらした肌を取りもどすには?

A.2 肌細胞が満たされているかどうか? がキーポイントです。ふっくらしている肌細胞とは、潤いがあり、そして細胞自体が、コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質、つまりお肌のハリの素となる細胞を、適度に持っているということです。そのためには、お肌を乾燥させないように、極力注意し、コラーゲン生成を促すお手入れを心がけたいですね。


Q.3 目元の小ジワ、毎日のケアはどうしたら良い?

A.3 目元のシワこそ、乾燥に注意してください! タダでさえ薄い目元のお肌。乾燥や刺激に対して、人一倍デリケートです。できるだけ刺激を減らして、乾燥させないように。目元専用のアイケアアイテムをぜひお試しあれ。同時に、日中でも乾燥したな! と思ったら、メイクの上からでも使えるアイクリームなどを施してください。私も実践中です。


Q.4 口元にほうれい線が出てきたような……これ以上目立たせたくない!

A.4 加齢が原因でできるほうれい線。細胞自体が満たされていないと……頬が重力に引っぱられてできてしまう。重力の法則には勝てませんよね。
また、口のまわりの筋肉がいつも同じ動きをしているため、クセがついてしまっていることも。どうぞ、顔の、特に口のまわりの筋肉を、いつもと違う動かし方をしてみてください。口をすぼめたり、口角をあげたり。肌細胞がのっている顔の筋肉を鍛え、同時に肌細胞を鍛えます。エイジングケアのアイテムを取り入れて、フェイスアップのお手入れをお薦めします。


Q.5 ストレスは、シワやたるみの原因になる?

A.5 肌の皮脂バランスやモイスチャーバランスに影響を与えるホルモンは、ストレスによって、微妙に崩れてしまいます。皮脂の分泌が微妙に変化したり、肌細胞の生成に影響が出たりと、お肌によろしくないのは明解。過剰な乾燥や、必要以上の皮脂分泌など、お肌バランスを崩す原因のひとつがストレスであることは、間違いありませんね。


**スキンケア お悩みQ&A インデックス
目元ケア / 乾燥・保湿 / ハリ・シワ・たるみ
毛穴の黒ずみ・開き / 美白・シミ・くすみ / 肌のキメ・角質ケア
大人のニキビ / 敏感肌 / テカリ・ベタつき
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。