フランス・ヨーロッパの玄関口、パリ・シャルルドゴール空港

シャルルドゴール空港

いよいよフランスへ入国 (c) Paris Tourist Office - Photographe : Amelie Dupont

日本からの航路のフランスの玄関口となるのは、パリ近郊にあるシャルルドゴール空港(以下CDG)。ヨーロッパではロンドンのヒースロー空港に次ぐ第2の国際空港で、所在地からRoissyロワシーとも呼ばれています。

CDGはターミナルが1~3まであり、北西に位置する円形のターミナル1、その東隣に一番新しいターミナル3、そして南東にAからGまで分かれているターミナル2という構造で、空港内にはそれぞれのターミナルを行き来できるシャトル電車CDGValが通っています。ターミナル1に到着してそこから鉄道で移動する場合は、CDGValでターミナル3まで移動して駅から乗車します。

CDGの全体および各ターミナルのマップはこちら>>>Plan CDG

<目次>  

シャルルドゴール空港に到着

CDG

まずはインフォメーションで情報収集 (c) N.Revelli-  Beaumont/SIPAPRESS/CRT IDF


日本からの直行便、経由便はターミナル1(T1)もしくはターミナル2のA~F(2A~2G)に到着します。到着ターミナルは航空会社により違い、直行便ではANAはT1、JALやエールフランスは2Eとなっています。ヨーロッパ各地からLCCを使ってパリ入りする場合はT3になることがあります。

その他の航空会社のターミナルはこちら(紺色のバーをクリック→日本の発着都市のアルファベットの頭文字をクリック)>>>航空会社名別ターミナル
 

シャルルドゴールでの入国審査(controle des passports)

入国審査はEU在住者とそれ以外(ALL PASSPORTS)に分かれていますので、後者に並びましょう。審査自体はパスポートを見せて終わりです。なお、3ヶ月以上滞在予定の人は別にビザが必要になります。
 

荷物受け取り(baggages)

便名が表示されているターンテーブルで受け取ります。万が一荷物が出てこなかったら、すぐに近くの受付に申し出ること。私自身は経験がありませんが、同行者の荷物が別の目的地に行ってしまっていた経験が2回あり、2日後に滞在先に送られてきたり、空港まで取りに行ったりとその対応は会社によって様々です。
 

税関申告(douane)

フランスでは、持ち込みに課税対象のものがあります。タバコ、アルコール、香水などは一定量を超えた場合、そして新品の電化製品はレシートなど日本での購入証明がない場合課税対象になります。また1万ユーロ(約117万円)を超える現金やTCを持ち込む場合は、出国時に申告をしておく必要があります。

フランス入国時の免税範囲、詳しくはこちら>>>フランス入国の関税
 

全てを終えて、出口へ(sortie)

全て済んだら速やかに出口(sortie)へ。オペラまでのロワシーバスや凱旋門やモンパルナスまでのリムジンバスの乗り場、レンタカー会社の受付も出口付近に集まっています。
 

いよいよパリまたはフランスの地方へ

空港からパリ市内へ

RERはCDGとパリを結ぶ電車 (c) Paris Tourist Office - Photographe : Amelie Dupont

CDGはパリの約25km離れた北東の町ロワシーにあります。パリ市内までは電車で45分、時間帯や道路の混み具合にもよりますが、バスで約1時間、タクシーだと約30分で到着します。

タクシーなら、外に出ると車が並んでいるので見つけるのはカンタン。パリ市内への電車RERや地方へのTGVなど電車で移動の場合、T1の場合はシャトル電車CDGValでT3駅まで移動する必要がありますが、T2到着の場合は歩いてアクセスできます。

CDGからパリ市内への交通機関別アクセスはこちら>>>シャルルドゴール空港からパリ市内へのアクセス